About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Nov 24, 2017

(No. 329) No Fish at Etomo Harbor (恵曇港にて釣果なし)





Unlike yesterday, which was a national holiday in Japan, there were few fishermen at Etomo Harbor today. Actually there was only one bait fisherman when I arrived at the harbor about 4:30 p.m. The sea outside the harbor had been so rough for a few days that I thought I would catch a nice Japanese sea bass inside it at last. I found the bait fisherman had caught a few Aji fish (Japanese horse mackerel) that were as big as my American plugs. I said to him, “I came here, hoping to catch big Japanese sea bass that are chasing these Aji fish. The ocean is so rough that some Japanese sea bass should be inside the harbor.” He replied, “Indeed. They should be inside it.” My expectations were raised, but I could not entice any real fish into strike however hard I tried. Instead, I hooked a giant flying fish that spoke fluent Japanese. This kindhearted fish kept asking me, “Hey! Do you wear a life jacket?” The color of my life jacket I wore as always was bright orange, the same color of the fish’s jacket. This fish’s eyesight was not as good as its Japanese.
(祝日であった昨日と異なり、今日の恵曇港には、ほとんど釣り人の姿がありませんでした。私が到着した午後4時30分頃には、エサ釣りの男性が一人、いらっしゃるだけでした。ここ数日、港の外側の海が荒れているので、ついに港内でスズキが釣れるのではないかと私は考えました。エサ釣りの男性が釣られた数匹のアジを拝見すると、私のアメリカのプラグと同じくらいの大きさに見えます。私は彼に言いました。「こぎゃんアジを狙っちょう大きいスズキが釣れんかと思って来ました。海が荒れちょうけん、港の中に入ってきちょらんかと思って」。すると彼は言いました。「そげですわ。きっと入っちょうますわ」。私の期待は高まりましたが、どれだけ頑張っても、本物の魚をストライクに持ち込むことはできません。代わりに私は、流暢な日本語を話す巨大なトビウオを釣りました。この魚は「あっ! ライフジャケット着けた?」と親切にも尋ねてくるのです。いつもと同様、私が着ていたライフジャケットは、このトビウオが着ているのと同じ、鮮やかなオレンジ色でした。トビウオの視力は、その日本語ほどは優れていないようです。)

No comments: