About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Oct 19, 2019

(No. 498) My Recent Favorite Rod (最近のお気に入りのロッド)



I got the flu a week ago. While recovering, I still cough heavily. So I am not sure when to go fishing next. It is unfortunate because I have caught the yellowtail amberjack only at this time of the year since I came back to Japan. I feel I am losing the best opportunity for catching the coveted fish, but I remind myself that safety always comes first. Only when you are in good shape should you go to a rocky shore for catching such a powerful fish. So this post cannot be about my recent fishing trip. It is about my recent favorite rod.
(1週間前にインフルエンザにかかってしまいました。回復しつつありますが、まだ激しい咳が出ます。ですので、次いつ釣りに行けるか分かりません。帰国以来、私にヒラマサが釣れているのは一年のこの時期だけなので、残念です。羨望の的であるヒラマサを釣る最良の機会を失い続けている感じなのですが、常に安全が第一であると、自分に言い聞かせています。ヒラマサのようなパワフルな魚を釣るために磯に出るのは、体調が万全な時でないといけません。したがって、今回の投稿は、私の最近の釣行についてではなく、私が最近気に入っているロッドについてのものとなります。)
A month and half ago I discovered a rather conspicuous rod at a secondhand fishing tackle shop. As soon as I held the white rod, an epiphany occurred to me. As you may remember, I tried to create a “true two-way” rod like Shohei Ohtani in the past and I felt I did it. The white rod I found at the shop felt like a hugely updated version of my hand-made two-way rod. It was a Gamakatsu spinning rod, Pop Shaft 83. I bought it and used it with one of my conventional reels on it. It felt good as I had expected. When I caught the big mahi-mahi the other day, I was using this rod with a spinning reel on it. It is interesting that virtually no information about this rod is available on the Internet.
(1カ月半ほど前、中古の釣具屋で、かなり人目につくロッドを発見しました。その白い竿を手にした瞬間、ある啓示が私に訪れたのです。覚えていらっしゃるかもしれませんが、私は以前、大谷翔平のような“真の二刀流”ロッドを作ろうと思い立ち、そして実際に作った気でいたのでした。私が中古釣具屋で見つけたその白い竿は、私が作った二刀流ロッドを大きく進化させたバージョンだと、感じられたのです。それはガマカツのスピニング用ロッドで、Pop Shaft 83という名前でした。さっそく購入し、両軸リールを取り付けてみました。期待通り、良い感じです。先日、大きなシイラが釣れた時、私はスピニング・リールを付けてこのロッドを使っていました。このロッドに関しては、その情報がネット上に全くと言っていいほど見つからない点も、興味深いです。)

Oct 10, 2019

(No. 497) Thrilling Strike and Teasing Chase at between Maruiwa and Susumi-hana in Owashi (大芦の丸岩と須々海鼻の間にてスリル満点なストライクとからかうようなチェイス)




This morning I fished at the area between Maruiwa and Susumi-hana in Owashi. According to the very useful “Sanin Fishing Spot Guidebook,” the area between them is called Tawaragasaki. There was another fisherman at Maruiwa, and he seemed to have already caught some fish before I arrived and started fishing about 7 a.m. Nothing happened to me for one hour. Around 8 a.m. the swell got stronger. Then one fish hit my American pencil popper (Guppy Lure’s Jobo Junior, 2.75 oz.). It was thrilling, but the fish was not hooked. A short while later, I saw a few greenish fish chasing the pencil popper. It was as if they had been playing with the lure. I felt teased.
(今朝は、大芦の丸岩と須々海鼻の間で釣りました。とても役に立つ『山陰の釣り場総覧』によると、両者の間の場所を、タワラヶ崎というそうです。丸岩には別の釣り人がいて、私が午前7時頃に到着し釣り始める前に、既に何かを釣られていたようです。1時間ほど、私には何も起きませんでした。午前8時頃、うねりが強くなりました。すると、アメリカのペンシル・ポッパー(グッピールアーのジョボ・ジュニア、2.75 oz)を魚が襲いました。スリル満点でしたが、魚は針にかかりませんでした。その少し後で、数匹の緑がかった魚がペンシル・ポッパーを追いかけてくるのが見えました。魚たちはまるで、ルアーと戯れているような具合でした。私はからかわれているように感じました。)

Oct 7, 2019

(No. 496) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)



There were swells around Maruiwa in Owashi this morning. On the other hand, there was no wind and therefore almost no waves. So I think I can say the swells I observed this morning were pure swells unaffected by waves. Anyway, I had to be careful. Swells could be much more dangerous than waves. Due to the swells, I could not stand at the edges of Maruiwa. That situation made it worrisome for me to use some lures that require me to lower the tip of my rod when I retrieve them. The fragile fishing line could touch the sharp edge of a rock, if I were careless. So I primarily used one of my American pencil poppers (Guppy Lure’s Jobo Junior, 3 oz.) because you cannot lower the tip of your rod when you move a pencil popper the way the Northeastern fishermen do. Your rod stands almost upright. I am still not very sure how effective this fishing method is for catching faster-swimming big fish such as yellowtail amberjacks, but I almost always put a higher priority on comfort of a fishing method than on a good catch of fish.
(今朝、大芦の丸岩周辺には、うねりがありました。一方で、風は吹いておらず、したがって波はほとんどありませんでした。ですので、今朝、私が観察したうねりは、波の影響を受けていない純粋なうねりであったと言えると思います。ともかく、私は注意しなければなりませんでした。うねりは、波よりもずっと危険なものになり得るのです。このうねりのせいで、丸岩の端っこに立つことができませんでした。そのため、竿先を下げて引く必要のあるルアーを使うのが厄介になりました。注意していないと、傷つきやすい釣り糸が、鋭い岩の端っこに触れてしまいかねないのです。ですので私は、主にアメリカのペンシル・ポッパー(グッピールアーのジョボ・ジュニア、3 oz)を使いました。なぜなら、米北東部の釣り人が動かすようにペンシル・ポッパーを動かす時、竿先を下げることはできないからです。竿は、ほとんど垂直に立っています。この釣法が、ヒラマサのような高速で泳ぐ大型魚を釣るのにどれだけ効果的なのか、私はまだ十分には分かっていないのですが、私はほとんど常に、良い釣果よりも、釣法の快適さを重視します。)

Oct 3, 2019

(No. 495) No Fish at Sakitaka-hana in Sanami (佐波の先高鼻にて釣果なし)




As I mentioned on the last post, I decided to stay away from fishing at Saruwatari in Nonami for a while. I had thought about where I should go instead and found myself interested in trying Meshima, a rocky part attached to the breakwater of Onoze Harbor. I think I have not been to Onoze for more than four years. According to the very useful “Sanin Fishing Spot Guidebook,” you can get to the front tip of Meshima on foot. You don’t need to use a boat. However, when I tried it last time, I could not find a path to reach the front tip of it. So I planned to try Meshima again this morning, but the weather forecast said that it would be windy due to another typhoon. To try an unfamiliar rocky spot in a potentially challenging environment is not a good idea. So I changed my mind and went to Sakitaka-hana in Sanami. The wind was strong indeed, but the sea was calm and clear. No fish responded to my lures.
(前回の投稿で触れましたが、野波の猿渡での釣りはしばらく控えるつもりです。代わりにどこへ行こうかと考えていたのですが、魚瀬港の防波堤に付属している磯、女島に挑戦することに興味を覚えました。魚瀬には、もう4年以上も足を運んでいないと思います。とても役に立つ『山陰の釣り場総覧』によると、女島の先端まで、歩いて行けるのです。渡船は必要ありません。しかし、前回試みた時には、先端に行くための道筋を見つけることができませんでした。そこで今朝は、女島に再挑戦しようと考えていたのです。しかし天気予報によると、またもや台風が近づいているせいで、風が強まるとのことでした。困難なものになるかもしれない環境下で、馴染みのない岩場に挑戦するのは、良い考えだとは思えません。ですので私は考えを変え、佐波の先高鼻へ行きました。確かに風は強かったものの、海は穏やかで澄んでいました。私のルアーに魚からの反応はありませんでした。)

Oct 2, 2019

(No. 494) Thank You Note at Entrance to Saruwatari in Nonami (野波の猿渡への入り口にお礼状)



This morning I drove to the parking space for Saruwatari in Nonami. It was not for fishing. I had already caught a Japanese Spanish mackerel and a big mahi-mahi from Saruwatari for a week. Those catches were more than enough for me. Honestly, I don’t like to have a good fishing spot to myself. This morning I drove to the parking space just to put up my thank you note on somewhere visible. The note was for a person or people who kindly cut all the weeds along the path to Saruwatari. I found one car left when I arrived at the parking space about 7:30 a.m. There was no way to know what kind of fish the fisherman aimed for, but anyway I wished him or her good luck. Then I put up my handmade thank you note at the side of a small monument standing around the entrance to the woods leading to Saruwatari. It says, “To those who cut the weeds. Thank you very much. I caught a mahi-mahi.”
(今朝、私が向かったのは、野波の猿渡へ行くための駐車スペースでした。といっても、釣りをするためではありません。この1週間で、私には既に、サワラと大きなシイラが猿渡で釣れています。私にとっては、十分以上の釣果なのです。正直な話、良い釣り場を独り占めするのは好きではありません。今朝、私が駐車スペースへ行ったのは、どこか目につくところにお礼状を掲示したいと思ったからでした。そのお礼状は、猿渡に至る小道沿いの雑草をご親切にも全て刈ってくださったお方、あるいは皆様へのものです。午前7時半頃に駐車スペースに到着してみると、車が1台残されていました。この釣り人がどんな魚を狙っているのか知るすべはありませんでしたが、ともかく私は幸運を祈りました。それから、猿渡へと至る林の入り口付近に立つ小さな記念碑の側面に、手作りのお礼状を取り付けました。「草刈りをしてくださった方へ。ありがとうございました。シイラが釣れました」と書かれています。)

Sep 30, 2019

(No. 493) Big Mahi-mahi at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて大きなシイラ)





First of all, I would like to thank a person or people who cut all the weeds along the path to Saruwatari. I don’t know whether the person or people are fishermen or just local residents. What they did was a total annihilation of weeds. I also had cut the weeds before, but their job was much more thorough. Thanks to the effort, today I reached Saruwatari more conveniently and safely than before. The sea was very calm this morning. The water was clear and there was almost no current. I became kind of pessimistic about the possibility of catching any big fish.
(まず最初に、猿渡に至る小道沿いの雑草を全て刈ってくださったお方、あるいは皆様に感謝したいと思います。そのお方、あるいは皆様が、釣り人であるのか、あるいは地元の住民であるのかは分かりません。彼らがやったのは雑草の完全な殲滅でした。私も以前に草刈りをしたことはありますが、彼らの仕事の方がはるかに徹底的です。そのご努力のおかげで、以前よりもずっと安易かつ安全に、猿渡へと行くことができました。今朝の海はとても穏やかでした。水は透明で、潮もほとんど流れていないようです。大型魚が釣れる可能性について、私はなんだか悲観的になってしまいました。)
At 7:45 a.m. when I was retrieving the Tady 45, a type of lure called “surface iron,” I felt something. It was not strong. So I even wondered if it was a floating seaweed, but it jumped out of the water and shook its head in order to be free. Still I did not think it was a big fish. I thought it might be a medium-sized Japanese sea bass because I reeled it in without much resistance. Only when the fish came very near to me did I recognize it was a big mahi-mahi, and when I recognized the type and size of the fish, the fish realized something, too. It started running toward the ocean. It was so strong. The drag of my reel started screeching. I just pulled through its tenacious fight. Several minutes later I successfully landed the fish. It was a mahi-mahi of 100 cm (39 in.) long. As a token of my gratitude to the people and the fish, I dived into the still warm sea and danced in the water.
(「水面の鉄」と呼ばれるタイプのルアーであるテイディー45を引いていた午前7時45分、何かを感じました。強烈なものではありませんでした。浮遊している海草だろうかと思ったほどです。しかしそれは水面から躍り上がると首を振り、自由になろうとしました。この時点でもまだ、私は大型魚だとは考えていませんでした。大した抵抗もなくリールを巻くことができたので、中型のスズキではないかと思ったのです。私のすぐそばに魚が来て初めて、それが大きなシイラであることが分かりました。私が魚種とサイズを認識したその時、魚もまた、何かを悟りました。魚は大海めがけ、走り始めたのです。強い引きです。リールのドラグが金切り声を上げ始めました。私はただ、魚の粘り強いファイトを耐えました。そして数分後、無事に釣り上げることができたのです。全長100センチのシイラでした。草刈りをしてくださった皆様への、そしてこの魚への感謝の印として、私は、まだ温かい海に飛び込み、水中で踊りました。)

Sep 28, 2019

(No. 492) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)




Because I am a freelance translator and not a nine-to-fiver, I get sometimes financially unstable but can go fishing on weekdays. I assume that most of other fishermen are not like me. They must have a job with regular daytime hours. Which means, they can go fishing only on weekends. That’s why I don’t like to occupy a famous fishing spot such as Saruwatari on weekends. I would like other fishermen to get the enjoyment, too. So this morning I left my place intentionally later than yesterday. If any avid fisherman wanted to go to Saruwatari, I would find his or her car left at the parking space and would be happy to give up the fishing spot. No car was found when I arrived. I walked down to Saruwatari and found the sea was calmer than yesterday. I kept casting my favorite lures for 30 minutes until the rain started falling. No fish responded to my topwater lures this morning. The weather app on my phone said that a thunderstorm might come shortly. Safety always comes first. I left the spot.
(私はフリーランスの翻訳者であり、定時勤務の勤め人ではないため、経済的には時々不安定になるものの、平日に釣りに行くことができます。他の釣り人の皆さんは、私のようではないと思います。他の皆さんは、定時に出勤する仕事に就かれているのです。つまり、週末にしか釣りに行けないのだと思います。ですので私は、猿渡のような有名な釣り場を週末に専有することを好みません。他の皆さんにも、釣りを楽しんでもらいたいのです。そこで今朝は、昨日よりも意図的に遅く、家を出ました。もしも熱心な釣り人が猿渡に行くつもりであれば、駐車スペースには車が駐められているはずであり、その場合は、喜んであきらめるつもりでした。到着してみると、車はありませんでした。猿渡まで歩いていった私は、昨日よりも海が穏やかであることに気づきました。お気に入りのルアーを投げ続けて30分ほどたった時、雨が降り始めました。今朝は、私のトップウォーター・ルアーへの反応はありませんでした。携帯の天気アプリによると、すぐに雷雨になるとのことでした。常に安全第一です。私は釣り場を離れました。)