About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

May 16, 2018

(No. 361) Mission Accomplished: Scorpion Fish, Japanese Whiting, and Goby in Etomo Harbor (任務完了:恵曇港にてカサゴとキスとハゼ)



As I had mentioned on my previous posts, I took three lovely female friends of mine for their first lure fishing trip yesterday. We went to Etomo Harbor. The weather was fine, and the sea was calm in general. First they learned how to make a cast using a lure without hooks for safety reasons, and then they fished for the Japanese whiting using Japanese-made small biodegradable plastic worms. The fishing trip yesterday was probably successful because not only all of them managed to hook fish but also all of them got hooked more or less on fishing. I have been a great believer in so-called “beginner’s luck.” Yesterday was not exception. While all of the three beginners successfully caught fish under the great guidance of an experienced fisherman, which is me, I myself did not catch any fish. Or it might not have anything to do with luck. Fish might be more intelligent than we consider. They might understand that making a host happy is much less important than making his guests happy and that making his guests happy makes the host eventually happy, too. Nice job, fish!
(前々回からの投稿で触れていた通り、私は昨日、3人の素敵な女性たちを初めてのルアー釣りに案内したのでした。私たちは恵曇港へ行きました。晴天で、海は全般的に穏やかでした。まず彼女たちは、安全上の理由から針のないルアーを投げてキャスティングの練習をし、その後、日本製の小さな生分解性プラスチックワームを使ってキスを狙いました。昨日の釣行は、おそらく成功だったのだと思います。それは、彼女たち全員に魚が釣れたからというだけでなく、彼女たち全員が、多かれ少なかれ、釣りに夢中になったようだからです。私は、いわゆる「ビギナーズ・ラック」というものを強く信じています。昨日も例外ではありませんでした。経験を積んだ釣り人(つまり私)の見事な指導の下、3人の初心者たち全員に魚が釣れた一方で、この私自身には、何も釣れなかったからです。あるいは、それは幸運や不運とは、何も関係がないのかもしれません。魚類は、我々が思っている以上に、知的なのかもしれないのです。お客様をもてなす主人を幸せにすることよりも、主人がもてなすお客様を幸せにすることの方がずっと重要であり、お客様が幸せになることによって、最終的には主人も幸せになると理解しているのかもしれません。魚たちよ、よくやった!)

2 comments:

Shun Docomo said...

3人の素人のお世話、道具だてやら、何やら、さぞかし、大変だったことでしょう。
でも、素敵な女性なら、その苦労も何てことは無いんでしょうね。

Masahiro said...

Shunさん、コメントありがとうございます。

まったくその通り! 皆さんに喜んでいただいて幸せでした〜〜。