About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jan 6, 2017

(No. 240) Japanese Spanish Mackerels at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にてサゴシ)






One of my younger friends, whom I had been recently acquainted with, asked me to introduce her to saltwater lure fishing. It occurred to me that fishing for young Japanese Spanish mackerels from a breakwater would be a good option for a beginner. For a potential fishing trip with her, I went to Etomo Harbor this evening in order to see the condition by myself. When I arrived at Nanbo, one of breakwaters in the harbor, there was one lure fisherman casting his lures from the tip of it. I told him that I had expected to see boils around the tip. He was very friendly and told me that he had neither seen any boil nor caught any fish. Still, I kept telling him that we might catch some fish just before sunset.
(最近知り合いになった若い友人の一人から、海のルアー釣りに案内してもらいたいとお願いされました。初心者の女性にとっては、防波堤からサゴシ(若いサワラ)を釣るのが良いのではないかと私は思いました。そこで、来るべきその友人との釣行に備えて、今日の午後、自分の目で状況を確かめるために、私は恵曇港へ行きました。そこの防波堤の一つである南防に到着してみると、先端でルアーを投げている一人のルアー釣り師の姿がありました。私は彼に、ナブラが立っているのではないかと期待しながら来ました、と言いました。すると、とても愛想の良い彼は、ナブラも見ませんし、魚も釣れませんよ、と教えてくれました。しかし私は彼に、夕マヅメには釣れるかもしれませんよ、と言い続けたのです。)
Then, he noticed a vigorous boil in the distance. It was around Edabo, another breakwater in the harbor. Of course, it was way beyond our casting distance. Although tempted to drive to Edabo, we stayed at Nanbo while patiently waiting for sunset. It did not take long to know we made a good decision. First, he hooked a small shirk. Then, although there was no boil on the surface, I caught a Japanese Spanish mackerel of about 50 cm (20 in.) long with my Sea Striker Got-Cha 1400 plug. He immediately followed, and we started catching the fish. I caught another one with my Hopkins Smoothie. I hoped the fish would stay around for a few more weeks and welcome the friend of mine.
(そして彼が、遠くで活発に立つナブラを発見しました。枝防という防波堤の周囲で立っています。もちろん、私たちのルアーが届く範囲を大幅に超えています。私たちは車に乗って枝防まで移動しようかと悩みましたが、南防に留まり、辛抱強く日没を待ちました。自分たちが良い判断をしたと分かるまでに時間はかかりませんでした。まず、彼が小さなサメをかけました。そして次に私が、水面にナブラは立っていませんでしたが、シーストライカー・ガッチャプラグ1400で約50cmのサゴシを釣ったのです。彼もすぐに続き、そして、魚は釣れ続きました。私は、ホプキンス・スムーズィーを使って、もう1匹釣りました。もう数週間ほど魚がそこにとどまり、友人を迎えてくれるよう、私は願いました。)

No comments: