About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

May 27, 2018

(No. 363) No Fish at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にて釣果なし)




Yesterday I talked with one of regulars at Lake Shinji. He is a very enthusiastic fisherman who fishes primarily for the Japanese sea bass. He told me he had not yet caught any big Japanese sea bass at the lake this season. We found we shared the same assessment of the situation of the lake. The so-called “Konoshiro-pattern” along the shore of Lake Shinji might begin at any time now but it had not yet started at least around our fishing spots along the shore. So I decided to let the lake get a rest this morning. Instead of chasing big Japanese sea bass in Lake Shinji, I drove to the shore of the Sea of Japan for catching amberjacks or Hong Kong groupers. I fished at Maruiwa in Owashi for about an hour from 7 a.m. There were plenty of baitfish along the shore, but no predatory fish seemed active.
(昨日は宍道湖で、常連さんのお一人と話しました。彼は、非常に熱心な釣り人で、主にスズキを狙っている人なのです。彼はまだ今シーズン、宍道湖で大きなスズキを釣っていないそうです。私たちは、湖の状況について同じ見立てをしていることに気づきました。宍道湖沿岸でのいわゆる「コノシロ・パターン」は、もういつ始まってもおかしくないが、少なくとも、沿岸にある我々の釣り場ではまだ始まっていない。そこで今朝の私は、湖に休みを与えることにしました。宍道湖でスズキを追うのではなく、青物かキジハタを釣るために日本海沿岸へと向かったのです。私は、午前7時から1時間ほど、大芦の丸岩で釣りました。岸沿いにはベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)が大量に泳いでいましたが、肉食魚たちの活性は総じて低いようでした。)

No comments: