About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

21 Oct 2015

(No. 93) No Fish at Koura Public Beach and Nanbo in Etomo Harbor (古浦海水浴場と恵曇港の南防にて釣果なし)





The weather was so beautiful today that I went to Koura Public Beach before noon. It was already late October and I was not sure I would swim today, but everything looked so summery at the sandy beach that as soon as I saw the beautiful water I realized I would swim sooner or later. First I went to the rocky area next to the beach to fish. Soon one of my favorite lures was stuck at a rock in the shallow water.
(今日はとても快適な天気だったので、お昼前に古浦海水浴場に行きました。もう10月の後半ですから、水泳をするかどうかは決めていませんでした。でも、ビーチのすべてがあまりにも夏っぽく、私は、美しい海を見た瞬間、遅かれ早かれ自分は必ず泳ぐだろうと思いました。まず、ビーチの隣にある岩場へ行き、釣りをしました。そのうち、私のお気に入りのルアーの一つが、浅瀬の岩に引っかかってしまいました。)
I could see the lure through the water but couldn't retrieve it. I had to swim toward the rock. I successfully saved the lure, Super Strike Zig Zag, but I failed to catch fish. I found consolation in swimming at the beach. Then I moved to the tip of Nanbo, one of the breakwaters in Etomo Harbor. It was still around 1 p.m. So I didn't feel I would catch any fish soon. As I cast lures sporadically, I took a nap, read a book (Thomas Pynchon’s Mason & Dixon), and started writing this post with my iPhone 4S. Finally the evening came and I kept casting lures until sunset, but in vain.
(海中に沈むルアーが見えますが、回収はできません。私はその岩まで泳がざるを得ませんでした。そのルアー、つまりスーパーストライク・ジグザグの救出には成功しましたが、魚は釣れませんでした。私はビーチで泳いで、自分を慰めました。そして恵曇港の防波堤の一つ、南防へ行きました。まだ午後1時頃だったので、すぐに魚が釣れるとは思えませんでした。ルアーを時折投げなら、昼寝をし、本を読み(トマス・ピンチョンの『メイスン&ディクスン』)、iPhone 4Sを使ってこのブログを書き始めたりしました。ついに夕方になり、私は日没までルアーを投げ続けましたが、何も釣れないのでした。)

No comments:

Post a comment