About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

31 Aug 2018

(No. 385) My Favorite Lures I Intend to Use for Yellowtail Amberjacks in this Autumn Season (この秋にヒラマサを釣るために投げるつもりのお気に入りのルアーたち)

 


Checking my fishing record, namely this blog, I realized it was within a month from the beginning of September last year that I had caught, or I had seen others catch, yellowtail amberjacks intensively. It is almost September now, and I am already excited and looking forward to throwing a big lure for the coveted fish. However, due to my unfortunate work schedule and a series of unexpected incidents in my life, I have not been able to go fishing for some time. I may be able to go the day after tomorrow, but I am not very sure. So I consoled myself today with checking my favorite lures that I intend to use in this autumn season. Hopefully I would like to catch the fish on a lure that has not been successful so far.
(私の釣り記録、つまりこのブログを調べてみると、昨年、私が集中的にヒラマサを釣ったのは、あるいは釣り人がヒラマサを釣るのを目撃したのは、9月の初めからの一ヶ月間でした。もうほとんど9月になっているわけですから、私は既に興奮し、あの垂涎の魚を釣るために大きなルアーを投げるの楽しみにしているのです。しかしながら、不運な仕事のスケジュールと、予期せぬ出来事が重なったせいで、しばらく釣りに行くことができませんでした。明後日は行けるかもしれませんが、確かではありません。そこで今日の私は、この秋のシーズンに使う予定のお気に入りのルアーを点検することで自分を慰めました。できれば私は、これまで釣果の上がっていないルアーで釣りたいと思います。)

22 Aug 2018

(No. 384) Fun Swimming but No Fish at between Uomiyama and Akaiwa in Mitsu (御津の魚見山から赤岩の間にて釣果なしも楽しい水泳)




This morning I introduced one of my friends to the wonderful world of swimming at the rocky shore of Shimane Peninsula. He had moved to Matsue City a few years ago and had already enjoyed the wonderful but apparently less exciting swimming at a shallow sandy beach of the peninsula. The depth of water at the rocky shore is much greater than that at a sandy beach in general, and that’s why the swimming at the rocky shore can be sometimes much more dangerous while it can be more exciting for some people. Giving necessary safety tips to him, I also enjoyed swimming at the very calm sea between Uomiyama and Akaiwa in Mitsu. We did some fishing too, but it was already after 8 a.m. and no fish got interested in our lures.
(今朝は、友人の一人を、島根半島の磯における、素晴らしき海水浴の世界に案内しました。数年前に松江市に引っ越してきた彼は、島根半島の浅い砂浜における、素晴らしいのだけれども、どうやらやや刺激には欠ける海水浴なら、既に楽しんでいました。一般的に磯は、砂浜よりもずっと水深があるため、磯における水泳は、ある種の人々にとってより刺激的なものになる一方で、時にはずっと危険なものともなってしまいます。必要な安全の心得を彼に伝えつつ、私もまた、御津の魚見山から赤岩の間、非常に穏やかな海での水泳を楽しみました。我々は釣りもしましたが、すでに午前8時を過ぎており、ルアーに興味を示す魚はいませんでした。)

16 Aug 2018

(No. 383) Do Not Leave Packages (パッケージを捨てないで)



This is the second post today. It does not mean that I went fishing again after finishing the previous post. As I mentioned many times on this blog, Lake Shinji is only several minutes away from my place on foot. Almost everyday I enjoy walking on the bank along the shore (These days I also take some practice for the moonwalk on the bank, but that’s another story). When walking on the bank this afternoon, I found some packages left at the shore. They were for fishing tackle such as lures and a leader line. I had seen some fishermen casting lures from the shore for Japanese sea bass, and the packages must have been abandoned by them. Please don’t throw away packages. Lake Shinji is not a pond in your private garden.
(今日2度目の投稿です。とはいえ、最初の投稿を終えた後、また釣りに行ったわけではありません。このブログで何度も触れているように、我が家から宍道湖までは、徒歩数分の距離です。ほとんど毎日、私は湖岸の土手を歩くのを楽しんでいます(最近は土手でムーンウォークの練習もしているのですが、それはまた別の話)。今日の午後、土手を歩いていると、湖岸にいくつかのパッケージが残されているのに気づきました。ルアーやリーダーといった釣り道具のパッケージでした。スズキを狙って湖岸からルアーを投げる釣り人を何人か目撃していたのですが、パッケージは彼らが残していったのに違いありません。頼むからパッケージを捨てないでね。宍道湖は、君らの家の庭にある池じゃないんだから。)

(No. 382) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)




I am apt to take out only a limited number of lures that I feel like using on a day, regardless of objective probability of catching fish on the lures. I went to Maruiwa in Owashi this morning, and my arsenal consisted of only 3 lures as shown in one of the above photos. If you take out a lure that has already proven to be productive or a lure whose fish-catching ability you feel confident about, you may end up relying on it almost exclusively. Today’s 3 American lures have not been productive so far in Japan, and that’s why I took them out to catch amberjacks. I am not very sure if all of them are truly effective in catching fish in Japan, but I am happy just using them.
(私は、そのルアーで魚が釣れる客観的な可能性についてはあまり考えず、その日、自分が使いたいと思う、限られた数のルアーだけを持ち出しがちです。今朝は、大芦の丸岩に行きましたが、私が携えていたルアーは、上の写真の一つが示す通り、わずか3つだけでした。すでに釣果を上げているルアー、あるいは、魚を釣る能力について信頼を寄せているルアーを持ち出した時、そのルアーだけを使ってしまうことになりかねません。今日持ち出した3つのアメリカ製ルアーについては、これまでのところ、まだ日本での釣果は上がっていません。だからこそ私は、青物を釣るためにそれらを持ち出したわけです。これらのルアーのすべてが日本の魚を釣るのに真に有効かどうか、強い確信があるわけではありませんが、使っているだけで楽しいのです。)

14 Aug 2018

(No. 381) Consecutively No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて引き続き釣果なし)




I took out some of my smallest lures this morning. As I reported on my previous blog, there were plenty of baby amberjacks swimming around Saruwatari yesterday, and they loved chasing my glittering silver spoon. The spoon attracted bunch of them, but it seemed too big to be attacked by those smaller fish. That’s why I took out much smaller lures today. The smallest one is just 6.5 cm (2.6 in.) long. I was confident of catching some of the fish today. I started casting those lures about 6 a.m. with eager anticipation and finished it at 8:30 a.m. with great disappointment. The condition of the sea around the fishing spot looked the same as yesterday, but, alas, none of those small amberjacks appeared and chased any of today’s lures. The fish seemed to be much more intelligent than I thought. Anyway, I am never good at using smaller lures. I will return to the wonderful world of my huge plugs.
(今朝は、私が持っているルアーの中でも、最小のものをいくつか持ち出しました。前回の投稿でお伝えした通り、昨日の猿渡周辺には、青物の赤ちゃんがたくさん泳いでいて、キラキラ輝く銀色のスプーンを追いかけるのが大好きだったのです。多くの魚を引き寄せたスプーンでしたが、どうやら、小さな魚たちが襲いかかるには大き過ぎるようでした。そのため今日は、ずっと小さいルアーを持ち出したのです。いちばん小さいのは、わずか6.5センチの大きさです。私は自信満々、今日は絶対に魚が釣れるだろうと思っていました。期待に胸を膨らませ、そういうルアーたちを午前6時頃から投げ始めた私は、非常にがっかりしながら、8時30分に納竿しました。釣り場周辺の海の状況は昨日と変わらないように見えましたが、しかし、なんたることか、小さな青物たちはまったく姿を現さず、今日のルアーを追いかけることはなかったのです。青物たちは、私が考えていたよりもずっと賢いようです。いずれにせよ私は、小さいルアーを使うのが得意なわけではありません。巨大なプラグの素晴らしき世界に戻ることにいたしましょう。)

13 Aug 2018

(No. 380) No Fish at Saruwatari in Nonami (野波の猿渡にて釣果なし)





I feel like I am back in top form. This morning I drove to Nonami before dawn for catching some amberjacks at Saruwatari. Then, I climbed down through the bushy path to the beautiful fishing spot, and I did not pant at all. I didn’t either even when I was climbing up through the path on my way back after I cast 4 of my favorite lures in vain for more than 2 hours altogether. Only some baby amberjacks (probably greater amberjacks) got interested in my Crippled Alewive spoon and kept chasing it. The lure is about 25 cm (10 in.) long with a yellow feather, and those lively fish looked as big as the lure. It seemed as if they had just enjoyed catching up and swimming together with the glittering unidentified swimming object.
(体調が回復し、絶好調になった気がします。今朝は、猿渡で青物を釣るために、夜が明ける前、野波へと車を走らせました。そして、その美しい釣り場へと向かうため、やぶが茂った小道を歩き下ったのですが、その時、ハアハア息が切れたりはしませんでした。4つのお気に入りルアーを、釣果がないまま合計2時間以上も投げ続けた後、帰りの小道を登っている時ですら、私の息は切れませんでした。数匹の青物の赤ちゃん(おそらくカンパチの幼魚のアカヒラ)だけが、クリップルド・エールワイブ・スプーンに興味を示し、ルアーを追いかけ続けました。そのルアーの長さは、黄色いフェザーを含めると25センチほどであり、元気よく泳ぐその青物たちの大きさと変わらないように見えました。魚たちは、キラキラ輝く未確認遊泳物体に追いついて一緒に泳ぐのを、ただ楽しんでいるかのようでした。)

10 Aug 2018

(No. 379) Casting Practice at Lake Shinji (宍道湖にてキャスティング練習)


Dreaming of going fishing to a rocky shore of the Sea of Japan, I worked hard for polishing one of my English translations last weekend. The deadline for the job was 9 a.m. on Monday this week, and I managed to meet it and became officially free. I should have been able to go fishing triumphantly, but I caught a nasty summer cold and started coughing badly. I couldn’t go fishing for some time. This afternoon I started feeling my strength back at last, so I walked to the lake to do some casting practice. Throwing a favorite lure toward the vast water must have accelerated my recovery.
(日本海に面したどこかの磯に釣りに行くことを夢見ながら、先週末の私は、英訳の文章を磨いて完成度を高める作業に取り組んでいました。その仕事の締切は今週月曜日の午前9時だったのですが、私は何とか間に合わせることができたので、晴れて自由の身となりました。これで意気揚々と釣りに出かけられるはずだったものの、タチの悪い夏風邪を引いてしまい、ひどく咳き込むようになってしまったのです。しばらくの間、釣りはおあずけでした。ついに今日の午後、体力回復の気配が感じられたので、私は宍道湖まで歩き、キャスティング練習をしました。広大な水面に向けてお気に入りのルアーを投げることで、回復も早まったに違いありません。)