About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Apr 30, 2018

(No. 358) No Fish at Susumi-hana in Owashi (大芦の須々海鼻にて釣果なし)






Since I witnessed the huge boil three days ago I have been to Susumi-hana in Owashi every morning. I want to experience it again, but unfortunately the great natural phenomenon has not repeated itself again. I just saw an apparently much smaller boil in the far distance. This morning I wondered if the huge school of fish might be actually around but below the surface, and therefore there was no boil and the sea looked calm. So I kept retrieving shiny metal lures such as a Deadly Dick as fast as possible. Unfortunately nothing have been caught, but the situation and the method happily reminded me of how my fishing buddy and I had caught the false albacore in New York (How are you, Val?) .
(3日前に巨大なナブラを目撃して以来、私は毎朝、大芦の須々海鼻へ出かけています。もう一度、あれを体験してみたいのですが、あいにく、あの偉大な自然現象は再現されていません。おそらくずっと小さいナブラが、はるか遠くに見えただけです。今朝の私は、巨大な魚群は実は近くにいるのだけれども、水面下を泳いでいるためにナブラは発生せず、海は穏やかなのかもしれないと思いました。そこで、デッドリー・ディックのようなキラキラ光る金属のルアーを、可能な限り高速に引き続けたのです。あいにく何も釣れていないのですが、その状況と釣り方のおかげで、ニューヨークで釣り友達と一緒にスマガツオを釣った時のことを楽しく思い出したのでした(ヴァル、元気にしてるか?)。)

No comments: