About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jul 17, 2017

(No. 291) Neither Fish nor Photo at Kurauchi Bay and Ikesu in Etomo (倉内湾と恵曇の生須にて釣果も写真もなし)

The weatherman had said that the waves would be higher this morning than the past few days. Hoping that sarashi (churning white water) was formed and the Japanese sea bass became active, I drove to Kurauchi Bay first. Unexpectedly, the water inside the bay was not very choppy, and I did not find any patch of sarashi at all. I gave up the spot after I made only several casts. Next, I drove to Ikesu in Etomo. You can enjoy one of the most beautiful views in the Shimane Peninsula from the narrow and thrilling path to the spot. Of course, I took many pictures as I had done whenever I came to the spot.
(天気予報士が言うには、今朝は、ここ数日よりも波が高くなるとのことでした。サラシ(かき混ぜられた白い水)が形成され、スズキたちが活動的になっているのではないかと期待して、私はまず倉内湾へ行きました。意外なことに、湾内はあまり波立っておらず、サラシはまったく見当たりません。ほんの数投だけして、私はその場所をあきらめました。次に、恵曇の生須へ行きました。釣り場へと続く、狭くてドキドキしてしまうその小道からは、島根半島有数の美しい風景を楽しむことができます。もちろん私は、ここにやってきた時にいつもするように、多くの写真を撮りました。)
The water around the spot was rough, but not too rough for me to enjoy fishing. The spot was also surrounded with some patches of sarashi, and I excitedly retrieved my lures under them. The sarashi looked promising, but nothing happened. I got soon tired. Because of the rough water, an incredibly wild and beautiful view was created. I wanted to take some pictures from a rock surrounded with the shallows, and decided to wade through the shallow water to the rock. I was so careful that I put my iPhone 4S in a plastic bag and put it in my pocket. There was no way that the water would contact and damage the phone, which was also my only camera today. I stepped into the water, and a few seconds later I successfully reached the rock. On the top of it I searched my pocket for the plastic bag, but there was no bag in my either pockets. Very shockingly, somehow my phone was gone.
(釣り場の周囲の海は荒れていましたが、だからといって、釣りが楽しめないほど荒れていたわけではありません。釣り場は、いくつかのサラシに囲まれており、私は興奮しながら、その下にルアーを通しました。期待できそうなサラシでしたが、何も起きません。私はすぐに疲れてしまいました。海が荒れているせいで、信じられないくらいワイルドで美しい風景が出来上がっていました。浅瀬に囲まれている岩があり、そこから写真を撮りたいと考えた私は、その岩に行くために浅瀬を渡ることにしました。とても慎重な私は、iPhone 4Sをビニール袋に入れてポケットに収めました。こうしておけば、海水がスマホに接触し、今日の私にとっては唯一のカメラでもあるスマホを壊してしまう恐れはありません。私は水中へと歩を進め、数秒後には無事に岩に到達しました。岩のてっぺんで、ポケットの中にあるスマホを探りました。しかし、どちらのポケットにもビニール袋がないのです。たいへん衝撃的なことに、どういうわけかスマホがなくなってしまったのでした。)

2 comments:

Shun Docomo said...

お久しぶりです。スマホ、ご愁傷さまです。
慎重にするほど・・・良くあることですねー。釣果はともかく、ショックで立ち直れない心情、お察しします。
たぶん、そこらじゅうを必死こいて探されたんでしょうね。
写真入りプログの早期再開を楽しみにしています。
データやアブリの再生、めんどうですよネ・・・・。


Masahiro said...

Shunさん、コメントありがとうございます。

ビニール袋が浮いてないか、必死こいて探しましたが、波がざばんざばん洗う場所だったのでその望みはなく、自分が海に落ちる前に退散しました。

こういう事態を想定し、中古のiPhone 4Sを複数台所有していましたので、後継機には困りませんでしたが、データやアプリを元に戻すのが面倒でした……。

またそのうち、手結の釣り場でご一緒しましょう!