About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Mar 31, 2018

(No. 353) No Fish at Ooi-no-hato in Uppurui Bay (十六島湾の多井の波止にて釣果なし)




Originally, I intended to cast lures from Oh-hato at Uppurui Harbor in Izumo City this morning. I had expected to catch Japanese sea bass, young Japanese Spanish mackerels, or flukes. However, I found part of the breakwater was under construction, so that I could not park my car along it. I turned back and found another fishing spot in Uppurui Bay. I didn’t know the name of the breakwater then, but now I know it is called Ooi-no-hato, thanks to the very useful “Sanin Fishing Spot Guidebook.” There was one lure fisherman at a tip of the breakwater. He told me it was only recently that he had started this hobby. I introduced myself to him and then gave him some tips such as how and when you could catch a big Japanese sea bass at Lake Shinji. Although no fish seemed around us unfortunately, I enjoyed the chat with him today.
(今朝は当初、出雲市にある十六島港の大波止からルアーを投げるつもりでした。スズキ、サゴシ(若いサワラ)、あるいはヒラメでも釣れるかもしれないと考えたのです。ところが、その防波堤の一部が工事中であったため、防波堤に沿って駐車することができませんでした。引き返した私は、十六島湾にある別の釣り場を見つけました。その防波堤の名前を知りませんでしたが、今では、とても役立つ『山陰の釣り場総覧』のおかげで、多井の波止という名前であることが分かっています。その防波堤の先端の一つに、一人の釣り人の姿がありました。釣りという趣味を始めたのはつい最近のことだと、その男性は言われます。私は自己紹介をし、秘訣をいくつかお教えしました。例えば、いつ、どうすれば宍道湖で大スズキが釣れるのか、など。今日はあいにく、私たちの周辺に魚の姿はありませんでしたが、私は彼とのおしゃべりを楽しみました。)

No comments: