About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Mar 1, 2019

(No. 431) No Fish at Susumi-hana in Owashi (大芦の須々海鼻にて釣果なし)




When I was walking along the shore of Susumi Bay toward Susumi-hana this afternoon, I found Mr. F walking back from Maruiwa. Mr. F is one of regular bait fishermen at the fishing spot. We exchanged greetings, and Mr. F told me that no small fish was around. That was not a good news, but I was not disappointed at all. Two months had passed since I caught my last legitimate fish. So I am accustomed to it. I cast my favorite lures toward the beautiful quiet sea. I was happy enough because I felt the spring was just around the corner.
(今日の午後、須々海湾の岸辺を、須々海鼻に向かって歩いていると、丸岩から帰ってくるFさんの姿が見えました。エサ釣り師のFさんは、その釣り場の常連なのです。私たちは挨拶を交わしました。Fさんが言うには、小魚の姿が見えないとのことでした。良いニュースではありませんが、私は全く失望しませんでした。マトモな魚が最後に釣れてから、2カ月が経過しているのです。なので、もう慣れっこなのです。私は、静かで美しい海に向かってお気に入りのルアーを投げました。それだけで十分に幸せです。なぜなら、春が、もうすぐそこまで来ている気配があったのですから。)

No comments: