About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Mar 23, 2018

(No. 352) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて釣果なし)




Contradictorily expecting another unexpected encounter to happen, I drove to Ikesu in Etomo this late afternoon. However, halfway to the magical fishing spot, I found I had left a pair of fishing boots at my place. I would absolutely need it for walking up and down the slippery rocky shore. Unfortunately I had to change my plan and headed toward Etomo Harbor instead, in order to fish at Nanbo, one of the breakwaters where you can walk around safely with normal sneakers.
(思いがけない出会いがまた起きないものかと矛盾したことを思いつつ、今日の午後遅く、私は恵曇の生須に車を走らせました。しかし、あの不思議な釣り場までの中間地点に来たところで、釣り用ブーツを家に置き忘れてきたことに気づいたのです。釣り用ブーツは、滑りやすい磯を昇り降りするには必須です。残念ながら私は方針を変え、代わりに恵曇港へと向かいました。普通のスニーカーでも安全に歩き回れる防波堤の一つ、南防で釣ることにしたのです。)
Not only the warm weather but also the presence of small fish around Nanbo made me feel the spring came at last. Whenever my big plug came closer to the school of small fish, they got spooked and tried to escape from it. They believed the plug was a predatory fish that tried to devour them. Unfortunately nothing happened to my plugs today, but I hoped for any larger fish to notice the ripples that the small fish made on the surface and to come to attack the predatory fish, namely my plug.
(温かい天気でしたし、南防の周囲には小魚の姿も見られたので、ついに春が到来したのだと私は感じました。私の大きなプラグが小魚の群れに近づいていくと、小魚たちはビックリ仰天し、逃げようとします。小魚たちは、私のプラグを、自分たちをガツガツ食べにきた肉食魚だと思っているのです。あいにく今日、私のプラグには何も起きませんでしたが、私は、何か大型の魚が、小魚たちが水面に立てるさざ波に気づき、その肉食魚、つまり私のルアーを襲いに来るのではないかと期待しました。)

No comments: