About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

9 Apr 2020

(No. 577) Casting Practice or No Fish at Lake Shinji (宍道湖にてキャスティング練習あるいは釣果なし)



As I had expected, I became swamped with my translation assignments and some neighborhood duties. I have not been able to do serious fishing, which means going fishing to any rocky shore of the Shimane Peninsula facing the Sea of Japan in my case. Instead, I walk to Lake Shinji almost every day as a break from work. I am always with one of Roberts Lures. Today I cast the Roberts Bounder (1.75 oz.), the lightest among my Roberts topwater plugs. Although I had not expected to catch any Japanese sea bass and I didn’t today, I cannot rule out the likelihood of my catching one soon. I saw a few bait fishermen along the shore. Their presence indicated that the fish were already, or would be shortly, around.
(予測していた通り、翻訳の仕事と町内会の責務で多忙になってしまいました。本格的な釣り、つまり私の場合は、日本海に面する島根半島の磯に釣りに行けなくなっています。代わりに私は、ほとんど毎日、仕事の合間に宍道湖まで歩きます。私はいつもロバーツのルアーと一緒です。今日は、ロバーツのバウンダー(1.75 oz.)という、私が所有するロバーツのトップウォーター・プラグの中では最軽量のものを投げました。スズキが釣れることは期待していませんでしたし、実際に今日は釣れませんでしたが、そのうち釣れる可能性が皆無であるとは言えません。湖岸に数人のエサ釣り師の姿があったからです。彼らがいるということは、スズキが既にそこにいるか、あるいはそのうちやって来る、ということを意味するのです。)

No comments:

Post a comment