About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Dec 19, 2016

(No. 236) No Fish at Etomo Harbor, Kurauchi Bay, and Mitsu Harbor (恵曇港、倉内湾、御津港にて釣果なし)





I want to catch the big Japanese sea bass that I hooked but eventually missed last time at the tip of Sinsinbo, the biggest breakwater in Etomo Harbor. Since my last post I have been to the harbor a few times, but no fish has hit my big American plugs. I have seen some lure fishermen catch young Japanese Spanish mackerels. They used small metal jigs, which somehow I am not in the mood for using. This early morning I went up to Sinsinbo after I tried in vain in front of the ice plant and around Edabo, another smaller breakwater. There was a group of three lure fishermen, two of which were each standing on a very narrow flat space of one of gigantic tetrapods. A very strong wind was blowing. Just watching them made me tremble with fear. After I encouraged the brave fishermen in my own way, I drove to Kurauchi Bay. The water in the bay was very calm, which was not very good for Japanese sea bass fishing, but anyway I made several casts. No fish hit my lures as I expected. Then, I drove to Mitsu Harbor. In the unseasonable warm weather, I felt there was no way I could catch the fish, and unfortunately I was right.
(前回、恵曇港最大の防波堤、新々防の先端にて針にかけたものの、結局逃がしてしまったスズキを、私は釣りたいと思っています。前回の投稿以来、数回、恵曇港に出かけていますが、私が使う大きなアメリカのプラグを襲う魚はいません。何人かのルアー釣り師がサゴシ(若いサワラ)を釣るのを見ました。彼らが使うのは小さなメタルジグなのですが、なぜか今の私は、それらを使いたい気分ではないのです。今日の早朝、製氷所前と枝防という小さな防波堤の周辺にて成果の出なかった私は、新々防に登っていきました。ルアー釣りをする3人組みがいらっしゃいました。そのうちのお二人は、巨大なテトラポッドの、極めて狭い平面部に立っておられます。強風が吹いていました。お二人の姿を見ているだけで、恐怖のあまり、私の身体は震えました。彼ら勇敢な釣り人を自分なりのやり方で励ましてから、私は倉内湾に向かいました。湾内の海は非常に穏やかです。スズキ釣りにはあまり良くありませんが、ともかく私は数回ルアーを投げました。予想通り、何も釣れません。それから御津港へ行きました。季節外れの暖かさの中、スズキなどとても釣れるわけがない、と私は思いました。残念ながら、その通りでした。)

No comments: