About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Aug 16, 2018

(No. 383) Do Not Leave Packages (パッケージを捨てないで)



This is the second post today. It does not mean that I went fishing again after finishing the previous post. As I mentioned many times on this blog, Lake Shinji is only several minutes away from my place on foot. Almost everyday I enjoy walking on the bank along the shore (These days I also take some practice for the moonwalk on the bank, but that’s another story). When walking on the bank this afternoon, I found some packages left at the shore. They were for fishing tackle such as lures and a leader line. I had seen some fishermen casting lures from the shore for Japanese sea bass, and the packages must have been abandoned by them. Please don’t throw away packages. Lake Shinji is not a pond in your private garden.
(今日2度目の投稿です。とはいえ、最初の投稿を終えた後、また釣りに行ったわけではありません。このブログで何度も触れているように、我が家から宍道湖までは、徒歩数分の距離です。ほとんど毎日、私は湖岸の土手を歩くのを楽しんでいます(最近は土手でムーンウォークの練習もしているのですが、それはまた別の話)。今日の午後、土手を歩いていると、湖岸にいくつかのパッケージが残されているのに気づきました。ルアーやリーダーといった釣り道具のパッケージでした。スズキを狙って湖岸からルアーを投げる釣り人を何人か目撃していたのですが、パッケージは彼らが残していったのに違いありません。頼むからパッケージを捨てないでね。宍道湖は、君らの家の庭にある池じゃないんだから。)

(No. 382) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)




I am apt to take out only a limited number of lures that I feel like using on a day, regardless of objective probability of catching fish on the lures. I went to Maruiwa in Owashi this morning, and my arsenal consisted of only 3 lures as shown in one of the above photos. If you take out a lure that has already proven to be productive or a lure whose fish-catching ability you feel confident about, you may end up relying on it almost exclusively. Today’s 3 American lures have not been productive so far in Japan, and that’s why I took them out to catch amberjacks. I am not very sure if all of them are truly effective in catching fish in Japan, but I am happy just using them.
(私は、そのルアーで魚が釣れる客観的な可能性についてはあまり考えず、その日、自分が使いたいと思う、限られた数のルアーだけを持ち出しがちです。今朝は、大芦の丸岩に行きましたが、私が携えていたルアーは、上の写真の一つが示す通り、わずか3つだけでした。すでに釣果を上げているルアー、あるいは、魚を釣る能力について信頼を寄せているルアーを持ち出した時、そのルアーだけを使ってしまうことになりかねません。今日持ち出した3つのアメリカ製ルアーについては、これまでのところ、まだ日本での釣果は上がっていません。だからこそ私は、青物を釣るためにそれらを持ち出したわけです。これらのルアーのすべてが日本の魚を釣るのに真に有効かどうか、強い確信があるわけではありませんが、使っているだけで楽しいのです。)

Aug 14, 2018

(No. 381) Consecutively No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて引き続き釣果なし)




I took out some of my smallest lures this morning. As I reported on my previous blog, there were plenty of baby amberjacks swimming around Saruwatari yesterday, and they loved chasing my glittering silver spoon. The spoon attracted bunch of them, but it seemed too big to be attacked by those smaller fish. That’s why I took out much smaller lures today. The smallest one is just 6.5 cm (2.6 in.) long. I was confident of catching some of the fish today. I started casting those lures about 6 a.m. with eager anticipation and finished it at 8:30 a.m. with great disappointment. The condition of the sea around the fishing spot looked the same as yesterday, but, alas, none of those small amberjacks appeared and chased any of today’s lures. The fish seemed to be much more intelligent than I thought. Anyway, I am never good at using smaller lures. I will return to the wonderful world of my huge plugs.
(今朝は、私が持っているルアーの中でも、最小のものをいくつか持ち出しました。前回の投稿でお伝えした通り、昨日の猿渡周辺には、青物の赤ちゃんがたくさん泳いでいて、キラキラ輝く銀色のスプーンを追いかけるのが大好きだったのです。多くの魚を引き寄せたスプーンでしたが、どうやら、小さな魚たちが襲いかかるには大き過ぎるようでした。そのため今日は、ずっと小さいルアーを持ち出したのです。いちばん小さいのは、わずか6.5センチの大きさです。私は自信満々、今日は絶対に魚が釣れるだろうと思っていました。期待に胸を膨らませ、そういうルアーたちを午前6時頃から投げ始めた私は、非常にがっかりしながら、8時30分に納竿しました。釣り場周辺の海の状況は昨日と変わらないように見えましたが、しかし、なんたることか、小さな青物たちはまったく姿を現さず、今日のルアーを追いかけることはなかったのです。青物たちは、私が考えていたよりもずっと賢いようです。いずれにせよ私は、小さいルアーを使うのが得意なわけではありません。巨大なプラグの素晴らしき世界に戻ることにいたしましょう。)

Aug 13, 2018

(No. 380) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)





I feel like I am back in top form. This morning I drove to Nonami before dawn for catching some amberjacks at Saruwatari. Then, I climbed down through the bushy path to the beautiful fishing spot, and I did not pant at all. I didn’t either even when I was climbing up through the path on my way back after I cast 4 of my favorite lures alternately in vain for more than 2 hours altogether. Only some baby amberjacks (probably greater amberjacks) got interested in my Crippled Alewive spoon and kept chasing it. The lure is about 25 cm (10 in.) long with a yellow feather, and those lively fish looked as big as the lure. It seemed as if they had just enjoyed catching up and swimming together with the glittering unidentified swimming object.
(体調が回復し、絶好調になった気がします。今朝は、猿渡で青物を釣るために、夜が明ける前、野波へと車を走らせました。そして、その美しい釣り場へと向かうため、やぶが茂った小道を歩き下ったのですが、その時、ハアハア息が切れたりはしませんでした。4つのお気に入りルアーを、釣果がないまま順番に合計2時間以上も投げ続けた後、帰りの小道を登っている時ですら、私の息は切れませんでした。数匹の青物の赤ちゃん(おそらくカンパチの幼魚のアカヒラ)だけが、クリップルド・エールワイブ・スプーンに興味を示し、ルアーを追いかけ続けました。そのルアーの長さは、黄色いフェザーを含めると25センチほどであり、元気よく泳ぐその青物たちの大きさと変わらないように見えました。魚たちは、キラキラ輝く未確認遊泳物体に追いついて一緒に泳ぐのを、ただ楽しんでいるかのようでした。)

Aug 10, 2018

(No. 379) Casting Practice at Lake Shinji (宍道湖にてキャスティング練習)


Dreaming of going fishing to a rocky shore of the Sea of Japan, I worked hard for polishing one of my English translations last weekend. The deadline for the job was 9 a.m. on Monday this week, and I managed to meet it and became officially free. I should have been able to go fishing triumphantly, but I caught a nasty summer cold and started coughing badly. I couldn’t go fishing for a while. This afternoon I started feeling my strength back at last, so I walked to the lake to do some casting practice. Throwing a favorite lure toward the vast water must have accelerated my recovery.
(日本海に面したどこかの磯に釣りに行くことを夢見ながら、先週末の私は、英訳の文章を磨いて完成度を高める作業に取り組んでいました。その仕事の締切は今週月曜日の午前9時だったのですが、私は何とか間に合わせることができたので、晴れて自由の身となりました。これで意気揚々と釣りに出かけられるはずだったものの、タチの悪い夏風邪を引いてしまい、ひどく咳き込むようになってしまったのです。しばらくの間、釣りはおあずけでした。ついに今日の午後、体力回復の気配が感じられたので、私は宍道湖まで歩き、キャスティング練習をしました。広大な水面に向けてお気に入りのルアーを投げることで、回復も早まったに違いありません。)

Jul 31, 2018

(No. 378) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)


Do you suffer from the summer heat? I might. This morning I arrived at Maruiwa in Owashi before 6 a.m., and I couldn’t help getting to sleep in 30 minutes. I had to take a short nap on the rocky shore facing the calm sea. I guessed it was because not only I woke up early but also I got more or less tired from the heat. Take care of yourself!
(皆さんは夏バテされていませんか? 私はしているかもしれません。今朝は、午前6時になる前に大芦の丸岩に到着しましたが、30分後には眠たくなってしまったのです。穏やかな海に面した磯で横になり、私は仮眠を取らざるを得ませんでした。それは今朝、早起きしたからだけではなく、多かれ少なかれ、暑さのせいで疲労しているからだと思います。皆さんも、お体を大切に!)

Jul 24, 2018

(No. 377) Wild Boar Family, and No Fish at Maruiwa and Susumi-hana in Owashi (イノシシの親子、そして大芦の丸岩と須々海鼻にて釣果なし)


It was about 5:45 a.m. today. I was driving to Maruiwa in Owashi. I saw a huge wild boar dashing across the road when I was driving over a small hill. Several tiny boars followed their mother so faithfully that I had to put on the brakes. Otherwise, I would hit them. This summer has been the hottest in recent memory. Did this excruciating heat have to do with the appearance of the boar family in a residential area? Unlike on land, no wild creatures including fish appeared at sea. Was this also an effect of this heat wave?
(今朝の午前5時45分頃のことでした。私は車で、大芦の丸岩に向かっていたのです。小さな丘を越えようとした時、巨大なイノシシが、道路を駆け足で横切りました。続いて数頭の小さなイノシシが、お母さんを律儀に追いかけていきます。私はブレーキを踏まねばなりませんでした。さもなければ、きっと衝突していたことでしょう。記憶にある限り、これほど暑い夏は初めてです。この情け容赦のない暑さが、民家周辺へのイノシシ親子の出現に関係しているのでしょうか? 陸と異なり、海においては、魚を含めて野生の生き物が出現することはありませんでした。これもまた、酷暑の影響でしょうか?)

Jul 20, 2018

(No. 376) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)





I stopped going to Lake Shinji at last. The seriously hot summer had arrived, and the water temperature in the shallow area of the lake became too high for big Japanese sea bass to chase my big plugs. This morning I went to Maruiwa in Owashi. There were a lot of small fish around the huge rock, but the sea was very quiet. Nothing happened to my topwater/surface lures, so I spent considerable time in using a Tsunami Ball Jig at the seabed. I thought I might catch Hong Kong groupers, but nothing happened to the bottom-bouncing lure too, except it got snagged and eventually lost.
(ついに私は、宍道湖へ行かなくなったのでした。猛暑の夏が到来し、湖の浅瀬の水温は急上昇、その結果、大きなスズキたちは私の大きなプラグを追わなくなったのです。今朝は、大芦の丸岩へ行きました。この巨岩の周囲では小魚がたくさん泳いでいましたが、海は静かでした。トップウォーター/表層ルアーには何も起きなかったので、私はかなりの時間をかけて、ツナミのボールジグを海底で使いました。キジハタが釣れるのではないかと思ったのですが、海底を上下に弾むこのルアーにもまた、何も起きませんでした。ただ根掛かりし、ロストしてしまっただけでした。)

Jul 14, 2018

(No. 375) No Fish at Saigo Port in Dogo, Oki Islands (隠岐諸島の島後、西郷港にて釣果なし)




I am now in Dogo, the biggest island of the Oki Islands in the Sea of Japan. Being part of Shimane Prefecture, the Oki Islands have some of the most prestigious fishing spots in the region. This is the first time I have been to the islands since my childhood. Obviously any one of my American lures had not been used here. I am excited, but the purpose of visiting the Dogo Island is not necessarily fishing. The annual book discussion event, where a few of my old university classmates and I get together to discuss one or two designated books, is to be held in Matsue tomorrow evening, and we decided to visit the Oki Islands for sightseeing before the event. This year’s event is not private but open to public. It will be held at Toeisha, a small secondhand bookstore and also a cafe in my neighborhood. We are going to discuss the 16th century classic, “Utopia” by Thomas More. If interested, you could join us even if you have not read the book. The event starts at 7:00 p.m. this Sunday.
(私は今、島後にいます。島後は、日本海に浮かぶ隠岐諸島最大の島です。島根県の一部である隠岐諸島には、この地域有数の釣り場がいくつか存在します。私が隠岐を訪れるのは、子供の時以来です。当然ながら、私が所有するアメリカのルアーのどれも、隠岐で使われたことはありません。私は興奮しているのですが、島後を訪れた理由は、必ずしも釣りというわけではありません。大学時代の私の同級生数人が毎年集い、定められた本1、2冊について議論する読書会を、明日の夜、松江で開くのですが、私たちは、その会の前に隠岐諸島を観光に訪れることにしたのです。今年の読書会は、関係者のみで開くのではなく、一般に公開される形で行われます。冬營舎という、近所にある古本屋兼カフェで開かれるのです。私たちは、16世紀に書かれた古典、トマス・モアによる『ユートピア』について話し合います。もしもご興味があれば、たとえ『ユートピア』を読んでいなくても参加できますよ。会は、日曜日の午後7時から始まります。)

Jul 7, 2018

(No. 374) One Strike at Swollen Lake Shinji (増水した宍道湖にてストライク)




The almost unprecedentedly heavy rain have ravaged many areas in southwestern Japan. Although my hometown, Matsue in Shimane Prefecture, has not been damaged as much as some cities such as Kurashiki in Okayama Prefecture, the water level of Lake Shinji remained unusually high. I have been to the lake three times since this morning. I wanted to check the change of water level as much as to do fishing. Only at the second outing did one Japanese sea bass attack one of my lures. It happened when I was slowly retrieving CCW’s JJ Diver. The fish was not hooked, but it made a big splash on the swollen water.
 (ほとんど前例がないほどの激しい雨が、日本の南西部に降り、多くの地域を破壊しています。私の故郷である島根県の松江市は、例えば岡山県の倉敷市のような都市ほどの被害を受けているわけではありませんが、それでも宍道湖の水位は異常に上昇しています。今日は朝から計3回、湖へ行ってみました。釣りをしたいのと同じくらい、水位の変化を確認したかったのです。スズキが私のルアーを襲ったのは、2度目の釣行の時だけでした。CCWのJJダイバーをゆっくりと引いている時にそれは起きました。魚は針にかかりませんでしたが、増水した水面に大きな飛沫を上げました。)

Jul 2, 2018

(No. 373) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)





The sea was beautiful and very quiet this morning. There were baitfish around Saruwatari, one of the most productive spots along the shore of the Shimane Peninsula, but there seemed no predatory fish intimidating them. The small fish swam peacefully. I had not been to the northern shore of the peninsula for a while. I had been only to Lake Shinji last month, which is just a few minutes away from my place on foot. I almost forgot how tough it could be to get down to and come back from the rocky shore facing the Sea of Japan. I got more exhausted than I had expected when I returned to the parking spot.
(今朝の海は、美しく、とても静かでした。島根半島の沿岸有数の釣り場の一つ、猿渡の周辺にはベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿こそあったものの、彼らを脅かす肉食魚はいないようでした。小魚たちは平穏に泳いでいました。私は、島根半島の北岸には、ここしばらく出かけていませんでした。先月は宍道湖にのみ通ったのですが、この湖は、我が家からは徒歩で数分の距離なのです。日本海に面する磯まで下りていき、そして戻ってくるのがどれだけ大変か、私はほとんど忘れてしまっていました。駐車場に戻ってきた時の私は、予想以上に疲労困憊していました。)

Jun 30, 2018

(No. 372) Japanese Sea Bass at Lake Shinji (宍道湖にてスズキ)





I might have been luckier than before since one of the schoolchildren screamed at me not to give up. I went to Lake Shinji about 6:30 p.m. this evening. There was one of the regulars to the lakeside, and he called it a day before I made my first few casts. He said to me the lake had been quiet as was often the case these days. After having a brief chat with me, he was gone. However, at my third or fourth cast after he left, something hit my Guppy Lure’s 2 oz Mini in the distance. The fish was powerful although it didn’t feel very heavy. What I landed was a beautiful Japanese sea bass of 66 cm (26 in.) long. Since this season began I have caught a total of three Japanese sea bass at the lake, and it was the second fish I caught on the pencil popper. The lure looks worn-out due to rough use, but it is as effective as it was when it was brand-new.
(あきらめてはいけないと、学童の一人が私に叫んで以来、どうやら運が向いてきたのかもしれません。今夕は、午後6時30分頃に宍道湖へ行きました。湖畔の常連さんがお一人いらっしゃいましたが、私が数投もしないうちに、納竿されたのでした。彼によれば、最近はいつもそうであるように、今日もまた湖は静かだったそうです。私と少々おしゃべりをすると、彼は帰路につきました。しかし、彼が立ち去ってからの3投目か4投目のこと、何かが遠くで、グッピールアーの2オンス・ミニにヒットしたのです。パワフルな魚でしたが、あまり重たくは感じませんでした。私が釣り上げたのは、66センチの美しいスズキでした。今シーズン、私は宍道湖で合計3尾のスズキを釣っているのですが、そのうちの2尾は、このペンシル・ポッパーで釣ったものです。酷使がたたり、見かけはボロボロになりましたが、ピカピカの新品だった時と変わらず、効果的なルアーです。)

Jun 29, 2018

(No. 371) One Long-awaited Strike at Lake Shinji (宍道湖にて待望のストライク)



This is the second post today. I faithfully followed the kid’s recommendation that I had mentioned on my previous post, and I reappeared at the lakeside after supper. The lake was still swollen due to the heavy rain in the morning. I kept casting some of my recent favorites including Robert’s Whistler. I like the topwater lure very much because I cannot imagine a simpler lure than Robert’s Whistler (or Ranger). The simpler a lure is, the more I love it. Just before sunset, the lure drew a long-awaited strike. The fish was not hooked and I was not sure whether it was a Japanese sea bass or needlefish, but I got excited instantly. There was no fisherman around, but I shouted, “Hit!” as if there had been a few and I had let them know the presence of fish.
 (本日2度目の投稿です。前回の投稿で触れた男の子の勧めに忠実に従った私は、夕食後、再び湖岸に姿を現しました。湖は、午前の豪雨のせいで、増水したままでした。私は、ロバーツ・ホイッスラーを含む最近のお気に入りを投げ続けました。私は、このトップウォーター・ルアーが大好きです。なぜなら、ロバーツ・ホイッスラー(あるいはレンジャー)よりもシンプルなルアーは想像できないからです。シンプルであればあるほど、私はそのルアーが好きになります。日没の直前、このルアーに待望のストライクがありました。魚は針にかかりませんでしたし、その魚が果たしてスズキだったのかダツだったのか確信は持てませんでしたが、私は即座に興奮しました。周囲に釣り人の姿はなかったものの、「来た!」と、私は叫んだのです。それはまるで、周囲には釣り人が2、3人いて、魚の存在を彼らに伝えているかのようでした。)

(No. 370) Have Been Skunked at Lake Shinji (宍道湖にてボウズ続き)


Although they say the Ohashi River and Lake Nakaumi are hot now, I keep going only to Lake Shinji. As I mentioned before, I have already caught two huge Japanese sea bass in this season, and therefore I will remain happy enough even if I don’t catch any more. On my way home from the lake this afternoon, my huge fishing tackle interested some schoolchildren that were marching cheerfully on the shoulder of a road. They were on their way home, too. “Ah! Fisherman!” one of the boys screamed. I replied, “I did not catch any.” Then, after a short period of contemplation, he screamed back. “You had better not give up!”
(大橋川と中海でよく釣れていると聞いてはいますが、私は宍道湖にのみ通い続けています。以前にも触れましたが、今シーズン、私には既に巨大なスズキが2尾釣れているので、たとえもう釣れなくても、十分に幸せなのです。今日の午後、宍道湖からの帰り道では、元気に路肩を行進していた学童たちが、私の巨大な釣り道具に関心を示しました。彼らもまた下校途中なのでした。「あ、釣りする人だ!」と、男の子の一人が叫びました。私は「なんだい釣れんだったわ」と返事をしました。するとその子は、私をじっと見てから、叫び返したのです。「あきらめんほうがいいよ!」)

Jun 22, 2018

(No. 369) No Fish at Lake Shinji (宍道湖にて釣果なし)



I have been to Lake Shinji as I had been before, but I have not seen any regulars to the lakeside for a few days. Nobody had caught any fish for a while, so they must have gone to supposedly more productive fishing spots, such as Lake Nakaumi or the Ohashi River. Today I did what I could do only when I was alone. I moved pencil poppers very wildly. The lures made such huge splashes that I ended up with wondering whether I was trying to catch the fish or trying to drive them away. If there had been another fisherman around me, he might have been annoyed. I also screamed, “Kinshasa!” when I cast my lures. I mimicked the shout that the WWE announcer gives when Shinsuke Nakamura performs the finishing move. Amazingly, the distance of my flying lures got improved with “Kinshasa!”
(私はこれまでと同様に宍道湖に通い続けているのですが、ここ数日、湖畔の常連さんたちの姿を見ません。しばらくの間、誰にも何も釣れなかったので、彼らは、もっと魚が釣れると思われる釣り場、例えば中海や大橋川へ行ってしまったのに違いありません。今日の私は、一人でいる時にしかできないことをやってやりました。ペンシル・ポッパーを非常に荒々しく動かしました。ルアーがあまりにも大きな水しぶきをあげるので、私は自分が、果たして魚を釣ろうとしているのか、それとも追い払おうとしているのか、自問することとなりました。私の近くに別の釣り師がいたら、その人は迷惑がったかもしれません。私はまた、ルアーを投げる時に、「キンシャサ!」と叫びました。WWEのシンスケ・ナカムラが必殺技を出す時のアナウンサーの叫びを真似したのです。驚いたことに、「キンシャサ!」と叫ぶと、ルアーの飛距離が伸びたのでした。)

Jun 17, 2018

(No. 368) One Sharp Strike at Lake Shinji (宍道湖にて鋭いストライク)






Since the last glorious post, I have been to Lake Shinji at least twice a day unless the weather was very bad. However, I am not desperate to catch the Japanese sea bass. I have already caught two big ones in this season, and I am totally satisfied. A few of regulars to the lakeside, with whom I have enjoyed nice chats almost everyday, have not caught fish as big as my catch. So these days I take out lures with which I have not caught any fish in Japan, such as Robert’s Ranger or Lunker City’s 12-inch Slug-Go. This afternoon Robert’s Ranger drew one sharp strike at last. The fish was not hooked, but I got a great deal of satisfaction.
(前回の栄光に満ちた投稿以来、天気が非常に悪い時を除けば、私は1日に少なくとも2回、宍道湖へ行っています。とはいえ私は、どうしてもスズキを釣りたくて必死になっているわけではありません。今シーズン、私には既に大型が2匹釣れているので、私は十分に満足しているのです。湖畔に現れる常連さんたちと、ほとんど毎日、楽しい会話を交わしていますが、彼らの中には、私の釣った魚ほどの大きさの魚をまだ釣っていない人も数人いるのです。ですので最近の私は、日本ではまだ魚が釣れたことのないルアー、例えば、ロバーツ・レンジャーやランカーシティーの12インチ(30.5センチ)スラッゴーを持ち出しています。今日の午後はついに、ロバーツ・レンジャーに鋭いストライクがありました。魚は針にかかりませんでしたが、私はかなりの満足感を覚えました。)

Jun 10, 2018

(No. 367) Huge Japanese Sea Bass on Custom Painted Lure at Lake Shinji (宍道湖にてカスタム塗装のルアーで大きなスズキ)





Just four hours after I wrote my last post to lament the lack of response from the Japanese sea bass in Lake Shinji, a huge one finally hit one of my favorite plugs. The lure was the Sea Fly, a creation by Lemire’s Plugworks. Two years ago I decided to get the plug custom painted, and I commissioned Tomoe, a local professional illustrator, to do the job. Then I wrote about her paint work on the lure on my blog (No. 219). The fish I caught today was 88 cm (35 in.) long. It was the first fish I had caught on the plug. Of course I let her know the catch with huge excitement. There was an extra reason why I got very delighted. I have helped Tomoe to create her first English website, and she made it public just yesterday. Actually I have used the custom painted lure intensively for a few days, because if I caught the fish on it I could write about it on my blog and consequently introduce her new English website to you in the world. If you like the cat dozing off on the back of lure, check out her site.
(宍道湖のスズキがいかに無反応であるかを嘆く前回の投稿を書いてからわずか4時間後、巨大な魚が、お気に入りのプラグの一つを襲いました。そのルアーは、レミレズ・プラグワークスによって造られたシーフライでした。2年前、私はこのルアーにカスタム塗装を施すことに決め、その仕事を、地元で働くプロのイラストレーター、巴さんに委託したのです。そして私は、彼女がルアーに施した塗装について、以前、このブログに書きもしました(No. 219)。今日釣れた魚の体長は88センチでした。このルアーで釣れた最初の魚となります。私が、非常な興奮とともに、彼女に釣果を報告したのは言うまでもありません。私が大いに喜んでいるのには、さらに別の理由もあります。私は、巴さんが初の英語サイトを作るお手伝いをしてきたのですが、つい昨日、そのサイトが公開されたのです。実際のところ、ここ数日の私は、このカスタム塗装されたルアーを集中的に使ってきたのでした。それはなぜかというと、もしそれで魚が釣れたら、このブログに書くことができて、ひいては彼女の新しい英語サイトを、世界の皆さんに紹介することもできるからです。ルアーの背中で居眠りする猫が好きになったら、彼女のサイトをのぞいてみてください。)

(No. 366) Still No Fish at Lake Shinji (宍道湖にて依然釣果なし)





Since my last post on June 1st, I have been to Lake Shinji almost uncountable times and tried as many methods of moving lures as I know, but still I have not caught any Japanese sea bass. I even tried some exotic unproven lures for catching Japanese sea bass. For example, I used a large spinner for pike/muskie fishing that I had bought in Stockholm two years ago. However hard I tried, the fish remained unresponsive to not only my American lures but also most of Japanese lures used by other regulars to the lakeside. 
(前回、6月1日の投稿以来、私は宍道湖へ、ほとんど数え切れないくらい足を運び、知っている限りの手法でルアーを動かしていますが、それにも関わらず、スズキは釣れないままなのです。私は、スズキが釣れるかどうか定かではない異国風なルアーを使ってさえみました。例えば私は、2年前にストックホルムで購入したパイク/マスキー釣り用の大型スピナーを使ったりしたのです。どれだけ頑張っても、魚たちからの反応はないのですが、それは私が使うアメリカのルアーに対してだけでなく、湖畔の常連さんが使う日本のルアーのほとんどに対しても、そうなのです。)