About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Oct 31, 2015

(No. 98) No Fish at Uppurui-bana (十六島鼻にて釣果なし)






Today is October 31, which means today is the last day when you are allowed to fish at Uppurui-bana this year. Uppurui in Izumo City is famous for its delicious seaweed, Uppurui Nori. The nori grows on rocky shores in the winter, and local licensed residents pick it up manually. That's why some shores including Uppurui-bana become off-limits to the general public from November 1 to March 31. Today I started fishing at the spot called Ohbira in Uppurui-bana about 6:30 a.m. Then I saw unusual number of fishermen keep coming, but nobody caught any big fish whether with lures or bait. Whoever talked to me said, "Not good today.”
(今日は10月31日です。つまり今年、十六島(うっぷるい)鼻で釣ることが出来る最後の日です。出雲市の十六島は、十六島海苔という美味しい海苔で有名です。この海苔は、冬期に磯で生長し、許可を受けた地元の住民が採取します。そのため、十六島鼻を含むいくつかの海岸は、11月1日から3月31日まで、一般人は立ち入り禁止になるのです。今日の私は、十六島鼻の大平(おおびら)という場所で、朝の6時30分から釣り始めました。いつも以上の数の釣り人がやって来ますが、ルアー釣りであってもエサ釣りであっても、大きな魚を釣る人はいません。誰と話しても「今日はダメですわ」と言うのでした。)
I kept moving around in Uppurui-bana. I moved to the tip of Nakabasan (a bit scary because of the rough sea), then moved back to Ohbira, then moved to Nishigaiwa as I kept casting lures tenaciously until about 11 a.m. Finally, I drove to Uppurui Harbor. I tried from its biggest breakwater for a while. It was already afternoon. I was tired and did not feel I would catch fish. If it had been a normal day I would have already been on my way home, but today is a special day, so I had lunch and took a rest in nearby town Hirata. I soaked in a hot spring in Yurari, a public bath in Hirata. In my humble opinion, it is one of the best hot springs in Japan. Revived by it, I came back to Uppurui-bana at 4 p.m. and kept casting until sunset. There were some new fishermen, and whoever talked with me said, "Not good today.” I had to agree with them.
(私は十六島鼻を移動し続けました。「中ばさん」の先端へ行き(海が荒れていたので少し恐怖を感じました)、大平に戻り、そして西ケ岩へ行き、粘り強く午前11時までルアーを投げました。それから車に乗り、十六島港へ行きました。そこの一番大きな防波堤からしばらく釣りました。既に午後になっていました。私は疲れており、魚が釣れる気はしませんでした。ふだんなら、もう帰路についているところですが、今日は特別な日ですから、私は最寄りの平田という町で昼食を取り、休憩しました。平田にある公衆浴場「ゆらり」で温泉に入ったのです。私の考えを言わせてもらえば、ここの温泉は日本有数のものだと思います。温泉に入って生き返った私は、午後4時に十六島鼻に戻り、日没まで釣りました。新たに十六島鼻に来ていた釣り人もいました。その誰と話しても「今日はダメですわ」と言うのでした。私も同意せざるを得ませんでした。)

No comments: