About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jan 19, 2019

(No. 423) Poor Pufferfish and Use of Conventional Reel at Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の枝防にて可哀相なフグ、そして両軸リールの使用)




When I am casting and retrieving a lure at a breakwater, especially at a caisson breakwater with vertical sides, sometimes I feel like using a conventional or a baitcasting reel instead of a spinning reel. The fishing line runs under your rod when you use a spinning reel. You have to be careful not to let the line touch the edge of a caisson and be damaged. With a conventional or a baitcasting reel, the line runs above your rod, so you are free from the worry. First I used a spinning reel at Edabo this afternoon. After catching a poor pufferfish by snagging its side, I took out my PENN Leveline 350M, an old conventional reel that I recently bought. After casting and retrieving for a while, I thought I would use this old reel from time to time.
(防波堤から、とりわけ、側面が垂直であるケーソン式の防波堤から、ルアーを投げて引いていると、スピニングリールではなく両軸リールを使いたくなる時があります。スピニングリールを使っている時、釣り糸は、竿の下を通ります。そのため、ケーソンの角に釣り糸が触れて傷まないよう注意する必要があります。両軸リールであれば、釣り糸は竿の上を通るため、その心配はありません。今日の午後、枝防にいた私は、まずスピニングリールを使いました。針がその横腹に引っかかって、可哀相なフグが釣れてしまうと、私はPENNのレベライン350Mという、最近購入した古い両軸リールを取り出しました。しばらくキャストとリトリーブを繰り返した私は、これからもちょくちょくこの古いリールを使ってみようと思いました。)

Jan 12, 2019

(No. 422) No Fish in front of Ice Plant and at Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の製氷所前と枝防にて釣果なし)




The lower the temperature gets, the lazier I get as a fisherman. These days I don’t go to a rocky shore along the Shimane Peninsula. It must be chillier and it’s more difficult to catch a fish in the winter. So I often drive to Etomo Harbor and cast my favorite lures mainly toward the inside of the harbor. I did not catch any fish this morning as usual, but I talked to a young lure fisherman, a fisherman for octopuses, and one of several stray cats. All of them were very polite, and I got happy.
(気温が下がれば下がるほど、私は、より怠惰な釣り人となってしまいます。近頃の私は、島根半島の磯には行かないのです。そこはより寒いに違いなく、冬は、魚を釣るのがいっそう難しくなるからです。私は、しばしば恵曇港へ行き、主に、港の内側へ向けて、お気に入りのルアーを投げます。今朝も、いつもと同様、魚は釣れませんでしたが、私は、若いルアー釣り師、タコ狙いの釣り師、そして数匹の野良猫のうちの一匹と話しました。彼らはみな、非常に礼儀正しく、私は幸せになりました。)

Jan 7, 2019

(No. 421) No Fish in front of Ice Plant and at Edabo in Etomo Harbor and at Kurauchi Bay (恵曇港の製氷所前と枝防、そして倉内湾にて釣果なし)



This morning I drove to Etomo Harbor and arrived before daybreak. The sea looked a bit too calm for catching a Japanese sea bass or Japanese Spanish Mackerel. If you go to Etomo Harbor in the daytime, you probably see patient stray cats waiting for fishermen to give them small fish. This morning I did not see any cats. It might have been too early for the cats. I did not see any fish, either. So I drove to Kurauchi Bay, but nothing exciting happened there, either.
(今朝は恵曇港へ車を走らせ、夜明け前に到着しました。海は、スズキやサワラを釣るには少し穏やか過ぎるように見えました。もしも日中に恵曇港に行けば、釣り人が小魚を分けてくれるのを待つ辛抱強い野良猫たちの姿を、おそらく、目にすることでしょう。今朝は、野良猫たちの姿はありませんでした。猫たちにとっては朝が早すぎたのかもしれません。魚の姿もまた、ありませんでした。私は倉内湾へと車を走らせましたが、ワクワクするようなことは、そこでも起きませんでした。)

Jan 1, 2019

(No. 420) Japanese Spanish Mackerel between Ice Plant and Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の製氷所と枝防の間にてサワラ)




After finishing and uploading my annual New Year Rap, I drove to Kurauchi Bay although it was raining. Creating and playing a rap song is very fun, but making it public on the Internet is another story. It is stressful. So I needed to go fishing in order to relax. There was a nice patch of sarashi (churning white water) in Kurachi Bay. I felt I would catch a Japanese sea bass under the sarashi, but nothing happened. I gave up the spot at once and drove to Etomo Harbor. I arrived at the harbor shortly before sunset. I started the run-and-gun style fishing in front of ice plant. When I reached halfway between the ice plant and Edabo, I cast my Super Strike Zig Zag. A few minutes later I became a “fisherman” again. I mean, I was not a “non-fisherman” anymore. It was a beautiful Japanese Spanish Mackerel of 60 cm (24 in.) long. By the way, recently I knew there was at least one “non-fisherman” in this world except for me. Mr. T., I wish you good luck!
(毎年恒例の年賀ラップを完成させてアップロードした私は、雨が降っていたにもかかわらず、倉内湾へと車を飛ばしました。ラップソングを作ってプレーするのはとても楽しいのですが、それをネットで公開するとなると、また話は別なのです。ストレスが溜まってしまいます。なので私は、リラックスするために釣りをする必要がありました。倉内湾には良いサラシ(かき混ぜられた白い水)ができていました。私は、サラシの下でスズキが出るだろうと考えましたが、何も起きませんでした。その釣り場をすぐにあきらめた私は、恵曇港へ行きました。港に着いたのは、日没の少し前でした。私は製氷所前からラン&ガン方式の釣りを開始しました。製氷所と枝防の中間に到達した私は、スーパーストライク・ジグザグを投げました。そして数分後、私は“釣り師”に復帰していたのです。いやそのつまり、私は、もはや“無魚釣り師”ではなくなっていたのです。それは、体長60センチの美しいサワラでした。ところで、私は最近、私以外にも少なくとも一人、この世界には“無魚釣り師”が存在することを知ったのでした。Tさん、幸運を祈ります!)

Dec 27, 2018

(No. 419) Consecutively No Fish in front of Ice Plant and at Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の製氷所前と枝防にて引き続き釣果なし)



I have been to Etomo Harbor every day since the last post. A total of 3 attempts at catching a huge fluke at the bottom of the harbor resulted in two lost lures and no fish. The sea outside the harbor had been generally rough, and the strong wind had been blowing. So I expected I might catch a Japanese sea bass in addition to a fluke, but nothing happened not only at the bottom but also below the surface.
(前回の投稿以来、私は毎日、恵曇港へ行っています。港の底で巨大なヒラメを釣ろうと計3回、試みたわけですが、2つのルアーを失っただけで魚は何も釣れない、という結果になっています。港の外側の海はだいたい荒れており、そして、強風が吹いていました。ですので私は、ヒラメの他にスズキも釣れるかもしれないと思ったのですが、海底だけでなく、水面下においてもまた、何も起きませんでした。)

Dec 24, 2018

(No. 418) No Fish in front of Ice Plant and at Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の製氷所前と枝防にて釣果なし)




A few bait fishermen at Etomo Harbor have told me the story of a huge fluke that they hooked unintentionally. They said they were fishing for the Aji fish (Japanese horse mackerel) at the inside of the harbor, and a huge fluke occasionally bit the Aji that was just hooked and still in the water. I have been intrigued. I myself had seen a huge one about two years ago. So I took out a few of heavy spoons this morning and let the metal lure to sink to the bottom at the inside of the harbor. I remembered I had loved bottom fishing in New York. Over there I primarily used Tsunami Ball Jigs for flukes and sea robins. While American fishermen didn’t appreciate sea robins, we Japanese loved them. I have not done bottom fishing very much since I came home. I did not catch any bottom-dwelling fish this morning, but I felt like doing it more often than before.
(恵曇港のエサ釣り師数人から、意図せずして針にかかった巨大なヒラメの話を聞かされてきました。彼らが言うには、港の内側でアジを釣っていると、針にかかったばかりでまだ水中にいるアジを、時折、巨大なヒラメがかじるのだそうです。私は興味を引かれました。私自身、2年ほど前に、巨大なヒラメの姿を目撃したことがあります。そこで今日の私は、重たいスプーンをいくつか持ち出して、港の内側の海底まで沈めてみました。ニューヨークにいた時は、ボトム・フィッシングが好きだったことを思い出しました。あちらで私は、主にツナミのボールジグを使い、ヒラメやホウボウを釣っていました。アメリカの釣り人がホウボウを大事にしない一方で、我々日本人はホウボウが大好きでした。帰国以来、ボトム・フィッシングはあまりしていませんでした。今朝は底生魚を釣ることはできませんでしたが、これからはもっとちょくちょく底で釣ってみたいと思いました。)

Dec 22, 2018

(No. 417) Seaweed at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて海草)




I have been a “non-fisherman” for such a long time that I might have lost the ability to tell whether it is a fish or an inanimate object such as dead seaweed. I know I should not whine. I should be grateful to the seaweed. Thank you, my seaweed! You made me very happy when my lure got tangled up in you in the distance! My excitement lasted embarrassingly much longer than it should have lasted!
(“無魚釣り師”でいる期間があまりにも長くなったため、私はもしかすると、針にかかったのが魚なのか、それとも死んだ海草のような無生物であるのか、判別する能力を失ってしまったのかもしれません。泣き言を言うべきではないと承知しています。私は海草に感謝すべきなのです。ありがとう、僕の海草さん! 遠くのほうで僕のルアーが君にからんじゃった時、君は僕をすごく幸せにしてくれたよ! 僕の興奮は、常識的な線をはるかに超えて、恥ずかしくなるくらい長く、続いてしまったんだよ!)