About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Nov 14, 2017

(No. 325) Practice for KSB / No Fish at Lake Shinji (KSBに備えた練習 / 宍道湖にて釣果なし)




I have participated in the Kameya Sea Bass Battle (KSB) two times before, in 2015 and 2017. Both of them were held in spring. The next KSB scheduled for this weekend will be the first competition I have joined in autumn. It starts 5 p.m. this Saturday and ends 8 a.m. the next morning. The days in autumn are considerably shorter than in spring, which means I may have to do a long night fishing this weekend in order to catch a fish. I usually don’t do it because I don’t like it very much. I have very limited experience in night fishing, and I feel I need to get accustomed to it. So I went to Lake Shinji this evening to do some practice. I arrived at the shore along Shirakata Park about 4:30 p.m. When the sky got gloomy about 5 p.m., I started wanting to go home already. In order to keep fishing, I had to remind myself that I had come there to do night fishing. Then I managed to stay there until 6 p.m. I did not catch any Japanese sea bass, but now I feel that how to catch the fish is a relatively minor problem compared to how to endure night fishing.
(私は「かめやシーバス・バトル」(KSB)には、2015年と2017年の2回、参加したことがあります。どちらも春に開催されたものでした。今週末に予定されている次回のKSBは、私が初めて参加する秋の大会となります。土曜日の午後5時に闘いのゴングが鳴り、翌朝8時に終了するのです。春に比べて秋の日はずっと短いので、今週末、魚を釣るために私は、長い夜釣りをしないといけなくなるでしょう。私はだいたい夜釣りはしません。あまり好きではないのです。私の夜釣りの経験は限られているため、慣れておく必要があると感じています。そこで今夕は、練習をするために宍道湖へ行きました。白潟公園の岸辺に到着したのは、午後4時30分頃でした。午後5時頃には空が薄暗くなり、早くも私は家に帰りたくなってきました。釣り続けるためには、自分がここに来たのは夜釣りをするためであると思い出す必要がありました。そして私は、何とか午後6時まで釣り場に留まりました。スズキは釣れませんでしたが、どうしたらスズキが釣れるのか、という問題は、どうしたら夜釣りに耐えられるのか、という問題に比べれば、ずっと小さなもののように感じられます。)

No comments: