About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Mar 4, 2017

(No. 253) No Fish around Ohbira and Ji-no-kujira in Ketakake Peninsula (桁掛半島の「大びら」及び「地の鯨」周辺にて釣果なし)





It was such a beautiful day today. Finally the spring seemed to have come. Shun-san, a fishing buddy of mine and a reliable source of information, commented on my previous post to inform there was no baitfish along the shore of Hirata. So it was unlikely that I would catch fish today, but the wonderful weather enticed me to go for a long drive to Uryu Harbor to get to the Ketakake Peninsula. I left my car at the harbor and started trekking up and down through the mountain. About 30 minutes later, I reached Ohbira, one of the fishing spots in the peninsula. Whenever I visit the peninsula, the sight awes me. Unfortunately the sea was too calm today, and indeed there was no baitfish. After making several casts at Ohbira in vain, I walked to Ji-no-kujira, but the result remained the same. I did not catch fish today, but the trekking to the peninsula and being part of the gorgeous sight was truly rewarding as usual.
(今日はとても良い天気でした。どうやら、ついに春が来たようです。釣り友達の一人であり、信頼に足る情報源でもあるShunさんが、前回の投稿にコメントしてくださったのですが、それによると、平田の海岸にはベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿がないそうです。つまり今日、私に魚が釣れる可能性は低いわけですが、素晴らしい天気に誘われた私は、宇竜港まで長いドライブをし、桁掛半島へ向かいました。港で車を降りると、山道の登り降りの開始です。約30分後、半島内の釣り場の一つである「大びら」に到着しました。この半島に来るといつも、その風景に畏敬の念を抱きます。あいにく今日の海は穏やか過ぎましたし、ベイトフィッシュの姿も確かにありませんでした。「大びら」で成果なく数キャストした私は、「地の鯨」へ移動しましたが、釣果に変化はありません。魚は釣れない日でしたが、半島までの山道を歩き、その豪快な風景の一部となるだけで、いつもと同様、本当に報われた気分になるのです。)

No comments: