About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Nov 13, 2016

(No. 225) No Fish at Mouth of Kando River (神戸川河口にて釣果なし)



I had never been to the Kando River in Izumo City. So I wasted my time a bit finding a right place to park my car this morning, but it was still before dawn that I arrived at the parking space. As soon as I got out of my car, I found a fisherman coming back from the mouth of the river. He was carrying a plastic bag. Inside was a big flathead. “Congratulations,” I said to him. “Thank you, and good luck, ” he replied. I put on my waders and walked toward the mouth of the river. I found there were already many fishermen casting lures. It was still before dawn, but I felt I should have come a bit earlier.
(出雲市の神戸川へは行ったことがありませんでした。そのため今朝は、どこに車を駐めれば良いのか分からず、少々時間を無駄にしてしまいました。とはいえ、駐車スペースに到着したのは、まだ夜が明ける前でした。車を出ると、河口から戻ってくる釣り人の姿がありました。ビニール袋をさげていて、その中には大きなコチが入っていました。「おめでとうございます」と私が言うと、「ありがとうございます。がんばってください」と彼は応えてくれました。私はウェーダーを着込み、河口へと向かいました。既にたくさんの釣り人がルアーを投げています。まだ夜明け前でしたが、私は「もう少し早く来るべきだったかな」と思いました。)
One of them just caught a fluke and immediately walked back to the parking space. It is so close to the mouth of the river that some fishermen seemed to carry their catch to their cars every time they caught fish. Birds were flying over the water and fish seemed very active around dawn, but the golden time did not last long. Fishermen started leaving the spot one by one shortly after daybreak, and soon there were only a few left. I tenaciously cast my lures until around 9 a.m. but could not catch anything. The extensive sandy beach reminded me of some beaches in New York City. I felt I would catch fish next time.
(釣り人の一人がちょうどヒラメを釣り、そしてすぐに駐車スペースの方に戻っていきます。駐車スペースは河口に近く、釣り人の中には、魚が釣れるたびに車まで持ち帰っている人もいるようです。夜明けの前後、鳥たちが海上を旋回し、魚たちの活性はとても高いようでしたが、そんな素晴らしい時間は長くは続きませんでした。夜明けを過ぎてしばらくすると、少しずつ釣り人が姿を消していき、まもなく、ほんの数人だけが残りました。私は午前9時頃まで粘り強くルアーを投げましたが、何も釣れませんでした。広大な砂の浜辺は、ニューヨーク市のビーチを思い起こさせました。次回は何か釣れるような気がしました。)

No comments: