About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jul 24, 2017

(No. 294) No Fish at Ichinose in Koizu (小伊津の一の瀬にて釣果なし)




This morning I drove to Koizu in Izumo City after I took my father to Izumo Airport. It was almost 9 a.m. when I started casting my lures from Ichinose in Koizu. No fisherman was around. Not sure if there had been any before I arrived at the spot. I tried a few lures, but nothing happened. I did not see any baitfish, too. I quit fishing before long and drove to a cove to the west of Mitsu Harbor. One family was cheerfully swimming in the shallows. I swam in the deeper water. Then, sitting on the rocky shore, I read Flaubert’s Madame Bovary. What a joy to alternately swim and read!
(今朝、出雲市の小伊津へ向かったのは、父を出雲空港まで送っていった後でした。そのため、小伊津の一の瀬からルアーを投げ始めた時には、もうほとんど午前9時になっていました。釣り人の姿はありません。私がやって来る前に誰か釣っていたのかどうかも不明です。何個かのルアーを試しましたが、何も起きません。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿もありません。私は間もなく釣りをやめて、三津港の西にある小さな湾へ向かいました。ご家族でお越しの一行が、陽気に浅瀬で泳いでいます。私は少し深いところで泳ぎました。そして磯に腰を下ろし、フローベールの『ボヴァリー夫人』を読みました。水泳と読書を交互にするのは、なんて楽しいのでしょう!)
The date for the 5th meeting of a local book club is getting near. The name of the club, which is organized by Toeisha, a small secondhand bookstore and also a cafe in my neighborhood, is “A Book You Want to Read Before You Die.” We are going to discuss the French classic on this Saturday. So far we have discussed One Hundred Years of Solitude by Gabriel Garcia Marquez, The Crying of Lot 49 by Thomas Pynchon, Discourse on Decadence by Ango Sakaguchi, and I Am a Cat by Soseki Natsume. The uniqueness of this book club lies in the fact that you are NOT required to read a designated book. You have every right to join in the meeting without even turning the first page of the book. If interested, see the bookstore’s website.
(地元で開かれる読書会の第5回目が近づいているのです。この読書会の名称は「死ぬまでに読みたい一冊」といい、近所の古本屋にしてカフェでもある冬營舎によって運営されています。今週の土曜日に、私たちは、このフランス文学の古典について話し合います。これまでにこの読書会では、ガブリエル・ガルシア=マルケスの『百年の孤独』、トマス・ピンチョンの『競売ナンバー49の叫び』、坂口安吾の『堕落論』、そして夏目漱石の『吾輩は猫である』を取り上げてきました。この読書会が他と異なるのは、指定された本を読んでくる必要がない、という点です。その本を1ページも開いたことがなくても、皆さんには、読書会に参加する完全な権利があるのです。もしご興味があれば、冬營舎のウェブサイトを御覧ください。)

No comments: