About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Jan 8, 2017

(No. 242) Japanese Spanish Mackerel but Horrible Mistake at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にてサゴシを釣るもヒドい失敗)




Because I could not make much progress on my job yesterday and it rained this morning, I did not go to Izumo City to catch amberjacks but just worked hard today. However, as Jack Nicholson reminded us notoriously in the movie “Shining”, all work and no play makes jack a dull boy. So I fished at Nanbo In Etomo Harbor for just one hour before sunset. There were a few lure fishermen around the tip of the breakwater. One of them was the friendly fisherman whom I had met at the same spot two days ago. He said to me that he had been there yesterday too but he had not caught any fish. This evening the fish was not as active as two days ago, but after 5 p.m. he caught the first fish this evening. It was a nice fluke. I helped him to drain the blood from the fish. Then, he caught a young Japanese Spanish mackerel and hooked a small shark again.
(昨日はあまり仕事が順調に進みませんでしたし、今朝は雨が降ってもいたので、青物を釣るために出雲市に行くのはやめて、今日はただ熱心に働いていました。しかし、映画『シャイニング』においてジャック・ニコルソンが悪名高くも思い出させてくれたように、仕事ばかりしていて遊ぶことを忘れた男は、面白みのない人間になってしまうわけです。そこで私は日没前の1時間ほど、恵曇港の南防で釣りました。防波堤の先端付近には、数人のルアー釣り師の姿がありました。そのうちのお一人は、2日前に同じ場所でお会いした愛想の良い男性でした。彼は昨日もここに来られたそうなのですが、昨日は何も釣れなかったとのこと。今夕もまた、魚の活性は、2日前のようには高くありませんでしたが、5時を過ぎてから、まず彼が最初の魚を釣られました。良い型のヒラメでした。私はヒラメの血抜きのお手伝いをしました。それから彼はサゴシ(若いサワラ)を釣られ、そしてまたもや、小さいサメをかけられました。)
I caught a young Japanese Spanish mackerel with my Acme Kastmaster. Two days ago I had caught two of the fish, and I had given them to two of my friends. My father, who is a glutton, had looked at me reproachfully when he had known no fish had been left for him. So I intended to bring the fish to him today, but I made a horrible mistake. After treating the fish properly, I tried to wash the blood away with the water and the fish slipped out of my hand. The fisherman who caught the fluke tried to recover it with his net, but the fish was carried away with the current. I did not feel sorry for my father very much, but I felt terrible for the fish. Of course, I had already killed the fish before the accident happened. So some readers of this blog, especially those who are outside Japan, may feel a bit strange, but I feel very bad for the fish even now. I think most of my readers can understand it.
(私にも、アクメ・キャストマスターで、サゴシが釣れました。2日前、私はサゴシを2匹釣り、2人の友人に贈呈していました。私の父は、とても食いしん坊なので、自分が食べる魚が残されていないことを知ると、恨めしそうな目で私を見ました。そこで今日の私は、父のために魚を持ち帰るつもりでいました。しかし、ヒドい失敗をしてしまったのです。適切に魚を処理した後、私は海水で血液を洗い流そうとしたのですが、手が滑って魚を離してしまったのです。ヒラメを釣られた男性がネットを使って回収しようとしてくださいましたが、魚は潮に運ばれていきました。父のことはどうでもいいのですが、魚には非常に申し訳ないことをしたと思います。もちろん、この出来事が起きる以前に、私は既に魚を殺しているわけです。ですので、このブログを読んでくださっている方たちの中には、とりわけ日本以外にお住まいの方たちの中には、少し奇妙に思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、私は今でもとても気分が悪いのです。このブログを読んでくださっている方の多くが、私の気持ちを理解してくださると思います。)

No comments: