About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Mar 11, 2018

(No. 350) Unexpected Encounter at Ikesu in Etomo (恵曇の生須にて思いがけない出会い)



As I implied in my previous post, I left Senjojiki in Mitsu without climbing down to it this morning. However, the sarashi (white churning water) on my mind became more and more appealing as time went by. So I returned to the spot this late afternoon. Unfortunately the parking space was already occupied. I had to find another fishing spot as soon as possible because it’s getting dark. After visiting a few occupied parking spaces, it occurred to me to go to Ikesu in Etomo. Sure enough I found the parking space vacant. However, the swell toward Ikesu was a bit too strong for me to cast lures comfortably. I made just several casts and gave up fishing.
(前回の投稿でほのめかした通り、今朝の私は、御津の千畳敷に降りることなく釣り場を離れました。しかし、私の心の中のサラシ(かき混ぜられた白い水)は、時間の経過とともに、ますます魅力的になっていったのです。そこで私は午後遅く、釣り場に戻りました。ところがあいにく、既に駐車スペースが満杯なのです。暗くなり始めていたため、代わりの釣り場を急いで探さねばなりませんでした。満杯の駐車スペースをいくつか訪れた後、恵曇の生須はどうだろかと思いました。案の定、その駐車スペースは空いていました。ところが、生須に向かううねりが少し強すぎて、ルアーを快適に投げることができないのです。私はほんの数投だけして、釣りはあきらめてしまいました。)
After peeling off a slight patch of nori (delicious seaweed) adhering to the rock and tasting it, I decided to return to the parking space. To my surprise, there was a lady standing on the narrow path on the edge of precipice. She was taking pictures of the setting sun. I was a bit scared of the sight. Although I was on the same path, I felt the path under her might collapse at any moment. So I gave her some caution about walking along the mountain path and led her to where she could get a better view of Ikesu. She said that she had found my car at the parking space while looking for a better spot to take pictures and had tracked down the narrow mountain path to the shore through the woods. I was amazed. How brave she was!
(岩に付着している海苔(美味しい海草)を少し剥がして味見をしてから、駐車スペースへ引き返すことにしました。驚いたことに、崖っぷちの小道に女性が立っています。夕日の写真を撮っているのです。私はその光景を見て、少々震え上がりました。私自身も同じ小道に立っているわけですが、彼女が立つ小道は今にも崩れそうに思えたのです。山道の歩き方についての注意を少し与えて、私は彼女を、生須がよりよく見えるところまで案内しました。彼女は、写真を撮るのに良い場所はないかと探しているうちに私の車を発見し、林を通って海岸へと続く山道の存在を突き止めたのだそうです。私は驚きました。なんて勇敢なのでしょう!)

2 comments:

Shun Docomo said...

お久しぶりです。
今シーズンも、地磯へ足しげく通っておられますね。プログも、毎回、更新されていて、感心しきりです。陰ながら、応援してます。

僕も、天候が落ち着いてきたので、先週は渓流へ初釣行したものの、そろそろ、磯へもと思ってます。

ところで、今回の稀有な出会いの後、思いがけない展開は無かったんでしょうか?
気になりますねぇ。

Masahiro said...

Shunさん、お久しぶりです!

また、どこかの磯で、ご一緒したいですね〜。
あるいは5月から6月にかけて、お仕事帰りの宍道湖岸でビッグプラグを投げて、一緒にランカーシーバスを狙いませんか?

稀有な出会いの後の思いがけない展開については.........ノーコメントということで。笑