About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Sep 9, 2017

(No. 306) No Fish at Sakitaka-hana in Sanami (佐波の先高鼻にて釣果なし)





This morning I was the first fisherman that arrived at the rocky shore between Sakitaka-hana and Taka-hana in Sanami. A total of four fishermen eventually followed me. All of them were bait fishermen. The first bait fisherman was especially friendly, and it was he, not I, that started a nice chat between us. Then I happened to see his rod bending very hard. It was probably a yellowtail amberjack, but the tension on his rod was abruptly released. After a while he talked to me again and said it must have been a yellowtail amberjack. The fish run very hard, and the line touched the rocks in the sea and eventually broke. The information raised my expectations, but I did not catch any fish today.
(今朝、佐波の先高鼻と高鼻の間の磯に一番乗りしたのは、私でした。その後は、計4人の釣り人がやって来られました。全員、エサ釣り師でした。とりわけ愛想の良かったのは、最初に来られた男性でした。私ではなく、その男性の方から、話しかけてこられたのです。その後しばらくして、彼の竿が強烈に曲がっているのが目に入りました。おそらくヒラマサでしょう。しかし、竿にかかっていたテンションは突然、消え去りました。しばらくして、その男性はまた、話しかけてこられました。あれはヒラマサだったと思います、と彼は言います。その魚は猛烈に走り、そのせいで釣り糸が根に触れて、切れてしまったそうです。その情報により、私の期待は高まりましたが、今日、私には何も釣れませんでした。)

No comments: