About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Feb 23, 2017

(No. 251) Exotic Lures that I Use in this Season (今シーズン使う風変わりなルアーたち)






Bad weather and my irregular work schedule have prevented me from going fishing. Instead, I had been engaged in building 100% fiberglass rods. I used to own 13- and 15-foot Okuma fiberglass rods, but those 3-piece rods were too heavy to keep casting lures. So I threw away the third pieces of each and built two 2-piece shorter rods. In this season I plan to use these fiberglass rods for some of my exotic lures such as a saltwater umbrella rig (Run Off Lures Triple Threat), and huge spinners for pike/muskie fishing (e.g., Llungen Tandem Nutbuster, DC-10, and Dreamcatcher "standard") that I bought in Stockholm last year. As for lures for pike/muskie fishing, I also have to use a Holme Baits Sloppy Tail, a unique combination of a wooden plug and a big curly tail grub worm. To catch more fish you should use established lures in established methods, but I prefer using exotic lures in my own way.
(悪天候と不規則な仕事のスケジュールのせいで、しばらく釣りに行けませんでした。代わりに私は、100%グラスファイバー製の竿の制作に取り組んでいました。私は、13フィート及び15フィートのOkuma製グラスファイバー・ロッドを所有していましたが、これら3ピース・ロッドはルアーを投げ続けるには重過ぎるのでした。そこで私は、3番目のピースをどちらも捨ててしまい、2ピースの短い竿を2つ作ったのです。今シーズンは、このグラスファイバー・ロッドを使って、風変わりなルアーを投げたいと思っています。例えば、海用アンブレラ・リグ(ラン・オフ・ルアーのトリプル・スレット)ですとか、去年、ストックホルムで購入したパイク/マスキー釣り用の巨大スピナー(例えば、ランジェン・タンデム・ノットバスター、DC-10、ドリームキャッチャー“スタンダード”)などです。パイク/マスキー用のルアーと言えば、木製プラグと大きなカーリーテール・グラブが結合したホルメ・ベイツ・スロッピー・テイルも使わねばなりません。魚をより多く釣るには、定評のあるルアーを定評のある方法で使うのが一番でしょう。しかし私は、風変わりなルアーを自分の好きな方法で使うのを好みます。)

No comments: