About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

24 Jan 2019

(No. 424) Development of True Two-way Rod at Edabo in Etomo Harbor (恵曇港の枝防にて真の二刀流ロッドの開発)

 



Shohei Ohtani is a true two-way professional baseball player for the Los Angeles Angels, although he won’t pitch in the 2019 MLB season due to the effects of so-called Tommy John surgery. Unlike other normal players that are either a hitter or a pitcher, he can do the both. Probably influenced by Ohtani, I have tried to create a true two-way fishing rod for the 2019 fishing season. What is a two-way fishing rod? Actually I just coined the term a few seconds ago. In my dictionary it means a fishing rod that can be used as a spinning rod and also as a conventional/baitcasting rod.
(ロサンゼルス・エンゼルスに所属しているプロの野球選手、大谷翔平は、真の二刀流です。2019年のシーズンは、いわゆるトミー・ジョン手術の影響で投げられないものの、普通の選手が打者か投手のどちらか一方であるのと異なり、大谷選手は、打つのも投げるのも、どちらもできるのです。おそらく大谷選手に影響された私は、2019年の釣りシーズンのために、真の二刀流ロッドの製作に取り組んできました。さて、二刀流ロッドとは何なのでしょう? それは実は、ほんの数秒前に私が作った言葉です。私の辞書によれば、二刀流ロッドとは、スピニングロッドとしても、そして両軸/ベイトキャスティングロッドとしても使える竿を意味します。)
This afternoon I drove to Etomo Harbor in order to do the final test of the rod with PENN 310 GTi (a conventional reel) and Ohmori Factory’s Tackle-Auto No.4 (a spinning reel). Now I feel I finally created a true two-way fishing rod. Why do I need such a weird rod? Is there any special reason behind the development of the rod? Actually I don’t know, but at least one thing is for sure. If you find a fisherman who is switching his spinning reel to his conventional reel or vice versa at a fishing spot, he is very likely to be me.
(今日の午後、私は恵曇港へ行き、PENNの310 GTi(両軸リール)と大森製作所のタックル・オート No.4(スピニングリール)を使って、この竿の最終テストを実施してきました。そして今、ついに自分は、真の二刀流ロッドを完成させたのだと感じています。なぜ私は、そんな奇妙な竿を必要としているのでしょう? いったい、この竿の開発の背後には、何か特別な理由でもあるのでしょうか? 実をいうと、私にも分かりません。ただ、ひとつだけ確かなことがあります。もしもあなたが、スピニングリールと両軸リールを釣り場で交換している釣り人を見かけたら、その釣り人は、かなりの確率で私なのです。)

No comments:

Post a comment