About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

31 Mar 2019

(No. 437) Failure of Magging Plastic Spool of PENN Squidder (PENNスクイダーのプラスチックスプールのマグ化に失敗)






I have collected PENN conventional reels for a few months. They are for my potential use in the future. Currently I am happy with my lure fishing using a spinning reel, but when I get older I might not want to do it very much. Repeated casting and retrieving heavy lures needs stamina. I might want to use real bait instead of artificial one. These conventional reels are basically for the purpose. In addition, I used to use a conventional reel for almost every application when I was younger.
(ここ数カ月、PENNの両軸リールを集めています。将来、使うことになるかもしれないのです。現在のところ、私は、スピニングリールを使ったルアー釣りに満足していますが、今後さらに年老いたら、もうルアー釣りは、それほど、やりたくなくなっているかもしれません。重たいルアーを繰り返し投げて引くには、スタミナが必要なのです。私は、疑似餌ではなく、本物の餌を使いたくなってしまうかもしれません。両軸リールは、基本的にはその用途で使おうと考えています。加えて私は、若い頃、ほとんどすべての釣りにおいて両軸リールを使っていたのです。)
PENN’s old conventional reels are inexpensive. So I bought some, including Leveline 350M and three Squidders (140, 145, and 146). My 145 and 146 have a plastic spool. In order to install a magnetic braking system on a conventional reel, the spool should be aluminum according to the conventional wisdom (pun intended). However, some say an aluminum spool is not always necessary although it is indeed better. If you attach an aluminum or copper plate to a plastic spool, you can “mag” the reel with it.
(PENNの古い両軸リールは安価です。そこで私は数台購入し、その中には、レベライン350Mと3台のスクイダー(140、145、そして146)が含まれています。私が所有する145と146はプラスチックスプールです。磁石式のブレーキ・システムを両軸リールに搭載するためには、一般的には、そのスプールはアルミ製でなければならないとされています。しかし、確かにアルミ製スプールの方が優れてはいるものの、必ずしもアルミ製でなくてもよいと言う人もいます。アルミ板あるいは銅板をプラスチックスプールに取り付ければ、そのリールを“マグ”化できるのです。)
I advanced this method further in a cheaper direction. Using styrene board and aluminum tape, I made up an aluminum “plate.” For Squidders, whose plastic spool has the Air Brake Fins, styrene board is a better option than a metal plate. Attaching a metal plate to the spool is almost impossible due to the projected fins. If you use styrene board, a soft material that can be cut easily, you can make slits in it for the fins. I have already tested the Squidder with this cheap system, and I am glad that the brake works fine. 
(私はこの手法を、より安価な方向に発展させてみました。スチレンボードとアルミテープを用いて、アルミ製“プレート”をこしらえたのです。スクイダーの場合、そのプラスチックスプールには「エアー・ブレーキ・フィン」が付いているため、金属板よりもスチレンボードの方が適しています。このフィンが飛び出ているおかげで、スプールに金属板を取り付けるのはほとんど不可能なのです。しかしスチレンボードなら、柔らかくて自由に切断できる素材なので、飛び出ているフィンを収める隙間を作ることが可能です。この安価なシステムを搭載したスクイダーを使ってみたところ、しっかりブレーキが働いたので、私は嬉しく思いました。)
P.S. About a month after I posted this article, I found that a local home center sells a plate of aluminum at a reasonable price. Using the plate, I improved my cheap magnetic braking system as shown in the photo below.
(追伸。この投稿をしてから約1カ月後、地域のホームセンターで安価なアルミ板を見つけました。下の写真で示している通り、このアルミ板を使って、磁石式の安価ブレーキ・システムを改良しました。)


P.P.S. Then I used the Squidder with the aluminum plates in actual fishing. One of the plates peeled off while I was using it, and some inner parts of the reel were damaged. I cannot recommend this method now. Obviously there is much room for improvement.
(もういちど追伸です。その後、アルミ板を使ったスクイダーを実際の釣りで使ってみました。使っている最中にアルミ板が剥がれてしまい、リール内部が破損してしまいました。現時点では、この方法はおすすめできません。大いに改良の余地があります。)
P.P.P.S. After several months of practice, I finally realized how to cast a lure with a PENN conventional reel such as the Jigmaster. Now I don’t think it is necessary to install a magnetic braking system on a reel at all. If you are interested, jump to the post of No. 555.
(さらにさらに追伸です。数か月に及ぶ練習を経て、ついに私は、例えばジグマスターのようなPENNの両軸リールを使ってルアーを投げる方法をつかみました。今では、磁石式のブレーキ・システムを両軸リールに搭載する必要はないと考えています。ご関心のある方は、No. 555へどうぞ。)

No comments:

Post a comment