About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Mar 25, 2017

(No. 259) No Fish at Koidori-bana in Owashi (大芦の越鳥鼻にて釣果なし)





I wanted to go to Oshima in Koura for the first time in one year and a half, but the road to the magnificent but treacherous fishing spot seemed blocked due to the ongoing construction of seemingly more convenient another road. Instead, I went to Koidori-bana in Owashi. To my surprise, there was no fisherman on Niregi-no-hato in Owashi Harbor. Why there was no one on Saturday? Was it a bad sign for fishing? Probably so, but I took the path through the bamboo thicket toward Koidori-bana. About 8 a.m. I started casting my favorite lures toward the very calm sea, and I stopped it before 10 a.m. There was still no fisherman on Niregi-no-hato when I came back to my car.
(一年半ぶりに古浦の男島に行きたかったのですが、雄大かつ危険なこの釣り場へ至る道路が、工事のために封鎖されているようなのでした。見たところ、より便利な別の道路が作られているようです。代わりに私は、大芦の越鳥鼻へ行きました。驚いたことに、大芦港の楡木の波止に、釣り人の姿がありません。土曜日なのに誰もいない? 釣りには悪い兆しなのだろうか? おそらくそうなのでしょうが、私は、竹林の中の小道を歩いて越鳥鼻に向かいました。午前8時頃から、とても穏やかな海めがけてお気に入りのルアーを投げ始め、10時になる前に終了しました。車のところまで戻った時、楡木の波止には、まだ釣り人の姿がありませんでした。)

No comments: