About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

30 Sep 2019

(No. 493) Big Mahi-mahi at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて大きなシイラ)





First of all, I would like to thank a person or people who cut all the weeds along the path to Saruwatari. I don’t know whether the person or people are fishermen or just local residents. What they did was a total annihilation of weeds. I also had cut the weeds before, but their job was much more thorough. Thanks to the effort, today I reached Saruwatari more conveniently and safely than before. The sea was very calm this morning. The water was clear and there was almost no current. I became kind of pessimistic about the possibility of catching any big fish.
(まず最初に、猿渡に至る小道沿いの雑草を全て刈ってくださったお方、あるいは皆様に感謝したいと思います。そのお方、あるいは皆様が、釣り人であるのか、あるいは地元の住民であるのかは分かりません。彼らがやったのは雑草の完全な殲滅でした。私も以前に草刈りをしたことはありますが、彼らの仕事の方がはるかに徹底的です。そのご努力のおかげで、以前よりもずっと安易かつ安全に、猿渡へと行くことができました。今朝の海はとても穏やかでした。水は透明で、潮もほとんど流れていないようです。大型魚が釣れる可能性について、私はなんだか悲観的になってしまいました。)
At 7:45 a.m. when I was retrieving the Tady 45, a type of lure called “surface iron,” I felt something. It was not strong. So I even wondered if it was a floating seaweed, but it jumped out of the water and shook its head in order to be free. Still I did not think it was a big fish. I thought it might be a medium-sized Japanese sea bass because I reeled it in without much resistance. Only when the fish came very near to me did I recognize it was a big mahi-mahi, and when I recognized the type and size of the fish, the fish realized something, too. It started running toward the ocean. It was so strong. The drag of my reel started screeching. I just pulled through its tenacious fight. Several minutes later I successfully landed the fish. It was a mahi-mahi of 100 cm (39 in.) long. As a token of my gratitude to the people and the fish, I dived into the still warm sea and danced in the water.
(「水面の鉄」と呼ばれるタイプのルアーであるテイディー45を引いていた午前7時45分、何かを感じました。強烈なものではありませんでした。浮遊している海草だろうかと思ったほどです。しかしそれは水面から躍り上がると首を振り、自由になろうとしました。この時点でもまだ、私は大型魚だとは考えていませんでした。大した抵抗もなくリールを巻くことができたので、中型のスズキではないかと思ったのです。私のすぐそばに魚が来て初めて、それが大きなシイラであることが分かりました。私が魚種とサイズを認識したその時、魚もまた、何かを悟りました。魚は大海めがけ、走り始めたのです。強い引きです。リールのドラグが金切り声を上げ始めました。私はただ、魚の粘り強いファイトを耐えました。そして数分後、無事に釣り上げることができたのです。全長100センチのシイラでした。草刈りをしてくださった皆様への、そしてこの魚への感謝の印として、私は、まだ温かい海に飛び込み、水中で踊りました。)

28 Sep 2019

(No. 492) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)




Because I am a freelance translator and not a nine-to-fiver, I get sometimes financially unstable but can go fishing on weekdays. I assume that most of other fishermen are not like me. They must have a job with regular daytime hours. Which means, they can go fishing only on weekends. That’s why I don’t like to occupy a famous fishing spot such as Saruwatari on weekends. I would like other fishermen to get the enjoyment, too. So this morning I left my place intentionally later than yesterday. If any avid fisherman wanted to go to Saruwatari, I would find his or her car left at the parking space and would be happy to give up the fishing spot. No car was found when I arrived. I walked down to Saruwatari and found the sea was calmer than yesterday. I kept casting my favorite lures for 30 minutes until the rain started falling. No fish responded to my topwater lures this morning. The weather app on my phone said that a thunderstorm might come shortly. Safety always comes first. I left the spot.
(私はフリーランスの翻訳者であり、定時勤務の勤め人ではないため、経済的には時々不安定になるものの、平日に釣りに行くことができます。他の釣り人の皆さんは、私のようではないと思います。他の皆さんは、定時に出勤する仕事に就かれているのです。つまり、週末にしか釣りに行けないのだと思います。ですので私は、猿渡のような有名な釣り場を週末に専有することを好みません。他の皆さんにも、釣りを楽しんでもらいたいのです。そこで今朝は、昨日よりも意図的に遅く、家を出ました。もしも熱心な釣り人が猿渡に行くつもりであれば、駐車スペースには車が駐められているはずであり、その場合は、喜んであきらめるつもりでした。到着してみると、車はありませんでした。猿渡まで歩いていった私は、昨日よりも海が穏やかであることに気づきました。お気に入りのルアーを投げ続けて30分ほどたった時、雨が降り始めました。今朝は、私のトップウォーター・ルアーへの反応はありませんでした。携帯の天気アプリによると、すぐに雷雨になるとのことでした。常に安全第一です。私は釣り場を離れました。)

27 Sep 2019

(No. 491) A Few Thrilling Strikes at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にてスリル満点のストライクがいくつか)







Unlike the last time, I successfully started fishing at 6 a.m. this morning. In other words, I did not oversleep today. Although the sea was much calmer today compared to the last time, I felt stronger resistance when retrieving a lure. There seemed a current running in the water. At 6:30 a.m. when I was retrieving my Super Strike Zig Zag just below the surface, there was a short but sharp bite. Unfortunately for me but fortunately for the fish, it was not hooked. At 7:10 a.m. when I was popping my Super Strike Little Neck Popper on the surface, there was a splashing strike just behind the lure. The fish was not hooked. At 7:45 a.m. when I was retrieving my Roberts Ranger on the surface, there was a larger splashing strike just behind the lure. Once again, the fish was not hooked. I did not see those fish clearly, but my guess is that they were amberjacks.
(前回と異なり、今朝は午前6時から釣り始めることに成功しました。つまり、今日は寝過ごさなかったのです。今日の海は前回と比べてずっと穏やかでした。しかしルアーを引いてみると、ずっと強い抵抗が感じられました。潮が動いているようです。午前6時半、水面直下でスーパーストライク・ジグザグを引いている時、短いけれども鋭いバイトがありました。私にとってはあいにくなことに、魚にとっては幸いなことに、魚は針にかかりませんでした。午前7時10分、スーパーストライク・リトルネックポッパーを水面でポンポン言わせていると、飛沫の上がるストライクがルアーのすぐ後ろで起きました。魚は針にかかりません。午前7時45分、ロバーツ・レンジャーを水面で引いていると、飛沫の上がる、より大きなストライクがルアーのすぐ後ろで起きました。またもや、魚は針にかかりません。それらの魚の姿をはっきり見たわけではないのですが、青物だったのではないかと思います。)

25 Sep 2019

(No. 490) Japanese Spanish Mackerel at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にてサワラ)





I wanted to start fishing at 6 a.m. this morning, but I couldn’t. I overslept. It was already 7 a.m. when I arrived at the parkings space for Saruwatari in Nonami. I had to push my way through a lot of spiderwebs hanging over the path in the woods. The spiderwebs were large and thick. No one had used the path for some time. I started casting my favorite lures toward the ocean about 7:30 a.m. The winds were not very strong, and there was a light swell. For me, the autumn is the best season for catching the yellowtail amberjack. Actually I have not caught the fish in other seasons since I came back to Japan. 
(今朝は午前6時から釣り始めたかったのですが、そうすることが出来ませんでした。寝過ごしてしまったのです。野波の猿渡へ行くための駐車スペースに到着した時は、既に午前7時になっていました。林の中の小道に覆いかぶさるたくさんの蜘蛛の巣を押し分けて進む必要がありました。大きくて厚い蜘蛛の巣でした。しばらくの間、誰もこの小道を歩いていないのです。お気に入りのルアーを大海めがけて投げ始めたのは午前7時半頃でした。風はあまり強くなく、軽いうねりがありました。私にとって、ヒラマサを釣るためのベストシーズンが秋なのです。というか、帰国以来、それ以外の季節にヒラマサを釣ったことはありません。)
I tenaciously cast some of my bigger lures for a big yellowtail amberjack. About 8:30 a.m. I saw a silver flash of something running just below the blue surface. I wondered it might have been a predatory fish. Then, when I was retrieving the Tady 45, a type of lure called “surface iron,” some slender fish attacked the lure. First I thought it was a needlefish, but actually it was a Japanese Spanish mackerel of 70 cm (28 in.) long. Later I gave the fish to B-Bridge, a restaurant in my neighborhood. The chef told me that he would cook the fish for today’s pasta. If you want to try the fish, you should hurry up to B-Bridge (10 Higashichamachi, Matsue).
(私は、大型のヒラマサを釣るための大型のルアーを辛抱強く投げました。午前8時半、青い水面直下を銀のきらめきが走るのが見えました。肉食魚だったのかもしれない、と私は思いました。そして、「水面の鉄」と呼ばれるタイプのルアーであるテイディー45を引いている時、細長い魚がルアーを襲ったのです。最初はダツかと思ったその魚は、70センチのサワラでした。私はその魚を、近所のレストランB-Bridgeに贈呈しました。そこのシェフが言うには、本日のパスタ用にサワラを使うとのことでした。もしもこのサワラを食べてみたかったら、B-Bridgeまでお急ぎください(松江市東茶町10)。)

21 Sep 2019

(No. 489) Fluke at Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の枝防にてヒラメ)





Another typhoon was coming, and the weather forecast said that the waves were 2.5 meters high this afternoon. So I expected the water in Kurauchi Bay to be choppy enough for my lures to draw a strike from the Japanese sea bass, but the reality fell short of my expectation again. The water in Kurauchi Bay was very calm. After making only a few casts, I gave up the bay. I drove to Etomo Harbor. I did not think I would catch any fish there. I just wanted to enjoy casting my favorite lures.
(また台風が近づいており、そして天気予報によると、今日の午後の波の高さは2.5メートルということでした。そこで私は、倉内湾の内側は波立っていて、スズキが私のルアーを襲うのではないかと期待したのです。しかし、実際の状況は、今日もまた、私の期待にそむくものでした。倉内湾は非常に穏やかだったのです。わずか数キャストだけして、湾をあきらめました。私は恵曇港へと向かいました。そこで何か魚が釣れるとは思っていませんでした。私はただ、お気に入りのルアーを投げることを楽しみたかったのです。)
There was one lure fisherman at the tip of Edabo, one of the breakwaters in the harbor. Seeing my Northbar Bottledarter plug, he said to me, “Are you trying to catch a bluefin tuna?” He seemed surprised at the size of it. He kindly told me that all he had caught were small Japanese Spanish mackerels. I switched the big plug to the Gator Casting Spoon because there was no response to the plug. At the first cast of the spoon, I felt a sharp bite at the bottom. I successfully landed the fish. It was a beautiful fluke of 45 cm (18 in.) long.
(恵曇港の防波堤の一つ、枝防に一人のルアー釣り師の姿がありました。私のノースバー・ボトルダーター・プラグを見て、その男性は言いました。「マグロでも釣るの?」。その男性はプラグの大きさに驚いたようです。彼は親切にも、釣れるのはサゴシ(若いサワラ)だけだと教えてくれました。その大きなプラグに何も反応がなかったので、私はルアーをゲーター・キャスティング・スプーンに換えました。そのスプーンの第一投目、鋭いバイトが海底で感じられました。首尾良く釣り上げることのできたその魚は、全長45センチの美しいヒラメでした。)

20 Sep 2019

(No. 488) Chance Meeting at Susumi-hana in Owashi (大芦の須々海鼻にて偶然の出会い)




The weather forecast said that the waves were 2.5 meters high this afternoon. So, until I arrived at the parking space overlooking Susumi Bay at 3 p.m., I believed that I would see the choppy sea. Actually, the sea was very calm. I walked down to Susumi-hana, the eastern tip of the bay, and found the water around the tip was calm enough for me to swim in it. So I swam after I made several casts from Susumi-hana. The water was not only calm but also clear. I had hoped that the Japanese sea bass would attack one of my lures under sarashi (white churning water), but there was no sarashi around the fishing spot. While I kept casting my lures in vain, I found one fisherman walking toward to me. He asked me if I had caught any fish and then called my name. To my surprise, he was the reader of this blog who had e-mailed me just before I got almost lost in the woods in Nonami 13 days ago. We enjoyed a nice chat for a while. Sometimes a chance meeting of this kind is more precious than catching a fish.
(天気予報によると今日の午後の波の高さは2.5メートルということでした。ですので、須々海湾を見下ろす駐車スペースに午後3時に到着するまでの私は、きっと海は波立っているだろうと考えていました。しかし実際には、海はとても穏やかだったのです。湾の東端である須々海鼻へと歩いていった私は、その周囲の海が泳げるほどに穏やかであることに気づきました。私は、須々海鼻から数キャストした後、泳ぎました。海は、穏やかなだけでなく、澄んでもいました。サラシ(かき混ぜられた白い水)の下でスズキが私のルアーを襲うのではないかと期待していましたが、釣り場の周囲にサラシはありません。成果のないままルアーを投げ続けていると、一人の釣り人が私の方へと歩いてくるのでした。その男性は、私に魚が釣れたかどうか尋ねると、私の名前を呼びました。驚いたことに、その男性はこのブログの読者であり、13日前、野波の山中で危うく遭難しかける前の私に、メールを送ってくださった方でした。私たちはしばらくおしゃべりを楽しみました。こういう偶然の出会いは、時に、魚が釣れること以上に貴重です。)

16 Sep 2019

(No. 487) No Fish at between Mizushiri and Susumi-hana in Owashi (大芦の水尻と須々海鼻の間にて釣果なし)



This afternoon I went to Susumi Bay in Owashi. The weather forecast had said that the waves would be 2 meters high today. Indeed, the sea was considerably choppy when I arrived. There was a fisherman standing at Mizushiri. So I passed by Mizushiri and cast my lures from spots between Mizushiri and Susumi-hana. Big waves washed the shore intermittently and then created nice patches of sarashi (white churning water). It looked to me as if the Japanese sea bass could attack one of my lures at any moment. I was waiting for a vicious strike all along, but unfortunately nothing happened.
(今日の午後は大芦の須々海湾へ行きました。天気予報では今日の波の高さは2メートルとのことでした。到着してみると、たしかに海は、かなり波立っていました。水尻に立つ釣り人の姿がありました。そこで私は水尻を通り過ぎ、水尻と須々海鼻の間でルアーを投げました。大きな波が断続的に岸に打ち寄せ、格好のサラシ(かき混ぜられた白い水)を作ります。今にもスズキが私のルアーを襲うように思えました。私は激しいストライクをずっと待ち構えていましたが、残念ながら何も起きませんでした。)

14 Sep 2019

(No. 486) Casting Performance at Lake Shinji (宍道湖にてキャスティング演技)




After I became free from a self-imposed obligation this late afternoon, I walked to Lake Shinji with two of my favorite American lures, Roberts Ranger and Lemire’s Plugworks’ Sea Fly. I did not expect to catch fish at all. I just wanted to cast those lures only for refreshing myself. Because my sole purpose was just enjoying casting lures, I used the PENN Squidder reel. This conventional reel may not be best suited for lure fishing because the gear ratio is just 3.3:1, which is much slower compared to most reels currently on the market. However, the enjoyment you can obtain from casting a lure successfully with the reel is almost second to none. When I was casting the Sea Fly, the movement of it on the surface attracted attention from one family that were strolling along the shore of the lake. I enjoyed giving a casting performance for them, too.
(今日の午後遅く、自ら課した義務から解放された私は、お気に入りのアメリカのルアー2つ、つまり、ロバーツ・レンジャーとレミレズ・プラグワークスのシーフライを持って、宍道湖まで歩きました。魚が釣れることは全く期待していませんでした。私はただ、ルアーを投げて気分転換をしたかったのです。ルアーを投げて楽しむことだけが目的だったので、リールはPENNのスクイダーを使いました。この両軸リールは、ルアー釣りに最適というわけではありません。ギア比はわずか3.3:1であり、現在市場に出回っているリールの多くと比べて、ずっと遅いのです。しかし、このリールでルアーを首尾よく投げた時に得られる楽しさは、ほとんど何にも代えられません。私がシーフライを投げている時、水面でのその動きが、湖岸を散歩中であったご家族の関心を引きました。私は、彼らのためにキャスティング演技を披露することも楽しみました。)

13 Sep 2019

(No. 485) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)




This morning I focused my mind on my fishing more than usual. The weather forecast had rightly said that the waves would be about 2 meters high, and that’s why swimming around Maruiwa in Owashi was never an option. All I could do this morning was to keep casting my favorite lures toward the vast ocean while keeping a careful watch on sporadic strong swells. The lures I had taken out this morning were for big yellowtail amberjacks. I hoped that big ones were swimming along the shore and would come across one of my lures sooner or later. Although I did not lose the hope to the end, there was no response from fish.
(今朝は、いつも以上に、気持ちを釣りに集中させました。波の高さが約2メートルになるだろうという天気予報が当たったので、大芦の丸岩周辺で泳ぐという選択肢はあり得なかったからです。今朝、私に出来たのは、時々やって来る強いうねりを警戒しながら、広大な海に向かってお気に入りのルアーを投げ続けることだけでした。今朝持ち出したルアーは、大型のヒラマサを釣るためのものでした。大型魚が沿岸を泳いでいて、遅かれ早かれ、私のルアーに出会えばいいのに、と私は願いました。その希望を最後まで持ち続けたものの、魚からの反応はありませんでした。)

9 Sep 2019

(No. 484) No Fish at Susumi-hana in Owashi (大芦の須々海鼻にて釣果なし)




I decided to put off taking my revenge on the evil woods which you have to enter in order to reach Naka-bana in Nonami. Now the weeds are rampant, and they are a big disadvantage to me. I have to wait for the troublesome weeds to die. Then, I might explore for the right path leading to Naka-bana. I might also want to search for the lost rucksack. Anyway, I decided to forget my revenge and rucksack for some time, and this morning I fished at Susumi-hana in Owashi. Although no fish attacked my lures, I was in high spirits all the time.
(野波の中鼻へ行くために入らねばならない邪悪な林へのリベンジは、延期することに決めました。今は雑草が生い茂っているため、私には大変不利な状況なのです。厄介な雑草が枯れるまで待たねばなりません。そうすれば、中鼻へと続く正しい道を探すことができるでしょう。もしかしたら私は、なくしたリュックサックも探したいと思うかもしれません。ともかく、リベンジのこととリュックサックのことは、しばらく忘れることにし、今朝は、大芦の須々海鼻で釣りました。私のルアーを襲う魚はいませんでしたが、私は終始、晴れ晴れとした気分でした。)

7 Sep 2019

(No. 483) Failed Revenge and Almost Lost Again at Naka-bana in Nonami (野波の中鼻にてリベンジ失敗、またもや危うく遭難)




I hope you remember that 6 days ago I failed to reach Naka-bana in Nonami, a fishing spot to the west of Saruwatari, and ended up almost lost in the woods. This morning I stepped into the woods again. Why? I wanted to take my revenge. It was 6:15 a.m. and it was shortly after I received an e-mail from an unfamiliar sender. The woods reminded me of the evil woods in the Evil Dead, an infamous 1981 American horror film, but I managed to avoid falling into the trap at the treacherous fork. Unlike the last time, I did not take the wrong path leading to Shirataki, a much farther fishing spot to the west of Naka-bana. This time I certainly took the right path to Naka-bana.
(皆さんは覚えてらっしゃるでしょうか。6日前、猿渡の西にある釣り場、野波の中鼻に到達することのできなかった私が、危うく林の中で遭難しかけてしまったことを。今朝、私は再び、その林の中へ入っていきました。なぜかって? リベンジがしたかったからです。その時、時刻は午前6時15分、馴染みのない人物から一通のメールが届いた直後のことでした。その林は、悪名高き1981年の米国ホラー映画『死霊のはらわた』に出てくる邪悪な林を思い起こさせましたが、私はなんとか、厄介な分岐点の罠に落ちないですみました。前回とは異なり、中鼻の西方、はるか遠くにある別の釣り場、白滝へと続く道を、私は選ばなかったのです。今回は確実に、中鼻へと至る道を私は選んだのでした。)
However, about 25 minutes later, I somehow reached the same dead end that I had reached 6 days ago. Although my head was filled with a lot of question marks, I did not give up easily. I tenaciously looked for the right path and thought I finally found it, but that path just led to another dead end. It might not have been a dead end at all, but it was so overgrown with weeds that I could not take a chance. I was standing at a scary point on a cliff where I saw the sea below. I was so exhausted that I gave up fishing and decided to turn back. I had to take a few breaks on my way back. At one of the breaks I laid myself down around the bottom of a tree on a steep slope. I was so tired that I could not put down my rucksack carefully.
(しかし、約25分後、どういうわけか私は、6日前と同じ行き止まりに到達してしまったのです。頭の中がクエスチョン・マークで一杯になりましたが、私は簡単にはあきらめませんでした。辛抱強く正しい道を探し求め、私はついにそれを見つけたと思いました。しかしその道もまた、別の行き止まりに続いているだけでした。あるいはそれは、行き止まりではなかったのかもしれません。しかしひどく雑草に覆われていたため、一か八か進んでいくことは出来ませんでした。私は、海を見下ろす恐い崖の上に立っていたのです。疲労困憊していたので、もう釣りはあきらめ、引き返すことにしました。引き返す途中、数回の休憩を取る必要がありました。ある休憩の際には、険しい斜面に立つ木の根元に体を横たえました。とても疲れていたので、リュックサックを注意深く下ろすことができませんでした。)
The rucksack slid down the slope and was gone. The slope was so slippery and dangerous that I decided not to chase the rucksack but to concentrate on recovery from exhaustion. Lying on my back, I took out my iPhone 4S from my pocket and read the e-mail I had received shortly before I had stepped into the woods. It was from one of readers of this blog. I felt it had been sent to me as a heartfelt encouragement. While reading the e-mail, I sensed the tough spirit of Bruce Campbell (Ash in the Evil Dead) coming back to me. I composed a reply to the e-mail. Then, I gave a cry and stood up. I resumed climbing up the slope toward the parking space. It was about 7:45 a.m. when I reached my car. I realized that I had no choice but to leave a big piece of garbage (my rucksack) in the woods today. So I declared to myself. From now on I would double my effort to clean up fishing spots.
(リュックサックは斜面を転がり落ち、見えなくなりました。その斜面はとても滑りやすく危険だったので、私はリュックサックを追うのを断念し、疲労回復に努めました。仰向けに寝て、ポケットからiPhone 4Sを取り出し、林の中へ入っていく直前に受信したメールを読みました。それは、このブログの読者からのメールでした。そのメールは、心のこもった励ましとして送られてきたものだと私には思えました。メールを読みながら、ブルース・キャンベル(『死霊のはらわた』のアッシュ)のタフな精神が蘇ってくるのが感じられました。私は返信を書きました。そして一声叫んで、立ち上がりました。駐車スペースを目指して、私は再び、斜面を登り始めました。車に戻ったのは午前7時45分頃でした。私は今日、大きなゴミ(リュックサック)を林の中に残していかざるを得ませんでした。そこで私は、自分に宣言したのです。釣り場で拾うゴミの量を、これからは2倍にしよう、と。)

6 Sep 2019

(No. 482) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)



The water around Maruiwa was as quiet this morning as it was 3 days ago. It was as if everything around the fishing spot had not changed at all for the last 3 days except that there were fewer small fish this morning. I might have felt a bit more alone than I did 3 days ago.
(今朝の丸岩周辺の海は、3日前と同じように静かでした。まるでこの3日間、釣り場の周囲にある全てのものが全く変化していないかのようでした。ただ小魚の数のみ、今朝の方が少なかったのでした。一人っきりでいるという感覚が、3日前よりも、少しだけ強まったかもしれません。)

5 Sep 2019

(No. 481) Missed Baby Barracuda at Ikesu in Etomo (恵曇の生須にて小さなカマスを逃す)





This morning I took one of my friends to Ikesu in Etomo. I believe Ikesu is one of the most gorgeous fishing spots along the shore of Shimane Peninsula. However, the access to it is getting difficult gradually due to the reason I mentioned on a few of my previous posts (No. 430 and No. 469). That’s why I would like to introduce as many friends of mine as possible to fishing and swimming at Ikesu before the path to it gets closed or too dangerous to take. The friend of mine alternately fished and swam this morning. He seemed to hook one baby barracuda on the Crippled Herring. Unfortunately the fish came off very shortly, but I was glad that he had a good time at Ikesu.
(今朝は、友人の一人を恵曇の生須に案内しました。生須は、島根半島の沿岸にある釣り場の中でも有数の美しさをもつ釣り場だと思います。しかし、以前のいくつかの投稿で触れた理由のせいでNo. 430No. 469、釣り場までのアクセスは徐々に悪くなっています。そのため私は、釣り場への道が閉ざされたり、危険になり過ぎて通行不可になってしまう前に、なるべく多くの友人を、生須での釣りや水泳に案内したいと思っているのです。今朝、私の友人は、釣りと水泳を交互に行いました。そしてどうやら、クリップルド・ヘリングを使って小さなカマスをかけたようです。あいにく、その魚はすぐにバレてしまいましたが、彼が生須で楽しい時を過ごせたので、私は嬉しく思いました。)

3 Sep 2019

(No. 480) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)





Probably this is the calmest and quietest sea I have seen since I came back to Japan in 2014. That’s how I felt this morning at Maruiwa in Owashi. The water was super clear, and the current was not moving at all. Some objects, such as seaweeds, floated on the surface and did not move an inch. Two types of small fish, one is brown and the other is bright blue, swam peacefully around the fishing spot. I was absorbed in taking pictures of them more than casting lures toward the unresponsive sea.
(2014年に帰国して以来、おそらくいちばん穏やかで、静かな海だな。今朝、大芦の丸岩で、私はそのように感じました。海水の透明度は最高、そして潮は全く動いていません。海藻などの物体が水面に浮かび、微動だにしません。茶色と鮮やかな青色の2種類の小魚が、釣り場の周囲を穏やかに泳いでいます。私は、反応のない海に向かってルアーを投げることよりも、小魚の写真を撮ることに夢中になりました。)

1 Sep 2019

(No. 479) Almost Lost in Woods and No Fish at Sakitaka-hana in Sanami (危うく林で遭難、そして佐波の先高鼻にて釣果なし)





This morning I woke up one hour earlier than yesterday. I wanted to reach a fishing spot before dawn and start fishing at daybreak. Originally I wanted to go to Maruiwa in Owashi, but there was a car already left at the parking space for the fishing spot. So I drove to Saruwatari in Nonami instead. On my way to it, I found one small black animal sniffing around at one point of the dark shoulder on Cherry Road. My car did not scare away the animal. It was such a cute baby boar. Although I was tempted to get out of my car and take a picture of it, I did not stop. I just passed by it. The mother boar hiding somewhere in the woods might have dashed to me in order to protect the baby.
(今朝は、昨日よりも1時間早く起きました。私は、夜明け前に釣り場に到着し、夜明けとともに釣り始めたかったのです。最初は大芦の丸岩に行くつもりでしたが、その駐車スペースには既に1台、車が駐められていました。私は代わりに、野波の猿渡へ行くことにしました。そこへ向かう途中、チェリーロードの暗い路肩で、匂いをくんくん嗅いでいる小さな黒い動物を見つけました。その動物は私の車を怖がりませんでした。それは、とても可愛いウリ坊でした。車から出て写真を撮りたいという誘惑に駆られましたが、私は停車せず、通り過ぎました。ウリ坊のお母さんが、どこかに隠れていて、我が子を守るため突進してくるかもしれないのです。)
Unfortunately, there was another car already left at the parking space for Saruwatari too. I decided to try Naka-bana, the neighboring fishing spot of Saruwatari. Although Naka-bana is pretty close to Saruwatari, you have to take a different route from the shared parking space in order to get to Naka-bana. I had been to Naka-bana just once, about 8 months ago, but I was optimistic that I would not get off the right track in the woods and could easily reach Naka-bana. I was wrong. Shortly after I stepped into the woods, I took a wrong path. Thanks to the very useful “Sanin Fishing Spot Guidebook,” now I know that the path I took at the first fork was not for Naka-bana but for Shirataki, a much farther fishing spot to the west of Naka-bana. I followed old red ribbons tied to trees at some key locations in the woods. Thanks to the ribbons serving as breadcrumb trails in the woods, I managed to reach the point where I could not advance anymore. The path was closed as described in the guidebook. I finally realized that I had taken the wrong path. I had to turn back. I had to go back to the fork at which I took the path to Shirataki by mistake.
(あいにく、猿渡へ行くための駐車スペースにも、既に1台の車がありました。私は猿渡の隣にある釣り場、中鼻を試すことにしました。中鼻は猿渡にとても近い釣り場なのですが、そこへ行くためには、共有の駐車スペースから、猿渡へのルートとは別のルートを取る必要があります。中鼻には、8カ月ほど前に1回、行ったことがあるだけでした。しかし私は楽観的で、林の中で道に迷ったりはしないし、問題なく中鼻にたどり着けるはずだと考えていました。私は誤っていました。林の中に入ってすぐ、間違った道へと進んでいったのですから。とても役に立つ『山陰の釣り場総覧』によると、最初の分岐点で私が選んでしまったのは、中鼻への道ではなく、中鼻の西方、はるか遠くにある別の釣り場、白滝へと続く道でした。林の中の要所要所の木にくくりつけられている古びた紅リボンに従って、私は進みました。進行方向を示す目印であるリボンに助けられ、これ以上は前進のできない地点まで進むことができました。『山陰の釣り場総覧』に書かれている通り、道はそこで途絶えていました。そこでやっと私は、自分が進んできたのは間違った道だと気づいたのです。引き返さねばなりませんでした。白滝への道を誤って選んでしまった分岐点まで、戻る必要がありました。)
25 minutes had already passed since I left the parking space. I was getting exhausted, but I did not allow the exhaustion to take over my body. It was as if the tough spirit of Nate Diaz had gotten into me. Surviving a few minor crises, I finally reached the fork and took the right path leading to Naka-bana. I believed that I would reach the fishing spot shortly. I planned to swim first in order to refresh myself before casting any lures. At the same time I noticed that I had not heard the sound of the sea for a while. “Am I supposed to get closer to the sea?” That was my thought immediately before the original parking space unexpectedly and suddenly appeared in front of me. I had believed I was inching toward the destination, but actually I was moving back to the starting point. I was so exhausted that I had to give up walking down to Naka-bana. Instead, I drove to Sanami Harbor in order to try Sakitaka-hana. I managed to reach the fishing spot this time, but no fish attacked my lures.
(駐車スペースを出発してから既に25分が経過していました。私はクタクタになりつつありましたが、疲労によって体がコントロールされてしまうのを許しませんでした。ネイト・ディアズのタフな精神が私に宿ったかのようでした。私はいくつかの小さな危機を乗り越え、ついに分岐点まで戻り、中鼻へと続く正しい道を選びました。釣り場にはじきに着くだろうと私は信じていました。着いたらまず泳いで元気を取り戻し、それからルアーを投げようと考えていました。同時に私は、しばらく前から潮騒が聞こえなくなっていることに気づきました。「海に近づいているはずなのだが?」。私がそう思ったのは、意外にも突然、元の駐車スペースが目の前に現れる直前のことでした。目的地に向かって進んでいると信じていた私でしたが、実際には出発地に後戻りしていたのです。疲れ果ててしまったので、中鼻へ行くのは断念せざるを得ませんでした。代わりに私は、先高鼻で釣るため、車で佐波港へと向かいました。今度は無事に釣り場に到達できたものの、私のルアーを襲う魚はいませんでした。)