About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

7 Mar 2019

(No. 432) No Fish at Etomo, Sanami, and Kaka Harbors (恵曇港、佐波港、そして加賀港にて釣果なし)





As soon as I got freed from my translation jobs this morning, I decided to do the run-and-gun style fishing today at some fishing spots between Etomo and Sanami. A strong onshore wind was blowing at the shore of the Shimane Peninsula this afternoon. As you might have noticed, I like to take a picture of a lure dangling from the tip of my rod. In particular, I like a picture of the lure and any long structure at a fishing spot, such as a lighthouse, lining up in a straight vertical line. Sometimes you cannot tell where the join is between the lure and the structure in my picture. Today it was difficult to take such a deceiving picture because the wing was too strong. The onshore wind had created nice patches of sarashi (white churning water) almost everywhere. So I anticipated a vicious strike by a Japanese sea bass, but nothing happened wherever I went. 
(今朝、翻訳の仕事から解放されるやいなや、私は今日、恵曇と佐波の間にあるいくつかの釣り場を巡ってラン&ガン方式の釣りをしようと決めたのです。午後、島根半島の沿岸では、強い風が海から陸に向かって吹いていました。お気づきかもしれませんが、私は、竿の先からルアーが垂れている写真を撮るのが好きです。とりわけ、灯台のような、釣り場にある長い建築物とルアーが、垂直に一直線に並んでいる写真が好きなのです。そういう写真の中には、ルアーと建築物の境目が分からないものもあります。しかし今日は、人を惑わすそういう写真を撮ることが困難でした。強い風が吹いていたからです。風は陸に向かって吹いており、ほとんどどこにでも良いサラシ(かき混ぜられた白い水)が出来ていました。ですので私は、スズキの獰猛なストライクを待ち構えていたのですが、どこに行っても、何も起きませんでした。)

No comments:

Post a comment