About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

9 Apr 2020

(No. 577) Casting Practice or No Fish at Lake Shinji (宍道湖にてキャスティング練習あるいは釣果なし)



As I had expected, I became swamped with my translation assignments and some neighborhood duties. I have not been able to do serious fishing, which means going fishing to any rocky shore of Shimane Peninsula facing the Sea of Japan in my case. Instead, I walk to Lake Shinji almost every day as a break from work. I am always with one of Roberts Lures. Today I cast the Roberts Bounder (1.75 oz.), the lightest among my Roberts topwater plugs. Although I had not expected to catch any Japanese sea bass and I didn’t today, I cannot rule out the likelihood of my catching one soon. I saw a few bait fishermen along the shore. Their presence indicated that the fish were already, or would be shortly, around.
(予測していた通り、翻訳の仕事と町内会の責務で多忙になってしまいました。本格的な釣り、つまり私の場合は、日本海に面する島根半島の磯に釣りに行けなくなっています。代わりに私は、ほとんど毎日、仕事の合間に宍道湖まで歩きます。私はいつもロバーツのルアーと一緒です。今日は、ロバーツのバウンダー(1.75 oz.)という、私が所有するロバーツのトップウォーター・プラグの中では最軽量のものを投げました。スズキが釣れることは期待していませんでしたし、実際に今日は釣れませんでしたが、そのうち釣れる可能性が皆無であるとは言えません。湖岸に数人のエサ釣り師の姿があったからです。彼らがいるということは、スズキが既にそこにいるか、あるいはそのうちやって来る、ということを意味するのです。)

4 Apr 2020

(No. 576) No Fish at Ogu-no-hato in Owashi Harbor (大芦港の小具の波止にて釣果なし)




This morning I drove to Owashi Harbor because I wanted to see the sea again before I might get too busy to go fishing to any rocky shore of the Shimane Peninsula. I chose Ogu-no-hato, one of breakwaters in Owashi Harbor, as my destination because I was not allowed to get very tired after I quit fishing. I did not want to get too tired to fulfill my obligations today. Unlike more serious fishing spots such as Saruwatari in Nonami, the access to Ogu-no-hato is so easy that you cannot get tired. Basically, I enjoyed just casting my favorite lures from the breakwater this morning. There was no fish around, and that was OK. Because that was exactly what I had anticipated. I just wanted to see the beautiful sea again.
(忙しくなって島根半島の磯に釣りに行けなくなってしまう前に、もう一度、海を見たかったので、私は今朝、大芦港へ行きました。目的地として、大芦港の防波堤の一つである小具の波止を選びました。なぜなら、納竿後、疲労困憊してしまうわけにはいかなかったからです。疲れたせいで、今日果たさねばならない仕事ができなくなるのは、嫌だったのです。野波の猿渡のような、より本格的な釣り場と異なり、小具の波止へのアクセスはとても容易なので、疲れることはありません。要するに私は今朝、防波堤からただお気に入りのルアーを投げることを楽しんだのでした。周囲に魚の姿はありませんでしたが、かまいません。なぜなら、それこそまさしく私が予測していたことだったからです。私はただ、美しい海を、もう一度、見たかったのでした。)

3 Apr 2020

(No. 575) Casting Practice or No Fish at Lake Shinji (宍道湖にてキャスティング練習あるいは釣果なし)





Although it is reported that the world economy is slowing down due to the coronavirus crisis, somehow I am getting busier. More translation jobs as well as some obligations of my neighborhood association came to me these days, and I am getting swamped little by little. Because I am not sure when I can do serious fishing next, I walked to Lake Shinji during a break this late afternoon with the simplest and most favorite set of my fishing tackle; one rod (Gamakatsu Pop Shaft 83), one reel (PENN Jigmaster 500), and one lure (Roberts Whistler).
(コロナウイルスによる危機のせいで世界経済は減速しつつあると報道されていますが、なぜか私は忙しくなっています。最近、翻訳の仕事が増え、そして町内会の仕事も舞い込んでおり、私は徐々に仕事に追われ始めているのです。本格的な釣りには次いつ出かけられるか分からないので、今日の午後遅く、休憩を取り、いちばんシンプルかつ最愛のタックルを携えて、宍道湖まで歩きました。持っていったのは、ロッドが1本(ガマカツのPop Shaft 83)、リールが1つ(PENNジグマスター500)、そしてルアーが1つ(ロバーツ・ホイッスラー)でした。)
I went out of my place and started walking toward the lake counterclockwise. Several minutes later I arrived at the shore of the lake. While casting the topwater lure, I kept walking along the shore counterclockwise. A freshman that recently arrived at Matsue to start a student life at a local university talked to me. He said he was also a fisherman from Hyogo Prefecture. I gave him some information about fishing in Shimane Prefecture. Then, I left the lake at an appropriate point during the course and kept walking counterclockwise. Several minutes later I got back to my place. I think I will enjoy this round trip more often at least until the beginning of May. I hope someday I may catch a big Japanese sea bass.
(私は家を出ると、反時計回りに歩き始め、湖に向かいました。数分後、湖岸に到着です。トップウォーター・ルアーを投げながら、岸に沿って反時計回りに歩き続けました。地元の大学で学ぶため最近松江に来たという新入生が話しかけてきました。兵庫県出身の男性で、釣りをするそうです。私は島根県での釣りについて情報を提供しました。それから私は、途中の適当な場所で湖を離れて、反時計回りに歩き続けました。数分後、家に戻りました。少なくとも5月の上旬までは、この一周旅行を、私は以前よりも頻繁に楽しむことになるでしょう。願わくはいつか大きいスズキが釣れんことを。)

30 Mar 2020

(No. 574) No Fish at Nagasaki-bana in Mitsu (御津の長崎鼻にて釣果なし)





Unlike the last time, no cold wind was blowing at Nagasaki-bana in Mitsu this morning. The sea was even calmer. When I started casting my lures from the tip of Nagasaki-bana, one of small fishing boats came closer to me. They were picking turban shells from the bottom of the quiet sea. As I had done in the summer of 2017, I took off my cap and made a polite bow to the local fisherman on it. Then, I asked, “Good catch?” The fisherman replied with smile, “Nah. Too calm.” That conversation felt like a repetition of a past event, too. I remembered I had enjoyed basically the same conversation with probably the same fishermen in 2017.
前回の釣行時と異なり、今朝は御津の長崎鼻に冷たい風は吹いていませんでした。海はいっそう穏やかでした。長崎鼻の先端からルアーを投げ始めると、小さな漁船の一つが私の方に近づいてきました。彼らは、穏やかな海の底からサザエを採っているのです。2017年の夏と同様に、私は帽子を脱いで丁寧にお辞儀をしました。そして尋ねました。「採れますか?」。すると漁師さんは笑って言いました。「いんや、凪いじょうけん」。この会話もまた、過去の出来事の繰り返しのように感じられました。2017年に私は、実質的に同じ内容の会話を、おそらくは同じ漁師さんとしたことを思い出しました。)

29 Mar 2020

(No. 573) Soaked to the Skin at Susumi-hana in Owashi (大芦港の須々海鼻にてずぶ濡れ)




To keep tenaciously casting lures toward Susumi Bay and to catch a Japanese sea bass somewhere between Mizushiri and Susumi-hana. That was my plan for this morning. The strong and unseasonably chilly wind was blowing from the east, and the sea outside Susumi Bay was pretty rough, so I hoped baitfish took refuge inside the bay and the predatory sea bass were chasing them under sarashi (white churning water). I started from Mizushiri and slowly moved toward Susumi-hana while casting my favorite lures with greater caution. I had to be careful because the sporadic big waves wanted to catch me. 
(須々海湾に向かって執念深くルアーを投げ続け、水尻と須々海鼻の間のどこかでスズキを釣ろう。それが今朝の私の計画でした。季節はずれに冷たい強風が東から吹いており、須々海湾の外では、海がかなり荒れていました。ですので私は、ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)が湾の中に逃げ込み、肉食性のスズキがそれら小魚をサラシ(かき混ぜられた白い水)の下で追いかけているのではないかと思ったのです。私は水尻から釣り始め、お気に入りのルアーをいつも以上に注意深く投げながら、ゆっくりと須々海鼻へ向かっていきました。散発的にやって来る大きな波が私を捉えようとするので、私は警戒する必要がありました。)
Without any response from the fish, I finally reached Susumi-hana, the eastern end of Susumi Bay. It was when I was climbing up a big rock at Susumi-hana. I sensed a big wave coming toward me. My view was obstructed with the big rock, but I noticed the coming wave was a particularly big one. Instinctively I hunkered down behind the rock and successfully avoided a direct attack of the wave. However, the considerable part of the wave easily climbed over the rock and got me soaked to the skin. What a cold shower!
(魚からは何の反応もないまま、私はついに、須々海湾の東端に位置する須々海鼻に到達しました。須々海鼻で大きな岩をよじ登ろうとしていた時です。大きな波がやって来るのを感じました。私の視界は大きな岩のせいで塞がれていましたが、その波がとりわけ大きいものであることが分かりました。とっさに私は大岩の後ろにしゃがみこみ、波の直撃を避けました。しかし、波のかなりの部分は大岩をやすやすと乗り越え、私をずぶ濡れにしてしまったのです。なんて冷たいシャワーなのでしょう!)

28 Mar 2020

(No. 572) Cartoon Fish at Etomo Harbor (恵曇港にてマンガフィッシュ)





No coronavirus case has been confirmed yet in Shimane Prefecture, in which I have lived since my return to Japan in 2014, and its neighboring Tottori Prefecture. I don’t know why. Both the prefectures are among the least populated ones in Japan. Maybe that’s the reason why. Anyway, I went to Etomo Harbor this morning. Strangely, there were much fewer fishermen in the harbor today. In general, the wharf between the ice plant and Edabo is crowded with older fishermen lining up at some regular intervals, but it was completely vacant this morning. I got bored. So I tried to catch colorful cartoon fish swimming just below the surface of Shinsinbo, one of the breakwaters in the harbor.
(2014年に帰国してから私が住んでいる島根県と、そのお隣の鳥取県では、まだコロナウイルスの感染者が確認されていません。なぜだかは分かりません。両県とも、日本有数の過疎地です。もしかしたら、それが理由なのかもしれません。ともかく私は今朝、恵曇港へ行きました。奇妙なことに、今日はいつもよりも釣り人の数がずっと少ないのでした。いつもなら、製氷所から枝防の間の波止は、一定の間隔を空けて並ぶ年配の釣り人で満員なのですが、今朝は完全に無人でした。私は退屈しました。そこで、恵曇港の防波堤の一つ、新々防の表面直下を泳いでいる色鮮やかなマンガフィッシュを釣ろうと試みたのでした。)

26 Mar 2020

(No. 571) No Fish at Nagasaki-bana in Mitsu (御津の長崎鼻にて釣果なし)





I had not been to Nagasaki-bana in Mitsu since the summer of 2017. I don’t know why there had been such a long hiatus, given the fact that I have happy memories of the fishing spot. I had caught a nice Hong Kong grouper last time I had been there. In addition, I had often enjoyed nice chats with some professional fishermen around it. This morning I was back at Nagasaki-bana. Nothing seemed to have changed since the last time. The sea was pretty calm today, but the cold wind started blowing about 7 a.m. To my surprise, it became too cold rather shortly. I had to quit fishing before 8 a.m.
(2017年の夏を最後に、御津の長崎鼻には行っていませんでした。この釣り場には楽しい思い出があることを考えると、なぜこんなに長期間、足が遠のいていたのか分かりません。最後に行った時には良い型のキジハタが釣れました。さらには、この釣り場ではしばしば、漁師さんと楽しい会話もできたのです。今朝、私は長崎鼻に戻りました。前回から何も変わっていないようです。今日の海はかなり穏やかでしたが、午前7時頃から冷たい風が吹き始めました。驚いたことに、かなりすぐに、耐えられないほどの冷たさとなりました。私は午前8時前に納竿せざるを得ませんでした。)