About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

May 23, 2018

(No. 362) No Fish at Lake Shinji (宍道湖にて釣果なし)



It is already the end of May. The so-called “Konoshiro-pattern” along the shore of Lake Shinji may begin at any time now. It is a short period of time during which huge Japanese sea bass at the lake aggressively chase konosirus punctatus, a relatively bigger baitfish. My big American plugs become more effective during this period than during any others. Because it takes only a few minutes for me to walk from my place to the lake, I often get away from my job and go to the lake with a few plugs. It seems that the pattern has not yet started, but it soon begins for sure.
(既に5月下旬です。宍道湖沿岸でのいわゆる「コノシロ・パターン」は、もういつ始まってもおかしくありません。これは、宍道湖にいる巨大なスズキたちが、コノシロという、比較的大型のベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)を積極的に追いかけ回す短い期間を意味します。私が使うアメリカの大きなプラグが、この期間ほど活躍する時はありません。私の家から湖までは徒歩でほんの数分です。私はしばしば仕事の手を休め、2つ3つのプラグを持って湖に出かけます。今年はまだこのパターンは始まっていないようですが、もうじき始まることは確かです。)

May 16, 2018

(No. 361) Mission Accomplished: Scorpion Fish, Japanese Whiting, and Goby in Etomo Harbor (任務完了:恵曇港にてカサゴとキスとハゼ)



As I had mentioned on my previous posts, I took three lovely female friends of mine for their first lure fishing trip yesterday. We went to Etomo Harbor. The weather was fine, and the sea was calm in general. First they learned how to make a cast using a lure without hooks for safety reasons, and then they fished for the Japanese whiting using Japanese-made small biodegradable plastic worms. The fishing trip yesterday was probably successful because not only all of them managed to hook fish but also all of them got hooked more or less on fishing. I have been a great believer in so-called “beginner’s luck.” Yesterday was not exception. While all of the three beginners successfully caught fish under the great guidance of an experienced fisherman, which is me, I myself did not catch any fish. Or it might not have anything to do with luck. Fish might be more intelligent than we consider. They might understand that making a host happy is much less important than making his guests happy and that making his guests happy makes the host eventually happy, too. Nice job, fish!
(前々回からの投稿で触れていた通り、私は昨日、3人の素敵な女性たちを初めてのルアー釣りに案内したのでした。私たちは恵曇港へ行きました。晴天で、海は全般的に穏やかでした。まず彼女たちは、安全上の理由から針のないルアーを投げてキャスティングの練習をし、その後、日本製の小さな生分解性プラスチックワームを使ってキスを狙いました。昨日の釣行は、おそらく成功だったのだと思います。それは、彼女たち全員に魚が釣れたからというだけでなく、彼女たち全員が、多かれ少なかれ、釣りに夢中になったようだからです。私は、いわゆる「ビギナーズ・ラック」というものを強く信じています。昨日も例外ではありませんでした。経験を積んだ釣り人(つまり私)の見事な指導の下、3人の初心者たち全員に魚が釣れた一方で、この私自身には、何も釣れなかったからです。あるいは、それは幸運や不運とは、何も関係がないのかもしれません。魚類は、我々が思っている以上に、知的なのかもしれないのです。お客様をもてなす主人を幸せにすることよりも、主人がもてなすお客様を幸せにすることの方がずっと重要であり、お客様が幸せになることによって、最終的には主人も幸せになると理解しているのかもしれません。魚たちよ、よくやった!)

May 12, 2018

(No. 360) Japanese Whiting and Baby Scorpion Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にてキスと小さなカサゴ)






I confess I broke the rule. Finally I used a Japanese lure. Since my last post, I have been to Nanbo in Etomo Harbor three times. The breakwater is the primary destination to which I plan to take the friends of mine for their first lure fishing trip next week. I chiefly used the tuned-up Sea Striker Got-Cha plugs, but no big predatory fish seemed around along the shore and I did not catch any fish. Instead I saw a few bait fishermen catching the Japanese whiting. It is three lovely ladies that I am going to guide next week. Although I already implied them that you get skunked often when it comes to fishing, their expectations might have been raised. So I gave in to the temptation. I drove to a fishing tackle shop to buy a Japanese rig for the Japanese whiting with a pack of Japanese-made small biodegradable plastic worms. Wow! It was amazing how quickly I caught a Japanese whiting and a scorpion fish. If American lures fail next week, I will let my guests use it.
(規則を破ってしまったことを白状します。ついに私は日本のルアーを使ってしまったのです。前回の投稿以来、私は3回、恵曇港の南防へ行きました。この防波堤こそ、来週、初めてルアー釣りをする友人たちを案内するつもりの場所なのです。私は主に、チューンナップを施したシーストライカー・ガッチャプラグを使いました。しかし、大型の肉食魚は岸沿いにはいないようで、何も釣れません。代わりに私は、数人のエサ釣り師が、キスを釣っているのを目撃しました。来週、私が案内するのは3人の素敵な女性たちです。「魚釣りというものは、まったく魚が釣れないこともしばしばなのだよ」と私は既にほのめかしているのですが、彼女たちの期待は高まっているのかもしれません。なので、私は誘惑に屈してしまいました。釣具屋に行き、キス用の日本製仕掛けと、日本製の小さな生分解性プラスチックワームを買ってしまったのです。そしたらなんと! あまりにもあっさりとキスとカサゴが釣れてしまったので驚きです。来週、アメリカのルアーが役に立たなかったら、彼女たちにはこれを使ってもらいましょう。)

May 8, 2018

(No. 359) Preparing Deadly Lures for Upcoming Fishing Guide (来るべき釣り案内に備えて必殺ルアーの準備)



The so-called ‘Golden Week,’ a series of national holidays from April 29th to May 5th, was over. I spent most of the week on doing a time-consuming job of English translation. Because I could not go fishing, I got myself busy preparing some deadly lures at break. I am going to take a few of my good friends on a fishing trip next week. All of them are lovely ladies with almost no experience in lure fishing, and I am expected to be a fishing guide for them. Because I am obliged to use only American lures and I don’t even own any Japanese ones, the friends of mine also use only American lures. That might be their disadvantage (or advantage?). I would like them to catch fish regardless of its size or kind. So I took out the Sea Striker Got-Cha plugs and tuned them up during the week. In my opinion, the lures are one of the most productive, but they attract not only big fish but also rather small fish. That’s why I don’t use them very often. Now I hope the lures will get the ladies some fish. 
(いわゆる「ゴールデン・ウィーク」、つまり4月29日から5月5日まで続く一連の祭日は終わりました。私はそのほとんどを、英語の翻訳という、時間のかかる仕事をして過ごしました。釣りに行けなかった私は、仕事の手を休めている時、ある必殺ルアーの準備に忙しくしていました。数人の友人を来週、釣りに連れていくのです。友人は全員、素敵な女性なのですが、ルアー釣りの経験が皆無に等しいため、私が釣りガイドを務めることになりました。私はアメリカのルアーしか使うことが許されておらず、日本のルアーは所有さえしていないので、彼女たちもまたアメリカのルアーしか使えません。もしかすると、彼女たちには不利な状況かもしれません(それとも有利か?)。私は、種類や大きさにこだわらず、彼女たちに魚を釣ってもらいたいと思っています。そこで、シーストライカー・ガッチャプラグを持ち出してチューンナップしたのでした。私の意見では、これは最も効果的なルアーの一つなのですが、大きい魚だけでなく、かなり小さな魚までも釣れてしまいます。そのため、私はこのルアーをあまり使わないのです。でも今は、彼女たちに魚を釣らせてくれるよう祈っています。)

Apr 30, 2018

(No. 358) No Fish at Susumi-hana in Owashi (大芦の須々海鼻にて釣果なし)






Since I witnessed the huge boil three days ago I have been to Susumi-hana in Owashi every morning. I want to experience it again, but unfortunately the great natural phenomenon has not repeated itself again. I just saw an apparently much smaller boil in the far distance. This morning I wondered if the huge school of fish might be actually around but below the surface, and therefore there was no boil and the sea looked calm. So I kept retrieving shiny metal lures such as a Deadly Dick as fast as possible. Unfortunately nothing have been caught, but the situation and the method happily reminded me of how my fishing buddy and I had caught the false albacore in New York (How are you, Val?) .
(3日前に巨大なナブラを目撃して以来、私は毎朝、大芦の須々海鼻へ出かけています。もう一度、あれを体験してみたいのですが、あいにく、あの偉大な自然現象は再現されていません。おそらくずっと小さいナブラが、はるか遠くに見えただけです。今朝の私は、巨大な魚群は実は近くにいるのだけれども、水面下を泳いでいるためにナブラは発生せず、海は穏やかなのかもしれないと思いました。そこで、デッドリー・ディックのようなキラキラ光る金属のルアーを、可能な限り高速に引き続けたのです。あいにく何も釣れていないのですが、その状況と釣り方のおかげで、ニューヨークで釣り友達と一緒にスマガツオを釣った時のことを楽しく思い出したのでした(ヴァル、元気にしてるか?)。)

Apr 27, 2018

(No. 357) Young Japanese Amberjack at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にてワカナ)




I started fishing at Maruiwa in Owashi about 6:45 a.m. The sea was as calm as it had been last time. I did not see any baitfish along the shore, too. After trying all of my favorite lures in vain, I started eating a rice ball for breakfast. I was standing with my back to the very calm sea. It is not recommended for safety reasons. You should always face the sea in order to detect any danger as soon as possible, but today the sea was so calm that I was unconcerned. When I finished my first rice ball, I felt a faint touch of something happening behind.
(大芦の丸岩で釣り始めたのは午前6時45分頃でした。前回と同様、凪(なぎ)の海でした。岸沿いにベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿もありません。お気に入りのルアーを全部投げたものの不発に終わった私は、朝食のおにぎりを食べ始めました。私は、とても穏やかな海に背を向けて立っていました。安全性の観点から、これはおすすめできません。何らかの危険が生じた際にすぐに気づけるよう、常に海の方を向いておくべきなのです。しかし、今日の海はとても穏やかだったので、私は無頓着だったのでした。一個目のおにぎりを食べ終えた時、何かが起きているかすかな気配を背後に感じました。)
So I turned around. A huge boil was just in front of me! I got stunned. I had never seen such a huge boil so close to me. A lot of fish went on the rampage on the water. In a hurry I cast a lure toward the boil, but I could not retrieve it normally. The fish were so dense that, as soon as I jerked my rod, I hooked one of them. As I supposed, the hook was not set on the fish’s mouth but on the belly. It was young Japanese amberjack called Wakana in Japanese. The huge school was moving toward the east. When I remembered I wanted to take pictures of it, it was already very far. You can see the darker area on the water in the red circle of the second photo above. That was the huge boil.
(振り向いてみると、目の前に巨大なナブラが立っています! 私は唖然としました。こんなに大きなナブラが、こんなに近くで立っているのを見たことはありません。たくさんの魚が水面を暴れ回っています。私はあわててナブラに向けてルアーを投げましたが、まともに引くことはできませんでした。魚があまりにも密集しているので、ロッドをあおるやいなや、一匹かかってしまったのです。思った通り、フックは魚の口ではなく、腹にかかっていました。ワカナと呼ばれる若いブリでした。その巨大な魚群は、東に移動していきました。「そうだ写真を撮らねば」と気づいた時には、もうずいぶん遠くに行っていました。上の2つ目の写真の、赤丸で囲んであるところに、他より水面が黒くなっている部分が見えると思います。それが巨大なナブラです。)

Apr 21, 2018

(No. 356) No Fish at Susumi-hana in Owashi (大芦の須々海鼻にて釣果なし)



The sea was very calm, and the temperature already started rising when I arrived at Susumi Bay in Owashi about 6:30 a.m. All of famous fishing spots along the shore of Owashi seemed occupied by avid fishermen, but I found an opening in the parking space overlooking Susumi Bay. On my way to Susumi-hana, the eastern tip of the bay, I found a lot of reddish pink particles floating on the surfaces of some areas along the shore. Were they the coral’s eggs? Or red tide? The view somehow made me feel the warm fishing season had come at last, but the fish were not very active in general. I talked to a bait fisherman at Susumi-hana, and he told me he had caught only one squid. I kept casting some of my favorite pugs for one hour and a half. Unfortunately nothing happened, but I realized again how refreshing and exciting casting lures toward the vast ocean was!
(海は非常に穏やかであり、私が大芦の須々海湾に到着した午前6時30分にはもう、気温が上がり始めていました。大芦の海岸沿いにある有名な釣り場にはすべて、熱心な釣り人が既に入ってしまっているようでしたが、私は、須々海湾を見下ろす駐車スペースに空きがあるのを発見しました。湾の東端である須々海鼻へ向かう途中、赤みがかったピンクの粒が、岸沿いのいくつかの場所で、大量に水面に浮かんでいることに気づきました。サンゴの卵でしょうか? それとも赤潮? その風景を見て私は、暖かい釣りのシーズンがついに到来したのだとなぜだか感じましたが、魚の活性は総じて、それほど高くありませんでした。須々海鼻にいらした一人のエサ釣り師に話しかけると、その男性は、イカを一匹釣られたとのことでした。私は1時間30分ほど、お気に入りのプラグを投げ続けました。あいにく何も起きませんでしたが、広大な海に向かってルアーを投げるのは、なんと爽快で、そして刺激的なのだろうと改めて思いました。)