About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

19 Jan 2021

(No. 709) Casting Practice at Lake Shinji (宍道湖にてキャスティング練習)

When I primarily used a spinning reel, I didn’t feel I needed casting practice very much. On the other hand, I feel I need it now when I primarily use a conventional reel. It’s because not only all of my conventional reels don’t have any braking mechanisms, such as an installed magnet, but also I feel each of my conventional reels has its own casting characteristics. In other words, I feel each of them requires me to use an independently optimum casting motion in order to make full use of it. Probably that’s why I am able to enjoy casting practice with a conventional reel more than with a spinning reel. What I did this afternoon was just to walk to Lake Shinji and keep throwing one of my favorite lures to the empty water for several minutes, but what a fun it was!
(スピニングリールを主に使っていた時は、キャスティング練習が必要だとはあまり思いませんでした。それに対し、両軸リールを主に使っている今は、キャスティング練習が必要だと感じます。それはなぜかといえば、私が使う両軸リールにはマグネットのようなブレーキ機構が付いていないからだけではなく、それぞれの両軸リールにはそれぞれのキャスティング特性があると感じられるからです。言い換えれば、それぞれのリールを使いこなすためには、他とは異なる、そのリールのみに最適なキャスティング・モーションが必要であると感じられるのです。おそらくそのため、スピニングリールよりも両軸リールを使うキャスティング練習の方が、私には楽しいのでしょう。今日の午後、私はただ宍道湖まで歩き、何もいない空っぽの湖水を目がけて数分間、お気に入りのルアーを投げ続けたのでした。それなのに、なんて楽しかったことでしょう!)

17 Jan 2021

(No. 708) No Fish at Kurauchi Bay and Etomo Harbor (倉内湾と恵曇港にて釣果なし)


The weather had started deteriorating by this afternoon. When I arrived at Kurauchi Bay about 4 p.m., the waves were high enough to create nice sarashi (white churning water) along the shore. It looked as if something special could happen at any moment. I was fully prepared for a vicious strike from a big Japanese sea bass, but nothing happened. Then I went to Etomo Harbor and, while slowly walking to Sinsinbo, threw my lures toward the water between the ice plant and Edabo. Lastly I tried the tip of Sinsinbo, which is probably the most productive breakwater in the harbor. The sea was moderately choppy and looked promising, but still nothing happened.
(今日の午後までには、すでに天気は崩れ始めていました。午後4時頃に倉内湾に到着してみると、波は十分に高く、岸沿いに良いサラシ(かき混ぜられた白い水)ができていました。何か特別なことが今にも起きそうでした。大きなスズキの獰猛なストライクに対する備えは万全でしたが、何も起きませんでした。続いて恵曇港へ行き、新々防に向かってゆっくり歩きながら、製氷所と枝防の間の水域にルアーを投げました。最後に、おそらく港でいちばん魚が釣れる防波堤である新々防の先端を試しました。海は適度に波立ち、希望がもてそうでしたが、やはり何も起きませんでした。)

15 Jan 2021

(No. 707) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)



I just came back from Saruwatari. Checking my past posts, I realized I had not visited it since November 25th last year. I realized a few things had changed since my last visit. There was a big fallen tree on the path in the woods. Fortunately, It did not block the path. Some ropes along the path had been tightened up for some reason. I am not sure if it was a good idea or not. At some points I had to let the rope go because it was too tightened. Otherwise, everything remained the same. No baitfish. No response from predatory fish. Still, I was able to enjoy throwing my favorite lures to the ocean.
(猿渡から戻ってきたばかりです。過去の投稿を調べてみると、私は昨年の11月25日を最後に、猿渡には出かけていませんでした。最後に出かけた時から、いくつかの変化があったことに気づきました。林の中の小道に大きな倒木がありました。幸い、小道を塞いではいません。小道沿いのロープがいくつか、どういうわけか、ピンと引き締められていました。それが良い考えなのかどうか、私には分かりません。幾つかの個所で私は、あまりにきつく張られていたせいで、ロープを手放さねばならなかったのです。それ以外の点では、何もかも以前と同じでした。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿はありません。肉食魚からの反応はありません。それでも私は、大海原へ向けてお気に入りのルアーを投げるのを楽しむことができました。)

14 Jan 2021

(No. 706) No Fish at Maruiwa and Susumi-hana in Owashi (大芦の丸岩と須々海鼻にて釣果なし)


I tried Maruiwa and Susumi-hana this afternoon. The water around the fishing spots was moderately choppy, and the wind was not very strong. In addition, the temperature had risen considerably. So I was able to throw my lures comfortably. I did not see any baitfish at all, and nothing happened to my lures, but I enjoyed a lot. Not only casting my favorite lures toward the vast ocean but also chatting nicely with a fisherman at the parking space overlooking Susumi Bay gave me enough pleasure today.
(今日の午後は、丸岩と須々海鼻を試しました。釣り場周辺の海は適度に波立っており、風はそれほど強くありませんでした。加えて、気温がかなり上昇してもいました。ですので、私は快適にルアーを投げることができました。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)は全く見かけませんでしたし、私のルアーには何も起きませんでしたが、私は大いに楽しみました。大海原へ向けてお気に入りのルアーを投げることだけでなく、須々海湾を見下ろす駐車スペースで釣り人と楽しくおしゃべりできたことで、今日は十分に楽しかったのでした。)

13 Jan 2021

(No. 705) Attempt to Reach Shirataki-bana in Nonami (野波の白滝鼻へ行く試み)




In the “Sanin Fishing Spot Guidebook,” a very useful book published 8 years ago, the author said that Shirataki-bana in Nonami was a super difficult fishing spot to reach and the path toward it through the seaside woods had disappeared at the midpoint. However, one day about a year ago when I went to Saruwatari, which is about 400 meters to the east of Shirataki-bana, I saw someone fishing there. On the same day I found one car left at the parking space for the spot. So I concluded that it was possible to reach Shirataki-bana without using a boat. Today I attempted to reach it. As you might remember, I became almost lost in the same woods in the summer of 2019 when I intended to go to Naka-bana but couldn’t find the correct path (No. 479). At that time I was about to reach Shirataki-bana by accident, but weeds were so rampant that the path to it became invisible and I couldn’t take a risk. Compared to the summertime, the weeds must be less rampant at this time of the year. So I hoped I could find the path more easily this time.  
(『山陰の釣り場総覧』という、8年前に出版されたとても役に立つ本の中で、野波の白滝鼻は「超難関地磯」と位置づけられており、そこに至る海岸沿いの林の中の小道は、途中で「消滅していた」と書かれています。しかしながら、約1年前のある日、白滝鼻の東方約400メートルに位置する猿渡へ出かけた私は、誰かが白滝鼻で釣っているのを目撃したのです。同じ日、駐車スペースには1台の車が残されていたため、私は、渡船を使わずとも白滝鼻に行けるのだと結論づけました。そして今日、私は白滝鼻行きに挑戦しました。覚えていらっしゃるかもしれませんが、2019年の夏、中鼻に行こうとした私は、正しい小道を見つけることができず、同じ林の中で危うく遭難しそうになりました(No. 479)。あの時、私は図らずも白滝鼻に到達する直前だったのですが、雑草がはびこっていて小道が見えなかったため、その危険を冒すことが出来ませんでした。夏に比べると、今の時期は雑草もそんなに生えていないはずです。今回は、ずっと容易に小道が見つかるのではないか、と私は期待しました。)
As I had expected, weeds were not issues at all because most of them had withered. In addition, kind-hearted fishermen had attached red ribbons to some trees in order to indicate the correct path and yellow ropes in order to help a fisherman climb up and down steep slopes. I was able to reach Shirataki-bana this time, but I decided again not to do it. From a spot on the cliff overlooking Shirataki-bana, I noticed a fisherman standing there. I didn't think it was a good idea for me to keep climbing down the cliff and talk to him. Because there was no way he expected someone to appear from behind at a remote fishing spot such as Shirataki-bana. So I just took a picture of it quietly and turned back. On my way back to the parking space, I found a mysterious tree that looked as if it had developed a human face. Two years ago I compared my experience in the woods to the horrific event happened in The Evil Dead (No. 483). The human-faced tree reminded me again of the infamous 1981 American horror film.
(期待通り、雑草はほとんど枯れていて、まったく問題になりませんでした。加えて、どこかの親切な釣り人が木に赤いリボンを結わえて、小道が分かるようにしてくれていましたし、急な斜面には黄色いロープが結わえてあって、上り下りを容易にしてくれました。今回、白滝鼻に到達することは可能だったわけですが、しかし私は今回もまた、そうしないことにしました。崖の上から白滝鼻を見下ろしてみると、そこに立つ釣り人の姿があったのです。このまま崖を下っていって彼に話しかけるのが良い考えだとは思えませんでした。なぜなら、白滝鼻のような辺鄙な釣り場で、背後から誰か現れるかもしれないと、彼が思っているはずはなかったからです。私は写真を静かに撮ってから、引き返しました。駐車スペースへ戻る途中、不思議な木を見つけました。まるで人間の顔に見えるのです。2年前に私は、その林の中での自分の経験を、『死霊のはらわた』で起きた恐ろしい出来事と比較したのでした(No. 483)。その人面木は、あの悪名高き1981年の米国ホラー映画を、またもや思い出させてくれました。)

10 Jan 2021

(No. 704) Show Shoveling as Training for Fishing (釣りのためのトレーニングとしての雪かき)


Due to the heavy snowfall, I have not been able to go fishing for some time. I am not sure when to go fishing again, but I want to stay fit. You have to be in good shape if you want to go to any rocky shore of the Shimane Peninsula. If you are not, you might not be able to come back safely. That’s how tough the rocky-shore fishing could be. So I cannot stay indoors too long even with the snowfall. If I did, I might be out of shape. This early morning I walked out with a large shovel on my shoulder. I walked around in my neighborhood and removed snow from here and there. I know which houses and small stores are without male help. Before they woke up or started their businesses, I removed snow from around their entrances. Because of this snow-shoveling training, I remain fit for fishing.
(大量の積雪のせいで、しばらく釣りに行くことができません。次、いつ行けるかも分からないのですが、体調は維持しておきたいと思います。島根半島の磯に行きたいのであれば、体調が良くないといけません。もしも体調が悪かったら、無事に帰ってこられないかもしれないのです。磯釣りというのは、それほど過酷になり得るのです。ですので私は、大雪だからといって、屋内でじっとしているわけにはいきません。じっとしていたら、体調を維持できないかもしれないからです。今朝早く、私は大きなシャベルをかついで、外に出ました。近隣を歩き回り、そこここで雪かきをしたのです。どのお宅あるいはお店に男手がないか、私は知っています。彼女らが起きてくる前に、あるいは商売を始める前に、私は入り口周囲の雪をかいておきました。この雪かきトレーニングのおかげで、私の体調は万全、いつでも釣りに行けるのです。)

5 Jan 2021

(No. 703) No Fish at Safuki-bana in Nonami (野波のサフキ鼻にて釣果なし)



The anticipated cold wave might not arrive at least until tomorrow. So I decided to try Safuki-bana again this morning. To be exact, I decided to try again the nearby, much safer rock that I had tried yesterday. I had not wanted to reach Safuki-bana yesterday due to the strong swell. According to the weather forecast, the waves would be a bit higher this morning than yesterday, so I believed there would be no way for me to feel like reaching Safuki-bana this morning. However, when I reached the nearby rock, I noticed the swell was not stronger than yesterday.
(到来が予測される寒波ですが、少なくとも明日までは来ないようです。そこで私は今朝、あらためてサフキ鼻を試すことにしました。正確に言えば、昨日試した、その近くのずっと安全な磯を、あらためて試すことにしたのです。昨日は、うねりが強く、サフキ鼻まで行こうという気は起きなかったのでした。天気予報によると、今朝は昨日よりも波が少し高くなるとのことだったので、まさか今朝、自分がサフキ鼻へ行きたくなるだろうとは思えませんでした。しかし、近くの磯に到着してみると、うねりが昨日ほどは強くないことに気づきました。)
I got tempted to try Safuki-bana. While throwing lures from the nearby rock, I spent enough time in examining the frequency and strength of the swell. Because no fish had responded to my lures, I decided to try Safuki-bana. There was a treacherous point where I had to jump without hesitation at a rugged cliff as soon as the swell temporarily receded. I thrillingly did it and managed to reach Safuki-bana safely. I felt I would surely catch a nice fish because I overcame the hardship in order to reach Safuki-bana. Unfortunately, my great conquest did not have anything to do with my ability of catching fish.
(私はサフキ鼻を試したいという誘惑に駆られました。近くの磯からルアーを投げながら、十分な時間をかけて、うねりの頻度と強さを検討しました。ルアーに何の反応もなかったので、サフキ鼻に行くことに決めました。うねりが一時的に引くと同時に、ゴツゴツした崖に躊躇することなく飛びつかねばならない、危険な地点がありました。私はドキドキしながらそれをやり遂げ、なんとか無事にサフキ鼻に到着しました。サフキ鼻に到着するための困難を克服したので、きっと良い魚が釣れるに違いないと感じられました。しかしあいにく、困難の偉大な克服と、魚を釣る能力の間には、なんの関係もなかったのでした。)