About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Oct 20, 2017

(No. 320) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)




In English they say, “A woman's mind and winter wind change often.” If you would like to say the same in Japanese, you can say, “Onna-gokoro to aki-no-sora.” The literal translation of this Japanese expression is “A woman’s heart and the autumn sky.” Isn’t it kind of interesting? The winter wind in the U.S. (or U.K.) seems as changeable as the autumn sky in Japan. Anyway, the sky above Maruiwa in Owashi was truly changeable this morning. It rained on and off. It got windy on and off. Even a beautiful rainbow appeared in the sky. Everything seemed changeable except one thing. There was no baitfish all along. As was often the case with it, no predatory fish attacked my lures.
(英語では「女性の心と冬の風はよく変わる」と言うそうです。同じことを日本語で言いたい時は「女心と秋の空」と言うことができます。なんだか面白くないですか? 米国(あるいは英国)の冬の風の変わりやすさは、日本の秋の空の変わりやすさと、どうやら同じようです。ともかく、今朝、大芦の丸岩の上に広がる空は、実にコロコロと変わりました。雨が降ってきたかと思えば上がり、風が吹いたかと思えばやんだのです。綺麗な虹までが空にかかりました。すべてのものがコロコロ変わっていくように思えましたが、一つだけ変わらないことがありました。ベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)だけは、最初からずっと姿を見せないのです。そういう時にありがちなように、肉食魚が私のルアーを襲うこともありませんでした。)

No comments: