About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Dec 4, 2016

(No. 233) No Fish at Saruwatarijima, Wada, Umanose, and between Them in Owashi (大芦の猿渡島、ワダ、馬の背、そしてそれらの間の釣り場にて釣果なし)





Fishing spots in Mitsu, Owashi, and Nonami areas seemed a bit too crowded this morning. It was way before dawn, but the parking spaces/lots for famous fishing spots in those areas were already packed when I arrived at each of them. I decided to explore the rocky shore around Saruwatarijima, which I had not visited before. I had a hunch that there were few fishermen around it, and I was right. There was nobody. I cast my lures from Saruwatarijima, Wada, Umanose, and other unnamed spots between them. I enjoyed a lot, but what were missing were not only other fishermen but also fish. There was no sign of baitfish, hence big fish that attack them. My “No Fish” streak continues very unfortunately but fairly.
(御津、大芦、野波にある釣り場は、今朝、どうも少し混み過ぎていたようです。夜明けまでにはまだかなり時間がありましたが、こうした地区にある有名な釣り場へ行くための駐車スペースや駐車場に到着してみると、どこもかしこも満員だったのです。私は、まだ行ったことのない猿渡島の周辺を探索することにしました。あそこなら釣り人はほとんどいないのではないかという気がしたのです。そして、私のカンは当たりました。そこには誰もいませんでした。私は、猿渡島、ワダ、馬の背、そしてそれらの間にある名もない釣り場でルアーを投げました。大いに楽しみましたが、釣り人たちだけでなく、魚もまた、そこにはいなかったのでした。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の気配がありません。したがって、それらを襲う大きい魚もいません。私の「釣果なし」記録は、たいへん残念なことに、と同時に正々堂々と、続いていきます。)

No comments: