About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Sep 30, 2016

(No. 211) Bargain Sale of American Saltwater Lures at Toeisha (冬營舎にてアメリカのソルトルアーを特価販売中)




When I came back to Japan in 2014, I took many American saltwater lures with me. I have since lost some of them due to unfortunate events such as line break or lure’s being stuck among the rocks in the sea. I occasionally had to order new lures online to replenish my arsenal. Shipping from the U.S. is not cheap, so I tend to order as many lures as possible at the same shipping for an economic reason. As a result, I may have too many lures. In general, I am not comfortable with owning many things. So I am selling some of my lures at Toeisha, a small secondhand bookstore and also a cafe in Nishichamachi, Matsue City.
2014年に帰国した時に、アメリカのソルトルアーをたくさん持ち帰りました。以来、ラインブレイクや根掛かりといった不幸な事態のせいで、かなりのルアーを失っています。ルアーを補充するため、時々、新しいルアーをネットで注文する必要がありました。しかし、米国からの送料は安くなく、経済的な理由から、同じ送料の範囲内でなるべく多くのルアーを注文してしまいがちなのです。そのため今では、所有するルアーの数が多過ぎる気がしています。そもそも私は、モノをたくさん持つのが性に合いません。そこでいくつかのルアーを冬營舎(とうえいしゃ)で売りに出しています。冬營舎とは、松江市の西茶町にある小さな古本屋&カフェです。)
All lures are unused, and they are on sale at a 30% discount. You may wonder why lures are up for sale at a bookstore. The reason is simple for me. Toeisha is in my neighborhood and it is such a cozy place that it became a kind of a precious meeting place for some people. I became a regular at it. Whether or not you buy a lure or a book, why don’t you drop by Toeisha and enjoy the “Gari-Gari Coffee” at only 200 yen? It is worthwhile. Any lure comes with a special DVD that I personally create, and even if you don’t buy anything, you can get the DVD for free if you ask. If you have any question about the lures, please don’t ask the owner. She doesn’t know anything about fishing. Please ask me when I am at the store or leave your question as a comment on this post. For further information on Toeisha such as the location or business hours, see the owner’s blog.
(未使用のルアーを30%割引で売っています。「なぜ本屋でルアーなんか売るのか?」と不思議に思われるかもしれません。私にとってその理由は単純です。冬營舎は我が家の近所にあるのですが、とても居心地が良いため、ある種の人々にとっては一種の貴重な集会場になっているからです。私も常連です。ルアーや本を買っても買わなくても、冬營舎に立ち寄って「ガリガリコーヒー」を楽しまれてはいかがでしょう? わずか200円ですし、その価値は十分にありますよ。ルアーをお買いになった人には、私が作った特製DVDがもれなく付いてきます。何もお買いにならなかった人でも、ご希望であれば、DVDを無料で贈呈いたします。もしルアーについて質問があっても、ご店主には尋ねないでくださいね。彼女は釣りについて何も知りません。私が店にいる時に私に尋ねるか、あるいはこの投稿へのコメントとして質問を残してくだされば幸いです。冬營舎の所在地や営業時間などについての詳細は、ご店主のブログを御覧ください。)

2 comments:

Ichi said...

今度お誘いください。コーヒーを頂きに参ります。
久し振りにアメモノの講釈も聞きたいですし。。。

Masahiro said...

Ichiさん、コメントありがとうございます。
冬營舎は、のんびりできて、良いお店ですよ。

講釈というほどのものではないですが、今回売り出したものの中に、
シーストライカーのガッチャプラグが3つあります。

これは日本ではあんまり見ないタイプのルアーではないかと思います。
ジグとプラグの間に生まれた子供のよう。

小型ルアーなのに重量があり、内部をワイヤーが貫通。
軽くジャークするだけで、左右に高速ダートします。

対象魚が小さいベイトを追っている時に有効ですが、小さい魚まで釣れてしまうので、
私はあまり使いません(最近は使って、そのたびにカマスなどが釣れていますが...)。

2 oz.サイズのものの胴体はプラスチックなのですが、7/8 oz.サイズの超小型のは胴体がメタルのチューブです。
そのメタルっつうところがカッコいいルアーです。まるで銀の弾丸のよう。