About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Sep 15, 2016

(No. 206) No Fish at Ohashi River (大橋川にて釣果なし)






I did not post anything yesterday, but actually I went to Nanbo, a breakwater in Etomo Harbor, in the evening. My busy work schedule has not allowed me to go fishing in the morning. I have to start working as early as possible, and only when I manage to make some free time in the evening I can go fishing to a nearby spot. Yesterday I did not catch any legitimate fish at Nanbo. I accidentally caught a baby Japanese Spanish mackerel with an Offshore Angler Big Shot. Unfortunately the lure hooked on the body of the small fish.
(昨日は何も投稿しませんでしたが、実は夕方、恵曇港の防波堤の一つである南防に行っていたのでした。最近は仕事が忙しく、朝から釣りに行くことができません。なるべく早起きして仕事を始めねばならず、そして夕方に多少の自由時間を作り出せた時だけ、近くの釣り場に行けるのです。昨日は南防で、真っ当な魚を釣ることはできませんでした。オフショア・アングラー・ビッグショットを使っている時に、小さいサゴシが偶然釣れただけでした。残念なことにルアーは、小さな魚の胴体にかかっているのでした。)
Today I went to the Ohashi River before sunset. I primarily used my Guppy Lure’s 2 oz. Mini, one of American pencil poppers that I have. The lure splashed noisily through the surface, and some baby Japanese sea bass got so excited that they started their onslaught. However, the target of their attack was not the lure. They were attacking the splash that the lure made. The fish were almost as big as the lure or even smaller. Probably they thought the lure was one of them and it was chasing and biting baitfish in the splash. They were trying to bite phantom baitfish.
(今日は、日没前に大橋川へ行きました。私は主に、アメリカのペンシル・ポッパーの一つ、グッピールアーの2オンス・ミニを使いました。飛沫をあげながら水面を騒々しくルアーが進むと、数匹のセイゴ(スズキの赤ちゃん)が激しく興奮し、猛攻撃を開始しました。しかし、彼らが攻撃の対象としたのは、ルアーではなかったのでした。彼らは、ルアーが生み出す飛沫を襲っていたのです。魚たちの大きさは、そのルアーと同じくらいか、あるいはルアーよりも小さいくらいです。したがって恐らく彼らは、そのルアーは自分たちの仲間であり、自分たちの仲間が、飛沫の中にいるはずのベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)を追いかけて食べているのだと思ったのでしょう。彼らは、幻のベイトフィッシュを食べようと頑張っていたのでした。)

No comments: