About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Sep 29, 2015

(No. 86) Striped Bonito at Ichinose in Koizu (小伊津の一の瀬にてハガツオ)





According to my “Those who pick up the litter will be rewarded” theory, which I mentioned on my previous post, I was destined to catch big fish today. I arrived at Ichinose in Koizu, Izumo City, about 6 a.m. There were already five or six fishermen at the spot, and only one of them was a lure fisherman. He vigorously kept jerking metal jigs. I started casting my lures from the western tip. Birds were hovering over the water just as they did yesterday. Before 7 a.m. a bait fisherman next to me caught a yellowtail amberjack. I noticed the current started moving and the swell was getting a bit stronger. I cast Hopkins No=Eql (3 oz.) and retrieved it fast just below the surface. I stopped it briefly and then retrieved it again.
(前回のブログで触れたように、「ゴミを拾った者にはご褒美がある」という私の理論に従えば、今日の私は、大きな魚が釣れることが運命づけられているのでした。午前6時頃に、出雲市の小伊津にある釣り場、一の瀬に到着しました。既に5〜6人の釣り人がいますが、ルアーを投げているのは、そのうちの1人です。彼はメタルジグを激しくしゃくり続けています。私は西の端に立ちルアーを投げ始めました。昨日と同様、鳥たちが上空を旋回しています。7時になる前に、私の隣でエサ釣りをしていた人がヒラマサを釣りました。潮が動き出し、うねりが少し強くなりつつありました。私はホプキンス No=Eql (3 oz.)を投げ、水面直下を高速で引きました。少し止めて、また引きました。)
Bang! Finally the god (or spirit) of fishing rewarded me. The fish was pulling very hard. It must be a big yellowtail amberjack. That’s what I thought. When the fish came to the surface, I saw the head of it. Strangely it looked like the head of a Japanese Spanish mackerel. I was puzzled because the fish I hooked was much stronger and faster. I saw the fat body of it. It was a skipjack tuna! After successfully landing it, I found it had sharp teeth. So it was a striped bonito, a relative of the skipjack. It measured 52 cm (20.5 in.) long. They say sashimi of this fish tastes great if it is fresh. Now you may believe in the god (or spirit) of fishing. Do not litter. Do pick up the litter. Then you can catch nice fish.
(ドカン! ついに、釣りの神様(あるいは精霊)からのご褒美です。その魚は力強く引きました。大きなヒラマサに違いない。私はそう思いました。魚が水面に近づいてきた時、その頭部が見えました。奇妙なことに、サワラの頭部に似ています。私は戸惑いました。なぜなら、私がかけた魚は、サワラよりずっと力強く、ずっと速かったからです。その太った身体が目に入りました。カツオです! 無事に陸に上げてみると、鋭い歯が生えています。つまりこの魚は、カツオの親戚、ハガツオなのでした。全長52センチ。新鮮なものを刺し身にすると、とても美味しいそうです。もう皆さんも、釣りの神様(あるいは精霊)を信じていらっしゃることと思います。ゴミは捨てるべからず。拾うべし。そうすれば良い魚が釣れますよ。)

No comments: