About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Dec 3, 2016

(No. 232) No Fish at Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の枝防にて釣果なし)




As I mentioned in today’s earlier post, I went to Etomo Harbor this afternoon. I fished at Edabo, one of breakwaters in the harbor, for about an hour before sunset. Yesterday I was at the same spot at the same time. The sea was much calmer today, and probably that’s why today’s boils were much smaller and less energetic. Three lure fishermen soon came to Edabo, and they successfully caught some young Japanese Spanish mackerels with jigs that were smaller than mine. Those fish were not so big, and one of them spat very small baitfish. I found that somehow I had lost my interest in catching them. Instead of using a jig as they did, I dared to use big plugs. I don’t know why. Maybe I am a bit perverse.
(今日アップした先の投稿で触れた通り、午後、私は恵曇港へ行きました。日没前の約1時間、恵曇港の防波堤の一つである枝防で釣ったのです。私は昨日、同じ時間に同じ場所に立っていました。今日の海は、昨日よりも、ずっと穏やかです。そして、おそらくそれが理由だと思うのですが、今日のナブラは昨日よりもずっと小さくて、活気がないのでした。そのうち、3人のルアー釣り師が枝防にやって来られ、彼らは、私のジグよりも小さなジグを使って、数匹のサゴシ(若いサワラ)を上手に釣られました。それほど大きなサイズではなく、そのうちの一匹は、とても小さなベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)を口から吐き出しました。なぜだか私は、サゴシを釣る気がなくなっているのでした。他の皆さんと同じようにジグを使うのではなく、あえて大きなプラグを使いました。なぜだか分かりません。たぶん私は少し天邪鬼(あまのじゃく)なのでしょう。)

2 comments:

Shun Docomo said...

>"ジグを使うのではなく、あえて大きなプラグを使いました"
釣れればいいってもんでは(汗)。いやいや、釣れたほうが何倍も楽しいのに決まってますが・・・・。
でも、釣りは男のロマンですからね。どんな大物が掛かるのか、どんなドラマが待ち構えているのかわからないのがワクワクしますよね。

Masahiro said...

Shunsさん、コメントありがとうございます。

今日は特に、サゴシたちが湾内に入っていて、なんだか釣り堀のような感じでした。
釣り堀が嫌いなわけではないですが、懸命に釣ろうとしている皆さんの輪に加わるのも何か違う気がし、あえて反対側、湾の外に向かってプラグを投げたりしました.........。