About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Nov 26, 2016

(No. 229) No Fish at Ohtoko-bana (大床鼻にて釣果なし)




As soon as I got out of my car at the still dark parking lot of a convenience store in Izumo City, somebody talked to me. It was Xnastyxpunkx-san, who frequently makes a comment in this blog. He said he would meet up with Shun-san, who is another frequent commentator, and they would take a small fishing boat at Sakaura to get to a rocky isle in the sea. Xnastyxpunkx-san invited me to join them. It was very tempting, but I could not accept his offer due to my busy schedule after fishing. Instead, I drove to Ohtoko-bana as I had planned. 
(出雲市のコンビニの、まだ暗い駐車場で車から出てきた私に、誰かが声をかけました。このブログにしばしばコメントを寄せてくださるXnastyxpunkxさんでした。やはりしばしばコメントを寄せてくださるShunさんとこれから合流し、渡船に乗って坂浦の沖磯に行かれるとのこと。Xnastyxpunkxさんは、私も一緒に行かないかと誘ってくれました。とても魅力的な提案でしたが、釣りの後に用事があったので、仲間入りはできませんでした。代わりに私は、予定通り、大床鼻へ行きました。)
When I arrived at Ohtoko-bana before dawn, there were already four fishermen at the spot, all of which were bait fishermen. I passed by the crowded spot and got to Kobanare, another fishing spot lying to the east of Ohtoko-bana. The waves were higher than I had expected. I cast my lures over the sarashi (churning white water) but no fish hit them. The waves soon got higher and stronger, and it made me worried that I would not be able to get out of Kobanare, which is actually separated from the shore by two narrow gaps. I had to quit fishing just after 8 a.m. On my way back, I asked one of the bait fishermen at Ohtoko-bana whether any fish was caught. It seemed they had no luck, too. He just smiled back.
(夜明け前に大床鼻に到着した時、釣り場には既に4人の釣り人がいて、彼らは全員エサ釣りをしているのでした。混雑しているその釣り場を通り過ぎた私は、大床鼻の東に位置する小ばなれという場所へ行きました。思っていた以上の波の高さです。私は、サラシ(かき混ぜられた白い水)の向こうにルアーを投げましたが、魚はヒットしません。そのうち波は、より高く、より強くなり、私は、小ばなれから出られなくなるのではないかと恐れ始めました。小ばなれは、狭い水路によって岸から隔てられているのです。私は、午前8時を少し過ぎたところで釣りを終えざるを得ませんでした。戻る時、大床鼻のエサ釣り師のお一人に「何か釣れましたか」と尋ねました。彼らもまた運に見放されていたようです。彼はただ笑い返しただけでした。)

4 comments:

xnastyxpunkx said...

今日はバッタリでしたね。
大床もダメでしたか、こちらも撃沈となりました。
来年のこと(5月、6月)になると思いますが、大床レギュラーズ(最近はあまり出会いませんが笑)で隠岐の島釣行に行きませんか?

Masahiro said...

xnastyxpunkxsさん、今日のリベンジは、隠岐の島でやってやりましょう!

Shun Docomo said...

今朝、穴の口へ行ったときに、唯浦港の漁師らしき人に、例の12月から立入禁止の看板の件を聞いたら、大床鼻付近は昔から海苔場だけど、それよりも冬は危険なので・・・・という話でした。
他の漁師にも、そのうち、聞いてみます。

Masahiro said...

Shunさん、報告ありがとうございます。
たしかに、大床鼻はとりわけ、冬はいっそう危険になる感じがしますね・・・。