About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jul 28, 2017

(No. 295) No Fish at Setokaze-bana and Takase in Mitsu and at Uppurui-bana (三津の瀬戸風鼻と高瀬、そして十六島鼻で釣果なし)




Today I started fishing at Setokaze-bana in Mitsu, Izumo City. It was about 5 a.m., and as soon as I started casting my lures, a few fishing boats gathered around the spot for some reason. I did not want to interfere with their professional fishing. I drove to a nearby spot, Takase, a big rock at the east end of Mitsu Harbor. No baitfish was sighted. The calmness of the sea was so discouraging that I soon gave up the spot and drove to Uppurui-bana. Unfortunately, there was no big difference. There was neither baitfish nor a good current. I swam around the tip of Uppurui-bana. There was nothing in the water except some floating seaweeds. 
(今日は、出雲市の三津にある瀬戸風鼻で釣り始めました。午前5時頃だったのですが、私がルアーを投げ始めるやいなや、どういうわけか数艘の漁船が釣り場の周辺に集まってきたのでした。私は漁師さんたちのお邪魔をしたくありませんでした。そこで近くの釣り場の一つ、三津港の東端に位置する巨岩、高瀬へ行きました。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿はありません。静かな海のせいでヤル気がなくなり、私はすぐにそこをあきらめて、十六島鼻へ移動しました。あいにく、大きな違いはありませんでした。ベイトフィッシュもいなければ、良い潮も流れていません。私は十六島鼻の先端周辺を泳ぎ回りました。プカプカ浮いている海草の他、水中には何もありませんでした。)

No comments: