About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Nov 11, 2018

(No. 407) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)





Saruwatari has not been very productive for me this year. So today I wanted to fish from Maruiwa in Owashi, but three cars were already parked in the narrow parking space for the fishing spot when I arrived in the early morning. I gave up Maruiwa and drove to Saruwatari. I felt ambivalent. I might have hoped that I would find a car at the parking space for it. I probably said to myself, “Please don’t let me fish from Saruwatari today.” When I arrived, there was no car at the parking space. Today I had taken out two of the most universally effective lures from my arsenal, which are the Super Strike Zig Zag and Little Neck Popper. Even with these lures, I did not catch any fish. Why?
(今年の猿渡は、私にとってあまり魚がよく釣れる場所ではありません。そこで今日は、大芦の丸岩で釣りたいと思っていたのですが、早朝、釣り場へ降りるための細い駐車スペースに到着してみると、既に3台の車が駐められていたのでした。私は丸岩をあきらめ、猿渡へ向かいました。私の気分はアンビヴァレント(正反対の気持ちが混在すること)でした。猿渡の駐車スペースにどうか車が駐められていますように、と私は願ったかもしれません。おそらく私は、「どうか今日は猿渡から釣らせないでください」と思ったりもしたのです。到着してみると、駐車スペースに車はありませんでした。私は今日、私が所有するルアーの中で、場所を選ぶことなく最も効果的なものを2つ持ってきていました。つまり、スーパーストライク・ジグザグとリトルネックポッパーです。それらを持ってしても、魚は釣れません。いったい、なぜ?)

Nov 6, 2018

(No. 406) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)




The strong wind was blowing and the sea was choppy when I started fishing about 6:20 a.m. The condition of the sea looked similar to the one when I hooked but eventually missed a big fish 4 days ago. I shook my rod hard to move my American pencil popper livelily. Unlike 4 days ago, no fish got interested in the splash the lure made. I got bored and also a bit tired. So I took more breaks than I usually do. During the breaks I practiced a new song I am writing now for my annual New Year Rap, using a Philips portable bluetooth speaker. In addition, on my way back to the parking space, I found what looked like feces of an animal in the woods. I was not bored anymore.
(午前6時20分頃に釣り始めた時、強い風が吹いており、海は波立っていました。その状況は、大きな魚をかけたものの結局逃してしまった4日前の状況に似ていました。私は、アメリカのペンシル・ポッパーを生き生きと動かすために、竿を懸命に揺すりました。しかし、4日前と異なり、ルアーが生み出すしぶきに関心をもつ魚はいません。私は退屈するとともに、少し疲れてしまいました。そこで、いつもよりも多く休憩を取りました。休憩中は、フィリップスの小型ブルートゥース・スピーカーを使って、毎年恒例の年賀ラップ用に書いている曲を練習したりしました。さらには、駐車スペースに戻る途中の林の中で、動物の糞ではないかと思えるものを見つけました。私はもう、退屈していませんでした。)

Nov 4, 2018

(No. 405) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)





Saruwatari is the most popular fishing spot in Nonami according to the very useful “Sanin Fishing Spot Guidebook,” and the capacity of the spot is just one fisherman. I had occupied the spot for two consecutive mornings. I don’t like to have anything all to myself. So today I intended to avoid Saruwatari all the more because somebody had cleared the path to the fishing spot as I mentioned on my previous post (No. 396). However, other fishing spots that I knew in the area were all occupied this morning. So I had no choice but to drive to Saruwatari. Surprisingly there was no car at the parking space for the spot. The sea was much calmer than the previous two mornings. It was too quiet, and nothing exciting happened. If I prevented you from trying Saruwatari this morning due to my parked car, I am sorry.
(とても役に立つ『山陰の釣り場総覧』によると、猿渡は、野波で一番人気のある釣り場なのですが、釣り場の定員はわずか一名なのです。私は昨日と今日の朝、2日連続して、その釣り場を占有してしまいました。何事にせよ、独り占めするのは好きではありません。そこで今日は、猿渡は避けるつもりだったのです。以前の投稿(No. 396)で触れているように、釣り場へと至る道を整備してくださった方がいるのですから、なおさらです。しかし今朝は、私の知っている同地区の他の釣り場は、すべて満員になっていたのでした。私には猿渡に行く以外の手段が残されていなかったのです。驚いたことに、釣り場へと至る駐車スペースに、車は置いてありませんでした。海は、昨日までよりもずっと穏やかでした。穏やかすぎて、ワクワクするようなことは何も起きません。もしも今朝、貴方が猿渡で釣ろうとしていたのに、私の車が邪魔したのだったら、ごめんなさい。)

Nov 3, 2018

(No. 404) Exciting Splash at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて刺激的な水しぶき)




The feeling of the ferocious run of the fish I missed yesterday has not left me. So I revisited Saruwatari this morning and started fishing about 6:30 a.m., 30 minutes earlier than yesterday. Not until about 7 a.m., the same time when the strike happened yesterday, did the fish respond to my lure. When I was using the Guppy Lure’s 3-1/4 oz. Pencil Popper, I saw one fish chasing it. Making a white zigzag splash around the lure, the fish attacked it a few times. It was such a thrilling moment, but the fish did not even graze the lure! Except for this event, nothing happened today.
(昨日逃した魚の獰猛な走りの感覚が、頭から離れません。そこで私は今朝も再び、猿渡を訪れて、昨日よりも30分早い午前6時半頃から釣り始めました。昨日のストライクがあったのと同じ午前7時頃になって、やっと魚がルアーに反応しました。グッピールアーの3-1/4 oz. ペンシル・ポッパーを使っている時、ルアーを追う魚の姿が見えたのです。白いジグザグのしぶきをあげて、魚はルアーを2、3回、襲いました。スリル満点の瞬間でしたが、魚はルアーにかすりもしないのでした! この出来事の他には今日は何も起きませんでした。)

Nov 2, 2018

(No. 403) Missed Big Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて大物を逃す)




I started casting my lures slightly before 7 a.m. at Saruwatari today. The rain had just stopped and the sky was leaden with overcast. The waves were not high, and there was a light swell. I felt I would catch a nice one at last today. First I used my Robert’s Ranger. After making a few casts, I switched it to the Guppy Lure’s Jobo Junior (2.75 oz.). The pencil popper reached so far that I couldn’t recognize it when I started moving it the way American surf fishermen do. It did not matter. At the third or the forth shake of my rod, a big fish snatched the lure and dashed toward the bottom of the sea.
(今日は、午前7時少し前から猿渡でルアーを投げ始めました。雨はやっと上がり、空模様はどんよりとしていました。波は高くありませんでしたが、軽いうねりがありました。ついに今日こそ、良い型の魚が釣れそうな気がしました。まず私は、ロバーツ・レンジャーを使いました。数キャストした後、グッピールアーのジョボ・ジュニア(2.75 oz)に換えました。このペンシル・ポッパーがとても遠くまで飛んだため、アメリカの岸釣り師が動かすようにルアーを動かし始めた時、ルアーがどこにあるのか確認できませんでした。しかし問題はありません。竿を3回目か4回目に揺さぶった時、大きな魚がルアーをひったくり、海底に向かって突進したのです。)
The fish was so powerful that the drag of my old reel (Ohmori Factory’s Diamond Micro 7 No.6) started screeching. When I tried to stop the ferocious run of the fish, the tension I had felt through the line was gone. The knot between the leader line and the clip was broken. Unfortunately the fish was gone probably with the lure dangling around the mouth. I hoped the fish shook off the lure and felt safe thanks to the barbless hooks. The fish was almost certainly a big yellowtail amberjack. Because I had caught only Japanese sea bass on any of American pencil poppers since I came back to Japan, I had been skeptical of the lures’ ability to catch amberjacks. Now I am confident.
(その魚は非常にパワフルだったので、私の古いリール(大森製作所ダイヤモンドリール・マイクロ7 No.6)のドラグが、金切り声をあげ始めました。私が、その獰猛な走りを止めようとした時、釣り糸を通して感じられていたテンションが失われてしまいました。リーダーとクリップを結ぶノットが破壊されていました。残念なことに魚は、おそらくその口の周辺にルアーを付けたまま、消えてしまったのです。私のルアーの針はバーブ(かえし)がつぶしてあるので、魚がルアーを振り払い、安全でいてくれればいいと思います。その魚は十中八九、大きなヒラマサでした。帰国以来、アメリカのペンシル・ポッパーで釣れるのはスズキだけだったので、果たしてそうしたルアーで青物も釣れるのだろうか、とあやしんでいたのです。今はもう、自信がつきました。)

Oct 30, 2018

(No. 402) No Fish at Kurauchi Bay (倉内湾にて釣果なし)




My current translation assignment will be over within 24 hours. In other words, the deadline for the job is tomorrow. I have been revising my translation since this morning with such concentration that my brain got completely tired by this late afternoon. In order to revive my concentration for closing the assignment, I had to do something different from English translation. So I drove to Kurauchi Bay with a few of my favorite lures. Some nice patches of sarashi (white churning water) were formed in the bay. I got fully satisfied with only several casts. I found one guy looking down at the fishing spot from the upper part of the rocky shore. He told me that he recently started fishing for Japanese sea bass along the rocky shore. He seemed to have some experience in catching the fish in Lake Shinji but not much along the rocky shore of Shimane Peninsula. I was happy to give him some advice.
(今取り組んでいる翻訳の仕事は、24時間以内に終了します。言い換えれば、その仕事の締切は明日なのです。今日は朝からずっと、大変な集中力で翻訳の推敲をしていたため、午後遅くには、脳が疲れ果ててしまいました。仕事を締めくくるのに必要な集中力を復活させるためには、英語の翻訳とは全く異なる何かをする必要がありました。そこで私は、お気に入りのルアーを数個携えて、倉内湾へと向かったのです。湾には、良いサラシ(かき混ぜられた白い水)が出来ていました。数投しただけで、私は完全に満足できました。磯の上方から釣り場を見ている男性の姿がありました。磯でのスズキ釣りを最近始めました、と言われます。宍道湖でのスズキ釣りの経験はあっても、島根半島の磯での経験はあまりないようです。私は喜んでアドバイスをしてあげました。)

Oct 28, 2018

How Not to Lose Carbide Spikes of Korkers Rocktrax (コーカーズ・ロックトラックスのカーバイド・スパイクを失わない方法)


This irregular post may interest few Japanese fishermen, but anyway I post it. I have used Korkers Rocktrax, a cleated overshoes, and I love it. It is a must for a fisherman like me. I like to swim at the rocky shore of Shimane Peninsula in the summer and I cannot do it without the overshoes on my sandals. I attach them to my rubber boots in the winter. The only problem for me is that the carbide spikes inserted into the soles easily come out. I had tried to secure the spikes in various ways but failed. Recently I found a satisfying method to do it.
(今回の例外的な投稿に関心をもつ日本の釣り人はほとんどいないと思いますが、ともかく投稿いたします。私は、コーカーズのロックトラックスというスパイク付きオーバーシューズを愛用しています。私のような釣り人には必需品なのです。夏には島根半島の磯で泳ぐのが好きなのですが、このオーバーシューズをサンダルに装着しない限り、泳ごうとは思いません。冬は、ゴム長に装着します。問題が一つあって、それは、底面に挿入されているカーバイド・スパイクがすぐに抜け落ちてしまうということです。何とかスパイクを固定しようとこれまで試みてきたのですが、失敗続きでした。しかし最近、満足できる固定方法を見つけたのです。)

This photo shows my Rocktrax attached to my rubber boots. I recommend that the tip of a rubber boot should be reinforced with a metal plate. Otherwise, the tip may move elastically and stick out from the side of the overshoe especially when you walk on a bumpy slope.
(この写真は、ゴム長に装着した私のロックトラックスです。ゴム長は、先端が金属のプレートで補強されているものをお勧めします。そうでないと、でこぼこした斜面を歩いている時など特に、ゴム長の先端がぐにゃっと動き、ロックトラックスの横からはみ出す可能性があるのです。)

The red circle in the above photo shows the original state of a spike inserted into the sole. The green circle shows a worn-out hole after the spike was gone. You can insert a new spike to this hole, but the spike becomes wobbly and will be gone soon.
(上の写真の赤い丸は、底面に挿入されているスパイクの使用前の状態を示しています。緑の丸は、スパイクが抜け落ちた後、摩耗した穴を示しています。この穴に新しいスパイクを挿入しても、スパイクはぐらぐらし、すぐに抜け落ちてしまいます。)

This photo shows the carbide spikes and an 1-mm-thick elastomer sheet. First, cut the sheet and make 1 to 3 patches of elastomer. Then, punch a hole through the patches and attach them to the waist of a spike.
(この写真が示しているのは、カーバイド・スパイクと、厚さ1ミリのエラストマー・シートです。まず、シートを切って1〜3枚のエラストマー片を作ります。次に、それらエラストマー片に穴を空け、スパイクのくびれ部分に取り付けます。)

Push the spike into the worn-out hole with an appropriate tool, and glue the elastomer patches together and onto the sole with superglue. The inserted spike is secured now. This may not be a perfect solution, but the number of lost spikes is drastically decreased in my case. 
(そして、適当な道具を使って、摩耗した穴にスパイクを押し込み、エラストマー片同士を、そしてエラストマー片と底面を、瞬間接着剤で接着します。これで、挿入されたスパイクは固定されました。完璧な解決法ではないかもしれませんが、私の場合、失われるスパイクの数は劇的に減りました。)