About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Dec 17, 2016

(No. 235) Missed Japanese Sea Bass at Sinsinbo in Etomo Harbor (恵曇港の新々防にてスズキを逃がす)





My busy work schedule and the nasty weather had not allowed me to go fishing for a week, but this afternoon finally I became free. The weather was still a bit nasty. It was gusty although there was no rain. The waves were high. Which means, it was good for Japanese sea bass fishing. As I did last time, I drove first to Kurauchi Bay. When I was preparing my tackle at a parking space overlooking the bay, another lure fisherman arrived at the space. He was a friendly fisherman, and we enjoyed a nice chat. Then I made several casts at the bay, but no fish hit my lures. So I drove to Etomo Harbor. I usually do not fish from the tip of Sinsinbo, the biggest breakwater in the harbor, but today somehow I felt like trying the tricky spot. Sinsinbo is very high, 15 feet above the water. It is almost scary for me. Just before sunset, when my Northbar Bottledarter came back to under my feet, I saw a big Japanese sea bass snatched the lure. It was hooked, but the fish, which was just under my feet, shook its head and the hook easily came out. What a tricky place to fish!
(仕事の日程が詰まっていた上に、ひどい天候が続いたため、この一週間、釣りに行けませんでしたが、今日の午後、私はついに自由の身となりました。もっとも、天候はまだ、回復してはいませんでした。雨こそあがったものの、強風が吹いていたのです。ということは、スズキ釣りには良いということです。前回と同様、私はまず倉内湾に行きました。湾を見下ろす駐車スペースでタックルの準備をしている時、ルアー釣り師が一人、到着されました。愛想の良い男性で、私たちはおしゃべりを楽しみました。倉内湾で私は数投しましたが、魚がルアーにヒットすることはありませんでした。そこで私は恵曇港へ向かいました。ふだんの私なら、恵曇港最大の防波堤である新々防の先端から釣ることはありません。しかし今日は、どういうわけか、この厄介な場所から釣りたくなったのでした。新々防はとても高く、海面から約4.5メートルも上にあります。私はほとんど恐怖を覚えるのです。日没の直前、足下まで戻ってきたノースバー・ボトルダーターを、大きなスズキがひったくるのが見えました。針はかかりました。しかし、私のすぐ真下にいる魚が頭を振ると、針は簡単にはずれてしまいました。なんて厄介な場所なのでしょう!)

No comments: