About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Nov 23, 2017

(No. 328) No Fish at Kurauchi Bay, Etomo Harbor, and Mitsu Harbor (倉内湾、恵曇港そして御津港にて釣果なし)






As I had expected, the waves were high and nice patches of sarashi (white churning water) were formed at Kurauchi Bay when I arrived about 6 a.m. However, when I was switching lures after the first few casts, an unexpectedly strong swell attacked the rock where I had been at a few moments earlier. I had retreated to a place a bit higher than the rock to switch lures, but the top part of the swell run up the rock and caught me. I was soaked with the cold sea water. I gave up fishing at Kurauchi Bay and drove to Etomo Harbor, where I saw many young and old fishermen enjoying safe fishing toward inside the harbor. I started the run-and-gun style fishing for Japanese sea bass. The sea outside the breakwaters was rough, and not only I but also some of other fishermen expected nice Japanese sea bass to be inside the harbor, but no real fish attacked my lures. Instead, I hooked an incredibly giant pink fish joyfully swimming in a breakwater. Then, I drove to Mitsu Harbor, where I saw no fisherman. I made several casts from a vacant breakwater. The chill wind was blowing hard, and I realized the harsh winter arrived at last.
(午前6時頃に倉内湾に到着してみると、予想通り、波が高く、良いサラシ(かき混ぜられた白い水)が出来ていました。しかし、最初の数投を終えてルアーを交換していた時、予想外の高さのうねりが、つい数秒前まで私が立っていた岩を襲ったのです。ルアーを交換するため、私はその岩より少しだけ高い場所に後退していたのですが、岩を駆け上がってきたうねりの頂点は私を捕まえてしまいました。冷たい海水でびしょ濡れです。倉内湾での釣りをあきらめた私は、恵曇港に向かいました。そこでは、数多くの老若の釣り人たちが、港内に向かって安全な釣りを楽しんでいました。私はスズキを狙ってラン&ガン方式の釣りを開始しました。防波堤の外側の海が荒れているので、良い型のスズキが港内に入ってきているのではないかと、私だけでなく他の数人の釣り人も期待したのです。しかし、本物の魚が私のルアーを襲うことはありませんでした。代わりに私は、防波堤の中を楽しそうに泳いでいる、信じられないほど巨大なピンクの魚を釣りました。それから私は御津港にも行きましたが、そこには釣り人の姿がありません。私は、無人の防波堤から数投しました。冷え冷えとした強風が吹いており、厳しい冬がついに到来したことを私は知ったのです。)

No comments: