About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Sep 14, 2017

(No. 310) Consecutively No Fish at Susumi-hana in Owashi (引き続き大芦の須々海鼻にて釣果なし)




When I arrived at Susumi-hana in Owashi about 6 a.m., one lure fisherman was already casting his lures. The sea was promisingly rougher than it had been yesterday. I said hello to him and started the run-and-gun style fishing toward Maruiwa. Some patches of nice sarashi (churning white water) were formed. I thought I might catch not only an amberjack but also a Japanese sea bass, because the fish gets active when the sea is rough. However, no fish attacked my lures until I reached Maruiwa. I made several casts from there in vain and then turned back to Susumi-hana without doing the run-and-gun style fishing on my way back. The lure fisherman was still there. “Did you catch any fish?” I asked him, and he replied, “No. Nothing.” Showing my American lures, I told him about this blog. Obviously he was using Japanese lures. He said that he had caught two yellowtail amberjacks this year. I had occasionally considered my using American lures to be the reason why I could not catch yellowtail amberjacks, but there seemed no difference between American and Japanese lures at least from 6 a.m. to 8 a.m., when I stayed at the spot.
(午前6時頃に大芦の須々海鼻に到着してみると、既に一人のルアー釣り師がルアーを投げていらっしゃいました。海は昨日よりも荒れていて、希望が持てそうです。私は彼に挨拶をしてから、丸岩に向けてラン&ガン方式の釣りを開始しました。いくつかのサラシ(かき混ぜられた白い水)ができていました。青物に限らず、スズキも釣れるかもしれないと考えました。スズキは、海が荒れると活性が上がるのです。しかしながら、丸岩に到着するまでの間に、魚が私のルアーを襲うことはありませんでした。私は丸岩から成果なく数投した後、今度はラン&ガン方式の釣りをせずに、須々海鼻まで引き返しました。先のルアー釣り師の姿がまだありました。「何か釣れましたか?」と私が尋ねると、「いえ。何も釣れません」と言われます。私は彼にアメリカのルアーをお見せして、このブログのことを話しました。彼がお使いになっていたのは、当然ながら日本のルアーです。そして彼は今年、ヒラマサを2本釣られたのだそうです。私は時々、ヒラマサが釣れないのはアメリカのルアーを使っているからだろうか、と考えることがあるのですが、少なくとも今日の午前6時から8時まで、私がその釣り場にいた間は、日米のルアーに違いはないようでした。)

No comments: