About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jan 29, 2017

(No. 246) No Fish at Various Spots in Etomo Harbor (恵曇港のいろいろな場所にて釣果なし)








Busy work schedule and the heaviest snowfall in several years had not allowed me to go fishing for a while, but this weekend finally I made it. I started fishing at Edabo in Etomo Harbor slightly after 7 a.m. today. There were already a few fishermen at the breakwater. All of them were lure fishermen who seemed for young Japanese Spanish mackerels. They were using relatively small lures. I cast my smallest metal jigs too, but I was also for the Japanese sea bass. So I also used bigger darter plugs such as the Super Strike Zig Zag or Northbar Montauk Darter. The latter was put on the U.S. market just last summer, and this was the first time I had used it. Instantly it became one of my favorite plugs although I did not catch any fish with the new lure. I cast my lures from various spots in the harbor, but no fish attacked them. Actually, most lure fishermen got skunked this morning.
(忙しい仕事のスケジュールと、ここ数年でいちばんの大雪のせいで、しばらく釣りに行けませんでしたが、この週末はついに時間ができました。今朝は午前7時ちょっと過ぎに、恵曇港の枝防で釣り始めました。その防波堤には、既に数人の釣り人の姿がありました。全員がルアー釣り師で、どうもサゴシ(若いサワラ)を狙い、比較的小さめのルアーを投げておられるのでした。私もまた、持っているものの中では最小のメタルジグを投げましたが、同時に私は、スズキも狙っているのでした。ですので、大きなダーター・プラグ、例えばスーパーストライク・ジグザグやノースバー・モントーク・ダーターを投げたりもしました。後者は、昨年夏に米国で発売されたばかりのもので、使うのは今回が初めてでした。何かが釣れたわけではありませんが、その新しいルアーは、一瞬にして私のお気に入りのプラグの一つとなりました。恵曇港の様々な場所からルアーを投げましたが、魚はルアーを襲いません。実際のとこと、今朝はほとんどのルアー釣り師に何も釣れませんでした。)

No comments: