About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

2 Aug 2021

(No. 807) Death of Japanese Fire Belly Newt, No Fist at Kurauchi Bay, and No Fish at Senjojiki in Mitsu (アカハライモリの死、倉内湾にて釣果なし、そして御津の千畳敷にて釣果なし)





It might be too hot. It began with a dead dried body of Japanese fire belly newt. I found it on the bank along the shore of Lake Shinji yesterday morning. Then, I didn’t catch any fish at Kurauchi Bay in the afternoon but swam very much. Then, I didn’t catch any fish either but swam joyfully at Senjojiki in Mitsu this afternoon. I could have written three different posts based on those three different episodes, but now I am combining those into this one post. It has been too hot, and I became too lazy. 
(暑すぎるのかもしれません。それはアカハライモリの乾燥死体から始まったのでした。昨日の朝、宍道湖のほとりの土手で見つけたのです。そして午後、倉内湾において、魚は釣れませんでしたが、とてもよく泳ぎました。そして今日の午後、御津の千畳敷においても魚は釣れませんでしたが、楽しく泳ぎました。この3つのエピソードに基づいて3つの異なる記事を書くこともできたはずですが、今はそれを1つの記事にまとめています。あまりにも暑いので、怠け者になってしまったのです。)

31 Jul 2021

(No. 806) No Fish at Unchanged Safuki-bana in Nonami (変わっていなかった野波のサフキ鼻にて釣果なし)






After I put up a warning note about Saruwatari the other day, the object of my interest shifted from Saruwatari to Safuki-bana, another favorite fishing spot in Nonami. The route to Saruwatari had been destroyed probably by a landslide. I was concerned that Safuki-bana suffered a similar fate. Before I started climbing down the path toward Safuki-bana this morning, I placed a cup of coffee in front of a small jizo standing at the side of the parking space. A jizo is a stone statue in the form of a Buddhist monk, and you often see them by the roadside in Japan. The cup of coffee was my offering to the jizo, and I prayed for my safe return. Then, I started climbing down the path overgrown with weeds and full of cobwebs.
(先日、猿渡についての注意書きを貼って以来、私の関心の対象は、猿渡から、野波のもう一つの釣り場であるサフキ鼻へと移りました。猿渡へ行くためのルートは、おそらく土砂崩れのせいで、破壊されていました。私は、サフキ鼻も同じような運命をたどったのではないかと心配になったのです。私は今朝、サフキ鼻に向かう小道を下り始める前に、駐車場の脇に立つ小さなお地蔵さんの前に、一杯のコーヒーを置きました。お地蔵さんというのは、日本の道端でよく見かける、僧侶の形をした石像です。コーヒーは、私からお地蔵さんへのお供え物でした。どうか無事に帰ってこられますように、と私は祈りました。そして、雑草が生い茂って蜘蛛の巣だらけの小道を下り始めたのです。)
Although some soils were washed away at some points, I didn’t find anything unusual. To my surprise, not only the path in the woods but also the rocky shore was full of cobwebs. It seemed that no one had gone to Safuki-bana for some time. It was with maximum carefulness that I moved toward Safuki-bana. I was concerned that some rocks might have become fragile due to the heavy rains. Fortunately, I managed to reach Safuki-bana without a scratch. It seemed that anything had not changed. Saruwatari might have been gone as a fishing spot for me, but Safuki-bana was all right. I was glad.
(途中、土が流されている箇所がいくつかあったものの、特に変わったことはありませんでした。驚いたことに、林の中の小道だけでなく、磯もまた、蜘蛛の巣だらけでした。しばらく誰もサフキ鼻には行っていないようです。私は、最大限の注意を払いつつ、サフキ鼻に進んでいきました。大雨のせいで岩がもろくなっているのではないかと不安だったのです。幸いなことに、かすり傷ひとつなく、サフキ鼻にたどり着くことができました。何も変わっていないようでした。猿渡は私にとっての釣り場ではなくなってしまったのかもしれませんが、サフキ鼻は無事でした。嬉しく思いました。)

30 Jul 2021

(No. 805) Nomura’s Jellyfish at Kurauchi Bay (倉内湾にて野村さんのクラゲ)







“Echizen Kurage” is one of the largest jellyfish in the world, and I didn’t know that the English name of it is “Nomura’s Jellyfish” until I started writing this post. According to the Japanese Wikipedia, the jellyfish was named after Mr. Kanichi Nomura, who identified it in 1921 (centennial!). This afternoon I went to Kurauchi Bay. The purpose was not so much as fishing but swimming. However, I couldn't enjoy swimming very much. As soon as I started swimming, I found an Echizen Kurage gently floating (or swimming?) along the shore. It was not very big for Echizen Kurage but still more than 10 times larger than other common jellyfish. It was too eerie, and I got a bit too scared to stay long in the water comfortably.
(エチゼンクラゲは世界最大級のクラゲですが、私は、その英語名が「Nomura's Jellyfish」であるということを、この記事を書き始めるまで知りませんでした。日本語版ウィキペディアによると、この英語名は、1921年(100周年!)にこのクラゲを確認した野村貫一氏にちなんで付けられたのだそうです。今日の午後、私は倉内湾に行きました。その目的は、釣りというよりは、海水浴でした。しかし、あまり楽しく泳ぐことができなかったのです。泳ぎ始めてすぐに、エチゼンクラゲが岸辺に静かに浮かんでいる(泳いでいる?)のに気づいたのです。エチゼンクラゲにしてはそれほど大きいわけではありませんが、それでも他の一般的なクラゲの10倍以上の大きさです。あまりの不気味さに、ちょっと怖くなってしまい、ゆっくりと水に浸かってはいられませんでした。)

29 Jul 2021

(No. 804) No Fish at Kurauchi Bay (倉内湾にて釣果なし)





A certain portion of my job is translation at an international video conference although I am not a professionally trained interpreter. Due to time difference between Japan and other countries, some of the conferences tend to end late at night, such as 10 or 11 p.m. My brain remains excited even long after a conference is over. Sometimes I am not able to get to sleep for a few hours. That’s what happened yesterday. That's why I couldn’t wake up early enough today to start fishing in the early morning. It was about 11 a.m. that I left my place for Kurauchi Bay. First, I had to cut weeds along the path toward the fishing spot. It was almost at noon that I started throwing my lures. No baitfish was around, and no predatory fish responded to my lures, as I had anticipated. I quit fishing and started swimming around the fishing spot.
(専門的な訓練を受けた通訳者ではないのですが、私の仕事の一部は、国際ビデオ会議の通訳です。日本と海外の時差の関係で、会議の終了時間が夜10時や11時などの遅い時間になることもあります。会議が終わって長い時間がたった後でも、脳は興奮し続けています。時には数時間も眠れないこともあるのです。昨日もそうでした。そのため、今日は早く起きられず、早朝からの釣りができませんでした。私が自宅を出発して倉内湾に向かったのは午前11時頃でした。まず私は釣り場に至る小道の雑草を刈らねばなりませんでした。ルアーを投げ始めたのは正午近くでした。予想通り、ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)はいないし、捕食魚からの反応もありませんでした。私は釣りをやめて、釣り場の周囲を泳ぎました。)

25 Jul 2021

(No. 803) No Fish at Takasaki-bana in Mitsu (御津の高崎鼻にて釣果なし)






Although it was still early in the morning, the glaring sun made my body temperature hot very quickly. I felt I needed to cool my body down, but I held myself back from jumping in the sea as long as possible. Only when I could not bear the heat anymore did I jump into the sea. It was so refreshing, and the still cold water revived my body and spirit. Then I climbed up the rock again and resumed throwing my lures. Then the glaring sun made… I repeated it many times. Fish must have been watching the Olympics or Shohei Otani at home. The sea was completely empty. 
(早朝であるにも関わらず、ギラギラとした太陽のせいで、体温はあっという間に熱くなりました。体を冷やさねばならないと思いながらも、できるだけ海に飛び込むのを我慢しました。暑さにどうにも耐えられなくなった時のみ、海に飛び込みました。爽快感があり、いまだ冷たい水が、体と精神を蘇らせてくれました。そして私は再び岩に登り、ルアーを投げるのを再開しました。すると、ギラギラとした太陽のせいで、体温はあっ......という行為を何度も繰り返しました。魚たちはきっと自宅でオリンピックや大谷翔平選手を見ていたのでしょう。海は完全に空っぽでした。)

24 Jul 2021

(No. 802) Farewell to Saruwatari, My Favorite Fishing Spot (大好きな釣り場、猿渡よ、さらば)






Torrential rains caused floods and landslides in the Chugoku district about two weeks ago. I had since then avoided going to Saruwatri in Nonami. In order to reach Saruwatari, you have to walk through the woods. There is a brook along the path in the woods. I was afraid that a large amount of water had run through the brook and made the stable configuration of rocks along it unstable. So I had to be extremely careful this morning when I was climbing down the path toward Saruwatari. The extreme power of nature amazed me. Or I should say, the extreme nature of climate change terrified me. Some parts of the path were completely destroyed. Soils were washed away, and slippery rocks got exposed. Still, I managed to get down to a point where you can see the sea. However, I was not able to advance anymore.
(2週間ほど前、中国地方では、集中豪雨による洪水や土砂崩れが発生しました。私はそれ以来、野波の猿渡には行かないようにしていました。猿渡に行くには、林の中を歩かねばなりません。林中の小道に沿って、小川が流れています。私は、この小川に大量の水が流れ、小川沿いに並ぶ安定した岩々を不安定にしてしまったのではないかと恐れたのです。そのため今朝、猿渡に向かって小道を下っていく私は、細心の注意を払わねばなりませんでした。私は、自然の力の大きさに驚きました。というより、気候変動の激しさに恐怖を覚えた、と言うべきでしょうか。小道のいくつかの箇所は完全に破壊されていました。土壌が流され、滑りやすい岩が露出していました。それでも、私はなんとか海が見えるところまで降りていけました。しかし、それ以上進むことはできませんでした。)
I am not sure what had happened there. The big whitish tree was snapped and fallen. An enormous rock seemed to have slid over and blocked the path, completely changing the topography. I was not able to reach Saruwatari. Now you may have to climb down the almost vertical cliff in order to reach the fishing spot. Or you may have to use a boat to reach it, but I don't like very much to use a boat to reach any fishing spot. I was dumbfounded for a while. Then, I said farewell to Saruwatari, my favorite fishing spot that had allowed me to catch my first yellowtail amberjack since I returned from the U.S. I put up a warning note at the monument standing around the entrance to the woods leading to Saruwatari.
(そこで何が起きたのかはよく分かりません。白っぽい大木が折れて、倒れています。巨大な岩が移動して小道を塞ぎ、地形を一変させています。私は猿渡にたどり着くことができませんでした。今では、その釣り場に行くには、ほとんど垂直に近い崖を降りていかねばならないのかもしれません。あるいは船に乗って行かなければならないのかもしれませんが、私はどんな釣り場であれ、船を使って行くのはあまり好きではないのです。私はしばらくの間、呆然としていました。それから、猿渡に別れを告げました。さよなら猿渡、アメリカから帰国して最初のヒラマサを釣らせてくれた大好きな釣り場。私は、猿渡へと至る林の入り口に立つ記念碑に、注意書きを貼りました。)

21 Jul 2021

(No. 801) No Fish at Senjojiki in Mitsu (御津の千畳敷にて釣果なし)




The temperature remained so hot that I drove to Mitsu again this afternoon. I planned to fish and swim around Uomiyama, but I found a few schoolchildren swimming around the area when I arrived. I didn’t like to ruin their pleasure. So I drove to Senjojiki. Fortunately, there was no one at Senjojiki. I had the large area all to my self. Complete monopoly. I enjoyed swimming, and then tried to catch some fish. Unfortunately, the sea was as empty as Senjojiki.
(気温が高いままなので、今日の午後も御津まで行ってきました。魚見山周辺で釣りや水泳をするつもりでしたが、到着してみると小学生が数人泳いでいたのでした。彼らの楽しみの邪魔はしたくありませんでした。そこで私は千畳敷に向かったのです。幸いなことに、千畳敷には誰もいませんでした。広い場所がぜんぶ私のものです。完全な独占です。私は海水浴を楽しみ、その後、魚を釣ろうとしました。生憎なことに、海は、千畳敷と同じように空っぽでした。)