About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Mar 12, 2017

(No. 256) Japanese Spanish Mackerel at Ohyokote next to Ketakake Peninsula (桁掛半島の隣にある大横手にてサワラ)






When I walked in the woods on my way to the Ketakake Peninsula early in the morning, I changed my mind and decided to try Ohyokote for the first time. Ohyokote is a fishing spot that is farther than the peninsula. As is often the case with me, I got lost in the woods almost immediately after I took the path to Ohyokote. After wasting 20 minutes, I managed to get to the vacant spot. I started casting my lures about 8:30 a.m., but there was no baitfish around and the stagnant water was even calmer than yesterday. Brown seaweeds floated without moving an inch. A balmy spring sun soon made me sleepy, and the quietness of the sea made me take a nap. I woke up at 11:30 a.m. to find the seaweeds were completely gone and a small school of baitfish was swimming along the shore. With my second or third cast of a Deadly Dick, I saw a silvery fish ferociously attack the lure. It was a beautiful Japanese Spanish mackerel of about 65 cm (26 in.) long.
(早朝、桁掛半島へ向かうため森の中を歩いていた私は気が変わり、大横手へ初めて行ってみることにしました。大横手は、桁掛半島よりも、さらに遠くにある釣り場です。私にはありがちなことなのですが、大横手へ続く小道に入ってほとんどすぐに、道に迷ってしまいました。無人の釣り場に到着したのは、20分間を無駄に費やした後のことでした。午前8時30分頃からルアーを投げ始めましたが、ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿はありませんし、流れの悪い海は、昨日よりもさらに穏やかです。茶色い海草が、微動だにせぬまま、浮かんでいます。うららかな春の日差しのせいで私は間もなく眠くなり、静かな海のせいで私は居眠りをしてしまいました。午前11時30分に目覚めると、海草は完全に姿を消しており、ベイトフィッシュの小さな群が岸際を泳いでいます。デッドリー・ディックの2投目か3投目、銀色の魚が荒々しくルアーに襲いかかるのが見えました。それは、約65センチの、美しいサワラでした。)

No comments: