About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

24 Apr 2015

(No. 45) No Fish at Kukedo-bana in Kaka and Sakitaka-hana in Sanami (加賀の潜戸鼻と佐波の先高鼻にて釣果なし)




When I arrived at Kukedo-bana in Kaka after daybreak, there was already one lure fisherman. The churned water looked promising, but soon a westerly wind got too strong. It was so uncomfortable that I gave up the spot and drove to Sakitaka-hana in Sanami, where the mountain range in the west blocked the troublesome wind. A bait fisherman, who I found came from Yonago City in Tottori, was trying to catch a red sea bream. I climbed down the slope of Sakitaka-hana toward its west tip, to which I didn’t dare to get in my previous trips because the slope was so steep that I got scared. However, no fish was around there. After a while, I turned back. The guy from Yonago didn’t catch any fish, either. So we just chatted merrily.
(夜が明けてから加賀の潜戸鼻に到着すると、既に一人の釣り人がルアーを投げておられます。海水はかき混ぜられ、期待が持てそうでしたが、西からの風がすぐに強くなってしまいました。快適でなくなったので、その場所はあきらめ、佐波の先高鼻へ移動しました。そこなら、西の山並みが風を遮ってくれるのでした。鳥取の米子市から来られたというエサ釣りの方が、真鯛を狙っておられました。私は、先高鼻の坂を、その西の端まで降りていきました。あまりにも急な坂なので、以前の釣行の際には、怖くて降りられなかった場所でした。でも、そこに魚はいませんでした。しばらくして、私は引き返しました。米子の方もまた、何も釣れていません。私たちはただ楽しくおしゃべりをしたのでした。

No comments:

Post a comment