About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

May 17, 2022

(No. 942) Cutting Weeds for Saruwatari in Nonami (野波の猿渡のための草刈り)




Unlike yesterday, there was no boil this morning. The sea was much quieter. I started fishing at 6:30 a.m. and quit it before 7:30. I needed to conserve my energy because I was going to cut weeds along the trail in the woods. Those weeds were covering some gaps between stones, and a fisherman unfamiliar with the trail might trip over those stones. So I wanted to make all those stones and rocks well visible. It took me about one hour to remove all the weeds. Now the trail to Saruwatari was safer. There was another reason behind the weed cutting. I may go to Saruwatari with one of my fishing buddies next week, and he says he doesn’t like snakes. So I wanted to get rid of bushes in which a snake can hide. As for myself, I don’t have a phobia of snakes except for venomous ones. Only snake I have seen in the woods is the Japanese keelback, which is non-venomous. I saw it only once a few years ago. I want to see it again because it is a very tiny and cute snake.
(昨日と違って、今朝はナブラが立ちませんでした。海は昨日よりずっと静かでした。私は6時半から釣り始めて、7時半前には納竿しました。林の中の小道沿いの雑草を刈るつもりだったので、体力を温存したかったのです。雑草が石と石の隙間を覆いつつあり、この小道に慣れていない釣り人は、石につまずくかもしれません。なので私は、石や岩がしっかり目に見えるようにしたかったのです。約1時間かけて、すべての雑草を取り除きました。これで、猿渡への小道はより安全になったでしょう。雑草を刈った背景には、もう一つ理由がありました。来週、釣り仲間の一人と一緒に猿渡に行くかもしれないのですが、彼は蛇が嫌いだと言うのです。ですので、蛇が隠れられるような茂みをなくしたかったのでした。私自身は、毒蛇を除けば、蛇恐怖症ではありません。あの林の中で見たことのある蛇は、毒を持たないヒバカリだけです。数年前に一度だけ見たのでした。ヒバカリなら、もういちど見てみたいです。なぜなら、とても小さくて可愛い蛇なのです。)

May 16, 2022

(No. 941) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)




It was about 6 a.m. There was a boil. It was just in front of me. The boil was the first thing that came into my view when I completed the rigging of my fishing tackle and took a look at the sea before today’s first cast from Saruwatari in Nonami. A school of baitfish was making splashes on the surface. If you hadn't been a seasoned veteran like me, you would've been so excited with the boil, but I knew a noisy boil couldn't necessarily result in a good catch. I knew it too well. After taking a deep breath, I threw one of my lures toward the boil. The lure flew over the boil and landed on the water beyond it. I couldn't keep my anticipation and excitement from reaching all-time high. Then, the lure swam back to me, making splashes and trying to entice the fish. Nothing happened. I repeated the whole process again. Nothing happened. I repeated the whole process again. Nothing happened. Nothing happened until I quit at 7 a.m.
(午前6時頃のことです。ナブラが立っていました。私の目の前でした。釣具の支度を終え、野波の猿渡から本日の第一投を行う前に海を見てみると、私の視界にまっさきに飛び込んできたのが、そのナブラでした。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の群れが水面で水しぶきを上げているのです。私のような経験豊富なベテランでなければ、そのナブラに大興奮したことでしょうが、騒々しいナブラが必ずしも好釣果につながるとは限らないことを私は知っていました。知り過ぎていました。私は深呼吸をしてから、ナブラに向かってルアーを投げました。ルアーはナブラの上を飛び、その先の水面に着水しました。期待と興奮が最高度に達するのを止めることはできませんでした。ルアーは、水しぶきを上げて魚を誘惑しようとしながら、泳いで戻ってきました。何も起きませんでした。もう一度、同じことを繰り返しました。何も起きませんでした。また同じことを繰り返しました。何も起きませんでした。午前7時に納竿するまで、何も起きませんでした。)

May 15, 2022

(No. 940) Nice Chat with Reader of This Blog Though No Fish at Gotton and Safuki-bana in Nonami (ブログの読者さんと素敵なおしゃべり、野波のゴットンとサフキ鼻にて釣果なしも)






It was about 6 a.m. this morning that I arrived at the parking space for Saruwatari in Nonami. There was already one car parked there. I was glad that Saruwatari apparently got more popular than before. Shortly afterward I arrived at the parking space for Safuki-bana, where I found one car left too. I was glad again because someone was using the new trail I had created in the woods. I kept driving and arrived at the much smaller parking space for Gotton. It was vacant, and I started throwing my favorite lures about 6:30 a.m. The current was not moving at all, and the sea was too quiet. So I got bored with the fishing and got more and more interested in the person who must have used the new trail to Safuki-bana. I cut my fishing at Gotton short and decided to go back to Safuki-bana. 
(野波の猿渡に行くための駐車スペースに到着したのは、今朝6時頃でした。既に1台の車が停まっていました。どうやら猿渡は以前より人気が出てきたようで、嬉しく思いました。その後すぐ、サフキ鼻の駐車スペースに到着しましたが、そこにも車が1台残されていました。私が作った新しい林道を誰かが使ってくれているわけなので、また嬉しくなりました。さらに車を走らせて、ずっと小さいゴットンの駐車スペースに到着しました。ここは空いていたので、6時半頃から、お気に入りのルアーを投げ始めました。潮はまったく動かず、海はあまりにも静かでした。私は釣りに退屈し、サフキ鼻への新しい小道を利用したに違いない人物にますます興味を募らせました。私はゴットンでの釣りを早めに切り上げて、サフキ鼻に戻ることにしたのです。)
There was one lure fisherman at Safuki-bana, and, to my surprise, he was a reader of this blog. He knew that I had created the new trail. I enjoyed a nice chat with him about, for example, difference in fishing between Japan and the U.S. Then, the current finally started moving, so we resumed our fishing at Safuki-bana together. Before I left the fishing spot about 10 a.m., neither he nor me caught any fish, but I enjoyed his company a lot. Thank you, T-san!
(サフキ鼻には、一人のルアー釣り師がおられました。そしてなんと、その人はこのブログの読者だったのです。私が新しい小道を作ったことをご存知でした。私は彼とのおしゃべりを楽しみ、例えば、日米の釣りの違いなどについて話しました。その後、ようやく潮が動き出したので、サフキ鼻で一緒に釣りを再開しました。午前10時頃に私が釣り場を離れるまで、彼にも私にも魚は釣れなかったものの、とても楽しく過ごしました。Tさん、ありがとうございました。)

May 12, 2022

(No. 939) Needlefish Chasing Lure at Lake Shinji (宍道湖にてダツがルアーを追う)


A familiar stick-like face has returned to Lake Shinji. When I was retrieving CCW’s Jetty Swimmer this afternoon, I saw something very slender chasing the lure vigorously just below the surface. It was a needlefish. The arrival of needlefish could indicate that the Japanese sea bass were already in the lake too or that they would soon be coming to the lake. Seeing the needlefish chasing my lure brought me the feeling of summer.
(懐かしい棒のような顔が宍道湖に帰ってきました。今日の午後、CCWのジェティー・スイマーを引いていると、水面直下で、何かとても細いものが勢いよくルアーを追ってくるのが見えたのです。ダツです。ダツの出現は、スズキがすでに湖にいることを、あるいは、もうすぐ湖にやって来ることを示唆しているのかもしれません。ルアーを追うダツを見て、私は夏を感じました。)

May 11, 2022

(No. 938) Cutting Weeds for Gotton in Nonami and Wild Strawberry (野波のゴットンのための草刈りと野いちご)





I felt I had completed the maintenance of the trail to Safuki-bana in Nonami. So this afternoon I went to Gotton, one of other fishing spots in the area, in order to cut weeds and bamboos along the trail to it. To my surprise, the weeds were much less rampant than I had anticipated. I also realized that some bamboos had been cut down in order to widen the trail. Someone must have maintained the trail. So I didn’t need to do much. I just cut some thorny weeds. However, when I finished cutting all the weeds along the trail, I got very tired. I had planned to do some fishing after the maintenance, but I got too tired to do so. On my way back to my car, I enjoyed the fresh taste of wild strawberries.
(野波のサフキ鼻へ続く小道の整備は一段落しました。そこで今日の午後は、この地域にある別の釣り場の一つ、ゴットンに行き、そこの小道の雑草と竹を刈ることにしたのです。驚いたことに、雑草は予想していたよりずっと少なかったのでした。また、いくつかの竹が切り倒されており、小道が広くなっていることにも気づきました。どなたかが整備されたのです。そのため私は、あまり何もする必要がありませんでした。棘のある雑草を刈っただけです。しかし、小道沿いの雑草を全部刈り終わると、なんだかとても疲れてしまいました。整備を終えたら釣りをしようと思っていましたが、あまりに疲れてしまったので、釣りはできませんでした。車に戻る途中、野いちごの新鮮な味を楽しみました。)

May 8, 2022

(No. 937) No Fish at Lake Shinji (宍道湖にて釣果なし)


I wanted to try either Saruwatari or Safuki-bana in Nonami this morning but had to give them up when I saw the waves crashing on the shore. They were much higher than I had expected. So I turned my car around and headed for Lake Shinji. Yesterday I had seen a big dead body of a flathead fish at the shore of the lake, and it had reminded me that it was already May. Some seasonal migratory fish, such as the flathead and the Japanese sea bass, were coming to the lake. There were several bait fishermen along the shore of the lake this morning as if they had been a proof of my assumption. My lures were not productive this morning, but I was sure I would catch some Japanese sea bass very soon.
(今朝は、野波の猿渡かサフキ鼻に行きたかったのですが、海岸に打ち寄せる波を見てあきらめました。思ったより波が高かったのです。そこで私は、車を反転させて、宍道湖に向かいました。昨日、死んだ大きなマゴチを湖岸で目撃しており、おかげで、もう5月なのだと実感したのです。マゴチあるいはスズキのような季節性の回遊魚が湖にやって来つつあるのです。今朝の宍道湖岸には、それを裏付けるかのように、数人のエサ釣り師の姿がありました。私のルアーでは今朝は何も釣れませんでしたが、近いうちにマゴチあるいはスズキが釣れるものと思います。)

May 6, 2022

(No. 936) Consecutively No Fish at Safuki-bana in Nonami (野波のサフキ鼻にて引き続き釣果なし)



Unlike yesterday, the parking space for Saruwatari in Nonami was empty when I arrived about 6 a.m. I was about to park my car there but changed my mind at the last moment and decided to keep driving to Safuki-bana. I realized that I liked Safuki-bana much more than I was aware. Yesterday I had added another improvement to the trail in the woods. There was a black rope along the trail, and it was not very visible. So I had attached some pieces of yellow tape and red ribbons to the rope. As for fishing, nothing exciting happened except when I saw two splashes on the surface. They were far beyond the reach of my lures. Some fast-swimming predators might have chased baitfish.
(野波の猿渡に行くための駐車スペースに午前6時頃に到着してみると、昨日と違い、駐車されている車はありませんでした。私はそこに車を停めかけたのですが、土壇場になって気が変わり、サフキ鼻まで走り続けることにしました。自分が意識している以上にサフキ鼻が好きになっていることに気づきました。昨日、林の中の小道に、もうひとつ改良を加えていたのです。小道沿いに一本、黒いロープが張ってあるのですが、あまり目立たちません。そこで、黄色いテープと赤いリボンをロープに付けたのでした。釣りの方はというと、刺激的なことは何も起きませんでした。水面に2つの水しぶきが上がった時を除けば。その水しぶきが上がったのは、私のルアーが届く範囲のはるか彼方でした。泳ぎの速い肉食魚がベイトフィッシュ(餌となる小魚)を追っていたのかもしれません。)

May 5, 2022

(No. 935) No Fish at Safuki-bana in Nonami (野波のサフキ鼻にて釣果なし)




I wanted to go to Saruwatari this morning, but there was a car left at the parking space when I arrived around 6:30 a.m. Saruwatari had been already taken. So I passed the parking space and headed for Safuki-bana, which I would find vacant. I got glad to know Safuki-bana was vacant, but at the same time I got a bit disappointed. As I reported the other day, I created the new route in the woods to Safuki-bana, and I wanted someone to take advantage of it. I started throwing my lures about 7:30 a.m. Shortly afterward one wonderful idea that had nothing to do with fishing occurred to me, and I felt I needed to send an e-mail about it. How eccentric it was to write a formal business e-mail standing at Safuki-bana, one of the most exhausting fishing spots in Nonami!
(今朝は猿渡に行きたかったのですが、午前6時半頃にその駐車スペースに到着してみると、1台の車が残されていたのでした。猿渡には既に先客がいるのです。そこで私は駐車場を通り過ぎて、サフキ鼻に向かいました。サフキ鼻は無人でした。無人だったので嬉しい反面、少々、残念な気持ちにもなりました。先日ご報告した通り、サフキ鼻に行く林の中に新しいルートを作った私は、どなたかにそれを使ってほしいと思っていたからです。午前7時半頃にルアーを投げ始めました。そしてすぐに、釣りには関係のないある素晴らしいアイデアが浮かび、私はメールを送る必要があると感じました。野波の中でも屈指のしんどさを誇る釣り場、サフキ鼻に立ちながら、正式なビジネス関連のメールを書くとは、なんて奇妙なのでしょう!)