About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

29 Apr 2015

(No. 47) No Fish at Lake Shinji (宍道湖にて釣果なし)






If you take a walk early in the morning or at sunset, now there is a good chance that you can see some fishermen along the shore of Lake Shinji from the mouth of the Ohashi River. Japanese sea bass started getting caught in the lake a few weeks ago, although most of them are young fish called Seigo.
(この時期、早朝かあるいは日暮れ時に散歩に出れば、大橋川河口からの宍道湖の岸辺沿いに、釣り人の姿を見かけることが多いでしょう。そのほとんどがセイゴと呼ばれる若魚であるとはいえ、数週間前から湖でスズキが釣れ始めているのでした。
I started fishing at the north side of the lake as I walked toward Shinjiko Ohashi Bridge. After crossing the bridge, I resumed fishing from the shore of Shirakata Park. Several fishermen were casting lures around me, but nobody seemed to catch any fish. Me neither. The sunset was so beautiful as usual that even fish must have been absorbed in it and could not have seen our lures.
(私は、宍道湖大橋に向かって歩きながら、湖の北側で釣り始めました。橋を渡った後は、白潟公園の岸辺から釣りを再開です。数人の釣り人が私の周りでルアーを投げていますが、誰も何も釣れていないようです。私もまた釣れません。いつものように夕焼けがとても美しく、きっと魚でさえ見惚れてしまい、私たちのルアーなんて目に入らなかったのでしょう。

No comments:

Post a comment