About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Nov 12, 2016

(No. 224) No Fish at Kamaura Harbor (釜浦港にて釣果なし)




My fishing cleats (Korkers CastTrax) got ruined earlier than I had expected. The harshness of the shore in the Sanin Region seemed greater than in New York. I ordered a new pair of cleats online but have not yet received it. So now I could not go to any fishing spot with slippery rocks. Instead of a treacherous rocky beach that might be dangerous without proper cleats, I went to Kamaura Harbor in Izumo City this morning in order to cast lures from the breakwater of the harbor. According to the very useful “Sanin Fishing Spot Guidebook,” the yellowtail amberjack and the Japanese sea bass can be caught around the breakwater.
(釣り用のスパイク(Korkers社のCastTrax)が予測よりも早くダメになってしまいました。どうやら山陰地方の海岸は、ニューヨークの海岸よりも、過酷なようです。新しいスパイクを一式、オンラインで注文しましたが、まだ届いていません。ですので今は、滑りやすい石で一杯の釣り場には行けません。今朝は、適切なスパイクがないと危険な、油断のならない磯ではなく、出雲市の釜浦港に行き、その防波堤から釣ることにしました。とても役立つ『山陰の釣り場総覧』によると、釜浦港の防波堤では、ヒラマサやスズキが釣れるそうなのです。)
I brought my heaviest tackle, which is a 13-foot thick fiberglass rod and a PENN Torque 9 spinning reel with two handles. I don’t use a fishing net, so I would need the heaviest tackle to lift fish from the sea onto the breakwater. Both my tackle and I were ready, but they say whenever you are 100% ready for big fish, big fish never hit your lures. Unfortunately it turned out to be true today, but I enjoyed a lot talking to some friendly fishermen. Tomorrow I probably will go to a sandy beach with waders and do another type of fishing that does not require fishing cleats. 
(私は、いちばんヘビーなタックルを持ち出しました。グラスファイバー製の13フィートの太竿と、ハンドルが2つ付いたPENNのトルク9・スピニングリールです。私は釣り用ネットを使いません。ですので、釣れた魚を海から防波堤の上へ持ち上げるためには、いちばんヘビーなタックルが必要なのです。このように私のタックルも、そして私自身も、準備万端整っていたのです。しかし「大物を釣る準備が100%整っている時、決して大物はルアーにヒットしない」とよく言われます。残念ながら今日はその通りだったのですが、友好的な数人の釣り人とのおしゃべりを楽しむことができました。明日はたぶん、ウェーダーを持ってどこかの砂浜へ行き、釣り用スパイクを必要としないもう一種の釣りをする予定です。)

No comments: