About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Mar 11, 2017

(No. 255) No Fish around Ohbira and Ji-no-kujira in Ketakake Peninsula (桁掛半島の「大びら」及び「地の鯨」周辺にて釣果なし)





Some birds started hovering above the water when I arrived at Ohbira, one of the fishing spots in the Ketakake Peninsula in Izumo City. It was about 8:30 a.m. When I had been at the same spot a week ago, I had not seen anything like that. I thought some substantial changes might have happened in the water in a week since then. However, the area over which the birds were hovering was way beyond the reach of my lures. Nevertheless, I kept casting some of my heaviest metal jigs to reach the birds, but soon they were gone. I decided to forget unreliable and frustrating birds. Instead, I cast my lures along the rocky shore in anticipation of catching Japanese sea bass. Unfortunately, the sea seemed too calm for the fish to be active. While casting some of my favorite lures such as a darter and a huge spinner, I waked to Ji-no-kujira. I did neither catch any fish nor see any fisherman, and I was completely alone in the bleak and desolate peninsula, but somehow I did not dislike it.
(出雲市の桁掛半島にある釣り場の一つ、「大びら」に到着すると、数羽の鳥が海上を旋回し始めました。午前8時30分頃のことでした。一週間前に同じ場所にいた時には、そんなことは起きなかったのです。この一週間の間に、何か重要な変化が水中で生じたのかもしれないと、私は考えました。しかし、鳥たちが旋回している場所は、私のルアーが届く範囲を大きく超えているのでした。それでも私は、鳥たちに届けとばかり、いちばん重たいメタルジグを投げ続けました。間もなく、鳥たちは消えてしまいました。当てにならず、イライラさせられる鳥のことは忘れることにしました。代わりに、スズキでも釣れやしないかと思い、磯際に沿ってルアーを投げてみました。残念ながら、今日の海は穏やかすぎてスズキの活性は上がらないようです。ダーターや巨大スピナーなどお気に入りのルアーを投げながら「地の鯨」まで歩きました。魚も釣れなければ、他の釣り人に遭遇もしません。私は、荒涼とした半島に完全に一人きりだったのですが、どういうわけか、それが嫌いではないのでした。)

No comments: