About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

May 1, 2017

(No. 271) Huge Ray at Lake Shinji (宍道湖にて巨大なエイ)





As usual, I started the run-and-gun style fishing at the northern shore of Lake Shinji by Shinjiko Ohashi Bridge this afternoon. While casting and retrieving my favorite lures, I walked toward the bridge. Before reaching it, I had a friendly chat with a bystander who was an avid fisherman that had recently moved to Matsue City. It became clear that he had arrived at Matsue in time for the best fishing season on the lake and would leave the city just after the season might end. I provided some tips to him. Then, I went across the bridge.
(例によって今日の午後も、宍道湖大橋の近くの宍道湖北岸で、ラン&ガン方式の釣りを開始しました。お気に入りのルアーを投げては巻きながら、橋に近づいていきました。橋に到達する前に、見物人のお一人と楽しい会話をしたのですが、その男性は、最近、松江市に越してこられたばかりの熱心な釣り人だったのでした。その男性は、宍道湖での最高の釣りシーズンが始まる前に松江にやって来られており、そして、釣りシーズンが終わった後に松江を離れられるということが明らかになりました。私は彼にいくつかの秘訣をお知らせしました。続いて私は、橋を渡りました。)
On the way to the other end of the bridge, I saw a lure fisherman under it catching a nice Japanese sea bass with a smaller plug. My expectations soared into the sky, but no fish attacked my big plugs at the southern shore very soon. When retrieving a Holme Baits Sloppy Tail very slowly, I felt the lure stuck very firmly at something in the lake. I could not move the lure even an inch. I got sad because I thought I would eventually lose the precious Swedish plug that I had bought in Stockholm, but when I sharply pulled the line a few times the lure started moving slowly and powerfully. It must be a huge sea bass! That’s what I thought at first, but I also felt something strange. The fish pulled too hard to be a sea bass. I soon found it a huge ray.
(向こう岸にたどり着く前に、橋の下にいる釣り人が、小さめのプラグで良い型のスズキを釣るのを目撃しました。私の期待は天にも届かんばかりに高まりましたが、宍道湖南岸の魚は、私が投げる大きなプラグをすぐには襲わないのでした。ホルメ・ベイツ・スロッピー・テイルを非常にゆっくりと引いている時、水中の何かにルアーががっちりと引っかかってしまったように感じました。ルアーを動かそうとしても微動だにしません。ストックホルムで購入した貴重なスウェーデン製ルアーを失うことになるのかと思うと悲しくなりましたが、ラインを鋭く2、3回引いてみると、ゆっくりと力強くルアーが動き出したのでした。スズキの超大物に違いない! 私はまずそう思ったのですが、同時に、何だか変だとも感じていました。スズキがこんなに強く引くはずがないのです。まもなくその魚は、巨大なエイであることが判明しました。)

No comments: