About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Sep 28, 2015

(No. 85) No Fish but Pick Up Litter at Ichinose in Koizu (小伊津の一の瀬にて釣果なしもゴミ拾い)




I arrived at Ichinose in Koizu, Izumo City, about 6 a.m. There were already seven fishermen at the spot. Two of them were lure fishermen. I started casting my lures from the eastern tip of the spot. Birds were hovering over the water, seemingly to catch small fish on the surface. It should have been a good sign, but nobody seemed to have caught any fish. I moved to the western tip. As a latecomer, I didn’t like to interfere with the other fishermen who woke up earlier. So my options were limited to both tips. A bait fisherman next to me finally caught something. It was a yellowtail amberjack. Unfortunately it was the only fish that was caught before I left the spot about 9 a.m.
(午前6時頃に、出雲市の小伊津にある釣り場、一の瀬に到着しました。既に7人の釣り人がいます。ルアーを投げているのは、そのうちの2人でした。私は、東の端からルアーを投げました。鳥たちが旋回し、どうも水面の小さな魚をとっているようです。良い徴候のはずなのですが、誰も何も釣れていないようです。私は西端に移動しました。後からやって来た私は、早起きをした他の釣り人のお邪魔をしたくありません。ですから私は、両端にしか行かないのです。隣でエサ釣りをしていた人が、ついに何かを釣りました。ヒラマサでした。9時が近づき、私が釣り場を離れるまでの間に釣れた魚は、残念ながら、その一匹だけでした。)
Actually I gave up fishing earlier to pick up the litter at the spot. I found abandoned fishing line, empty packages of tobacco and a lure, empty aluminum can of beverage, etc. I hate people who stupidly leave these things at fishing spots. I hate them so much that I almost would like to give them punishment on behalf of the moon! I remember an inside joke when I was in New York. My fishing buddy and I believed in the god (or spirit) of fishing, who watches us. We often said to each other, “If we pick up the litter, the god will see us and reward with big fish.”
(実は私は、釣りは早めにあきらめて、釣り場のゴミ拾いをしたのでした。捨てられた釣り糸、タバコやルアーの空箱、ジュースの空き缶などが見つかります。私は、こうしたものを釣り場に残していく愚かしい人たちが大嫌いです。あまりにも嫌いなので、月に代わってお仕置きしたくなるほどです! ニューヨークにいた時の内輪の冗談を思い出しました。私の釣り友達と私は、釣りの神様(あるいは精霊)を信じていたのです。釣りの神様は我々を見ています。私たちはよく言ったものでした。「ゴミを拾えば、神は我々をご覧になり、ご褒美に大きな魚を釣らせてくださるのだ」)

No comments: