About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Dec 13, 2019

(No. 525) Unable to Go to Ketakake Peninsula and No Fish at Ushirodako (桁掛半島に行けず、後ろだこで釣果なし)





Recently I realized that I had not been to Ketakake Peninsula in Izumo City for more than two years. Two years! Indeed, time flies. Since I realized it I had been thirsty for visiting the peninsula, one of the most otherworldly places in Shimane Peninsula. Today finally I had a chance to do it. I woke up much earlier than usual and drove to Izumo City. It was before daybreak when I arrived at the parking space at the end of Uryu Harbor. No car was parked. As soon as I started walking on the path in the woods, I found a sign in front of me. It said, “DANGER. DO NOT ENTER.” Although I had heard it through the grapevine, it was still a slight shock to see the sign with my own eyes. Instead of Ketakake Peninsula, I went to Ushirodako, a much more accessible fishing spot around Uryu Harbor.
(もう2年以上も出雲市の桁掛半島へ行っていないことに、先日、気づきました。2年もです! まさに、光陰矢の如し。私はそれ以来、島根半島でもっとも現実離れしたあの場所を訪れたいという強い欲求を感じてきました。そして今日、ついにその機会が訪れました。いつもよりずっと早く起きた私は、出雲市へと車を走らせました。宇竜港の端にある駐車スペースに到着したのは、夜明け前でした。他に車はありません。林の中の小道を歩き始めると、目の前に標識があるのに気づきました。「危険。立入禁止」と書かれています。噂で聞いてはいたものの、自分の目で標識を見るのは、やはり少々、ショックでした。桁掛半島の代わりに、私は、宇竜港の近くにあり、ずっと簡単に行くことのできる、後ろだこという釣り場へ行きました。)
The swell around Ushirodako was stronger than I had expected, so I had to quit fishing shortly. When I returned to the parking space, there were four cars parked along with my car. I wondered whether they had gone to Ketakake Peninsula. Then, one local guy walked to me, and I started a nice and informative chat with him. According to him, the sign was put up because there were some fallen trees in the woods. “In spite of the fallen trees they still walk to the peninsula,” he said to me. “They believe the catch will be particularly good over there, but it is not different from other fishing spots.” I agreed to him. From my experience, the catch in Ketakake Peninsula was not special (probably because I am not very good at catching fish). However, I believe trekking to the peninsula is special. I miss it.
(後ろだこ周辺は、思っていたよりもうねりが強く、私はすぐに釣りをあきらめざるを得ませんでした。駐車スペースに戻ってみると、私の車以外に4台、車が駐められていました。この人たちは桁掛半島へ行ったのだろうか、と私は思いました。その時、地元の男性がこちらに歩いてこられました。私は彼と、楽しく、そして参考になるおしゃべりを始めました。この男性によると、標識が付けられたのは、林の中に倒木があるためだそうです。「あのさんやちゃ倒木をよけて行っちょられますが」と彼は言いました。「ここはよおけ釣れえと思っちょおなあけど、なんだい他の場所と変わりませんが」。私も同感です。私の経験では、桁掛半島の釣果に特別なものはありません(それは恐らく私が下手くそだから)。しかし、桁掛半島まで頑張って歩くことには、特別なものがあります。それができなくなり、残念です。)

Dec 10, 2019

(No. 524) Japanese Sea Bass at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にてスズキ)





This morning I could not stay long at a fishing spot due to my translation assignment scheduled for later in the morning. So I went to Maruiwa in Owashi. The access to Maruiwa is easier than that to other fishing spots such as Saruwatari in Nonami. The sea around Maruiwa was choppy, and there was a swell. Some birds were circling around above the sea. It was about 8 a.m. I felt a very strong strike on my Hopkins No=Eql. The strike was so strong that first I thought it was a big yellowtail amberjack, but once the fish got hooked it did not put up much resistance. Still, it was a beautiful Japanese sea bass of 65 cm (26 in.) long.
(午前中に通訳の仕事が入っているため、今朝は、釣り場に長居できなかったのでした。そこで私は大芦の丸岩へ行きました。丸岩へ行くのは、野波の猿渡など他の釣り場に行くよりも簡単なのです。丸岩の周囲の海は波立っていて、うねりがありました。海上を、鳥たちが旋回しています。それは午前8時頃のことでした。ホプキンスNo=Eqlを使っている時、非常に強いストライクがありました。そのストライクはとても強かったので、私は最初、大きなヒラマサかと思いましたが、いったん針にかかってしまうと、その魚はそれほど抵抗しませんでした。とはいえそれは、全長65センチの美しいスズキでした。)

Dec 9, 2019

(No. 523) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)




It might have been some big fish. This morning I started casting my lures from Saruwatari in Nonami about 7 a.m. About 1 hour later I suddenly noticed that a small area of the surface was strangely wavy. The shape of the surface of the area looked different from the surrounding area. Something big seemed slowly moving below the surface. It was within my casting distance, so I made casts toward the area. The phenomenon lasted a few minutes. I kept casting my lures for a while after the mysterious wave disappeared. I waited for the phenomenon or any other interesting actions to happen again for one hour and a half, but the calmness of the sea was not broken any more.
(それは何か大きな魚であったのかもしれません。今朝の私は、午前7時頃から、野波の猿渡でルアーを投げ始めました。約1時間後、海面の小さな一画が奇妙な具合に揺れていることに、私は突然、気づきました。その一画の水面の形状は、周囲の形状とは異なっているように見えました。水面下を何か大きなものがゆっくり動いているようです。ルアーが届く範囲にありましたので、その一画に向けて、私はルアーを投げました。その現象は、数分間、続きました。奇妙な波が消えてしまってからも、私はしばらくルアーを投げ続けました。その現象、あるいは何か他の面白い動きがまた起きるのではないかと、1時間半ほど待ちましたが、海の静けさが破られることは、もうありませんでした。)

Dec 7, 2019

(No. 522) No Fish at Naka-bana in Nonami (野波の中鼻にて釣果なし)




The weather forecast said that the height of waves would be 1.5 meters and there would be a swell this morning. So I decided to go to Naka-bana, not Saruwatari, in Nonami for safety’s sake. You have to jump over the narrow channel to reach Saruwatari, and a strong swell would make it dangerously difficult. The water around Naka-bana was nicely choppy this morning. I got a feeling that I would catch a strong amberjack or Japanese sea bass, but unfortunately nothing happened when I was there from 7 a.m. to 9 a.m. 
(天気予報によると、今朝の波の高さは1.5メートル、そして、うねりがあるとのことでした。私は安全策を取り、野波の猿渡ではなく、中鼻に行きました。猿渡へ行くためには狭い水道を飛び越える必要があるのですが、強いうねりがあると、それが危険なほど困難になるのです。中鼻の周囲の海は、良い感じで波立っていました。私は、力強い青物あるいはスズキが釣れるような気がしていたのですが、釣り場にいた午前7時から午前9時までの間、何も起きませんでした。)

Dec 3, 2019

(No. 521) Still No Fish at between Ice Plant and Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の製氷所と枝防の間にてやはり釣果なし)


As I reported earlier today, there was no boil in Etomo Harbor this morning. Mildly frustrated, I thought I might be able to see the boil in the afternoon because I had seen it yesterday afternoon. So this afternoon I went to Etomo Harbor again. A very strong wind was still blowing, and the sea outside the harbor remained rough. It was as cold as yesterday. I waited for the boil with perseverance, but the water inside the harbor remained quiet all along.
(本日既にお伝えした通り、今朝は恵曇港にナブラは立ちませんでした。少々欲求不満に陥った私は、ナブラは午後に立つのではないかと考えました。ナブラを見たのは昨日の午後だったからです。そこで今日の午後、私はまた恵曇港へ行ったのです。相変わらず強い風が吹いており、港の外の海は、荒れ続けていました。昨日と同様の寒さでした。私は不屈の忍耐でナブラを待ちましたが、港の内側の海はずっと静かなままでした。)

(No. 520) Consecutively No Fish at between Ice Plant and Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の製氷所と枝防の間にて引き続き釣果なし)



I came back to Etomo Harbor this early morning. The condition of the sea seemed to remain the same as it was yesterday afternoon. However, unlike yesterday, there was no boil between the ice plant and Edabo this morning. While walking around and casting my smaller lures, I fruitlessly waited for it to happen again for 2 hours from 7 a.m.
(今日は朝早く、恵曇港に舞い戻りました。海の状況は、昨日の午後と同じように思えました。しかし、昨日とは異なり、製氷所と枝防の間にナブラが立つことはありませんでした。より小さなルアーを移動しつつ投げながら、再びナブラが立つのを、午前7時からの2時間、その甲斐もなく待ち続けました。)

Dec 2, 2019

(No. 519) No Fish at between Ice Plant and Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の製氷所と枝防の間にて釣果なし)




This late afternoon I drove to Etomo Harbor. A very strong wind was blowing, and the sea outside the harbor was rough. So I thought I had a good chance to catch a Japanese sea bass inside the harbor. There were several bait fishermen around the ice plant when I arrived. They were catching small Aji fish (Japanese horse mackerel). My expectation got raised because some predatory fish, such as the Japanese sea bass or the Japanese Spanish mackerel, might be also inside the harbor to chase those Aji fish. Indeed, some predators must have been there because I saw boils inside the harbor. Unfortunately the size of my lures was way bigger than the size of those Aji fish
(今日の午後遅く、恵曇港に行きました。非常に強い風が吹いており、港の外の海は荒れていました。ですので私は、港の内側で、スズキが釣れるのではないかと考えたのです。到着した時、製氷所付近に数名のエサ釣り師の姿がありました。小さなアジを釣っておられます。私の期待は高まりました。なぜなら、そうしたアジを追って、スズキやサワラのような肉食魚も港内にいるのではないかと思ったからです。そして、肉食魚は確かにそこにいたに違いありません。なぜなら、港内でナブラが立ったからです。あいにく、私のルアーのサイズは、アジのサイズよりもずっと大きかったのでした。)