About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Oct 10, 2016

(No. 215) No Fish at Honjima Island in Kagawa Prefecture (香川県の本島にて釣果なし)






I just came back from Honjima Island in Marugame City, Kagawa Prefecture. As we did last year in Shodo Island, the old university classmates got together again after one-year interval to discuss a book just for fun. The selected book this year was Taro Okamoto’s Today’s Art. The late Taro Okamoto was a famous artist who was probably best known for his catchphrase, “Art is an explosion!” The impact of his saying this catchphrase was so strong that I had thought he was an instinctive crazy artist rather than an intellectual one. This book drastically changed my impression of him. As a result of our discussion, we reached a conclusion that this book is a masterpiece that is not only epoch-making but also timeless, and it should get more new readers.
(香川県丸亀市の本島から、今、戻ってきたところです。昨年、小豆島でやったのと同じように、大学時代の同級生が一年ぶりに集い、ただ楽しみのために、一冊の本について議論したのです。今年選ばれた本は、岡本太郎の『今日の芸術』でした。故岡本太郎は、おそらく、「芸術は爆発だ!」というキャッチフレーズによって最もよく知られている有名な芸術家です。このキャッチフレーズを口にする際の彼のインパクトはとても強く、私はずっと、彼のことを、知的な芸術家というよりは、本能的でクレイジーな芸術家だと思ってきました。この本は、そういう彼の印象を根底から変えてしまいました。議論の結果、この本は、一時代を画すと同時に、時代を超越してもいる名著であり、より多くの新しい読者を獲得すべきだということで、私たちの意見は一致しました。)
As for fishing in Honjima Island, I tried it twice. The first opportunity was at Tomari Harbor yesterday afternoon while my classmates were seeing works of art exhibited as part of Setouchi Triennale 2016, and the second was at Kasajima Harbor early in the morning today while they were still in their beds. I did not catch any fish at either opportunity, but I enjoyed very much just casting my favorite lures from a small beautiful island toward the Seto Inland Sea of Japan.
(本島における釣りについていえば、私は二度、挑戦しました。最初の機会は、昨日の午後に訪れました。同級生たちが瀬戸内国際芸術祭2016の展示作品を鑑賞している間、泊港で竿を出したのです。二度目は、今朝のことでした。同級生たちがまだ眠っている時に、笠島港で釣ってみたのです。二回とも、魚は釣れませんでしたが、小さな美しい島から、瀬戸内海へ向かってお気に入りのルアーを投げるのは、とても楽しいものでした。)

No comments: