About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Mar 11, 2018

(No. 349) Nice Chat above Senjojiki in Mitsu while No Fish at Kurauchi Bay and Edabo in Etomo Harbor (倉内湾と恵曇港の枝防にて釣果なしも、御津の千畳敷を見下ろす楽しいおしゃべり)




These days I abandon using metal jigs such as Deadly Dick or Hopkins. All that I bring to a shore become big wooden or plastic plugs. Due to this preference, I may lose the possibility of catching some fish such as young Japanese Spanish mackerels, which respond well to a small shiny metals. However, somehow I feel happier. Even if I become less likely to catch some fish, I prefer using only my favorite types of lures.
(近頃の私は、デッドリー・ディックやホプキンスのようなメタルジグを使うのをやめてしまいました。私が海岸に持っていくのは、木製あるいはプラスチック製の大きなプラグだけになっています。この偏愛のせいで、サゴシ(若いサワラ)のような魚が釣れる可能性は消えてしまったのかもしれません。光り輝く小さな金属によく反応する魚なのです。しかし私は、どういうわけか嬉しく感じています。ある種の魚が釣れる可能性がたとえ小さくなっても、お気に入りの種類のルアーだけ使う方が、性に合うのです。)
This morning I started fishing at Kurauchi Bay and then at Edabo in Etomo Harbor. “Did you catch any fish?” I asked one of a few fishermen in the harbor, and he replied to me, “Completely no fish.” Then I drove to the parking space overlooking Senjojiki in Mitsu. The flat fishing spot below was surrounded with sarashi (white churning water). It looked promising, but I came across a friendly old man who enjoyed walking along the road on the mountainside using two canes. He was talkative and knew interesting facts about fishing in the area. It was such a nice chat that I felt satisfied even without getting down to Senjojiki to fish.
(今朝は、倉内湾で釣りを開始し、続いて、恵曇港の枝防で釣りました。「釣れますか?」。恵曇港で釣っていた数人のうちのお一人に尋ねてみると「なんだい釣れませんわ」との答えが返ってきました。それから私は、御津の千畳敷を見下ろす駐車スペースへ移動しました。その平らな釣り場は、サラシ(かき混ぜられた白い水)に囲まれていました。希望が持てそうでしたが、私は、2本の杖をついて山腹の道を楽しげに歩くご老人に出会ったのです。おしゃべりが好きな男性で、その地域での釣りについて興味深い事実を知っておられました。とても楽しいおしゃべりだったので、千畳敷に降りて釣りをするまでもなく、私は満たされてしまいました。)

No comments: